泉忠司さんの学歴から、自己実現の方法を学ぼう!

泉忠司さんは、現在では青山学院大学・日本大学・国士舘大学で教鞭をとられています。

マルチではなくボーダレスだとご自身の活動を紹介されていますが、これまでどのような活動をされてきたのでしょうか?

講師としてだけでなく、ネットビジネスでも成功している泉さんはその他のことでも活躍されています。現在ではカリスマ大学講師として有名になっていますが、これまでの過程も気になるところです。

学生生活の中でも勉強以外のことにも取り組まれています。大学院まで通ったり留学経験もあるようです。

大学講師として活動しながらもネットビジネスだけでなく俳優業もされていました。

書籍の執筆も手掛けており、ケータイ小説として書いた作品が舞台化もしています。

講師としても高い人気を集めながら、多分野で活動されています。

その全てを成功させていますし、その全てを通して自分を確立されています。

泉さんのこれまでの過程を知ることができれば、たくさんの人のこれからに活かせると思います。

泉忠司さんの経歴について調べたのでご紹介します。

1. 泉 忠司の生まれはどこ?

この件については、こちらのサイトで、とりあげられてるみたいです。まずは、こちらを読むことを推奨します。
↓↓ こちらをご確認ください ↓↓

泉さんは、1972年1月14日に香川県高松市に生まれます。

血液型はB型です。

どういった家庭に生まれたのかは知ることができませんでした。

その後は高校までは地元の学校に通われていたようです。

2. 泉 忠司の母校はどこ?

泉さんが通った学校を調べたのですが、中学校までは知ることができませんでした。

高校は、香川県立高松東高等学校に通われます。この時の彼女が不良だったこともあり、別れる2年生の秋まではご自身も不良だったようです。この時の偏差値は30まで落ちたそうです。

そこから勉強を始め、3ヶ月である程度の学力を身に付けられます。学校内の各科目トップの友だちと協力し、全国模試を自宅受験して1位を取ります。

その結果、全国模試で1位を取るためのライバルが学校内にいると分かりました。目標とする対象が近くにいることで、泉さんの目標が明確になり、勉強を始めて半年で全国模試1位になります。

その頃読んだコラムに感銘を受けることになります。それを書いていたのが、横浜市立大学の小野寺健さんです。小野寺さんに弟子入りしたいという思いから、東京大学でも行けたのに横浜市立大学へと進学されます。

小野寺さんと同じイギリス文学を専攻し、プロレスも始められます。シングルとタッグを合わせて、5冠王にもなられています。

その後は横浜市立大学大学院で大学院修士課程を、日本大学大学院で博士課程を修めます。その間も、小野寺さんのもとで英文学と文化を研究されます。

それからケンブリッジ大学のペンブルック・コレッジに客員研究員として留学されます。28歳で帰国し、大学講師として活動を始められます。

3. どんな子どもだった?

泉さんの小さい頃の情報は見つけることができず、高校時代からしか分かりませんでした。

高校時代は、彼女が不良だったことからご自身も2年の秋までは不良だったと明かしています。この頃別れたことから、学校に通うようになり勉強を始めています。

元々勉強が嫌いだったと言われていますが、やろうと決めたことには納得行くまで向き合える芯の強さを持っている方と言えるでしょう。結果的に目標にしていた横浜市立大学の小野寺健への弟子入りも果たし、ご自身もボーダレスに活躍されています。

高校2年の秋までは不良でしたが、言い方を変えれば好きな人と向き合えたからこそ不登校になってしまったと言えるのではないでしょうか。

今の自分が大切にしたいと思う物事に真っ直ぐに向き合えるということは、現在の成功を手にする要因となった泉さんの才能ではないでしょうか。

まとめ

泉さんは香川県高松市に生まれ、高校までは地元の学校に通われていたようです。高校2年生の秋までは不良だったようですが、そこから勉強を始めます。3ヶ月で学力を身に付け、半年後には全国模試で1位を取ります。

自分で作った目標を達成するために、努力を諦めない強さを泉さんは持っています。

横浜市立大学の小野寺さんに弟子入りするために、横浜市立大学へ入学します。横浜市立大学大学院・日本大学大学院と進み、小野寺さんのもとでイギリス文学について学びます。

ケンブリッジ大学へ留学した後に、28歳で帰国し大学講師になります。大学講師になる事がゴールではなく、その後も出版や俳優業などもされています。

何かの職業に就くのではなく、全ての物事が自分に繋がっていると考えられています。あえて言うなら職業は泉忠司だとご自身で言われていますが、経歴を見るとまさにそうだと言えるでしょう。

全く関係ないと思えることに挑戦していきながら、全てを自分として確立する泉忠司さんの生き方はたくさんの人の参考になるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です