泉忠司は本当に凄い学歴?リアルドラゴン桜なの?

ネットでビジネスができるようになったことで、数々のネット起業家がこれまで生まれてきました。 そのネット起業家たちの中でも一際目立つ経歴を放つ人間こそが泉忠司です。

泉忠司はリアルドラゴン桜とも言われ、高校時代の偏差値が30という状況から、有名大学に合格しその後数々の実績を残して大学講師の座についています。そういった経歴を持ちながらネットの世界でも大活躍するなど、まさに活躍の場を選ばないマルチな人間として多くの人から注目を集めています。

ここでは泉忠司の経歴に着目し、なぜ彼がリアルドラゴン桜と言われるようになったのか、その理由を探ってみました。

泉忠司が「リアルドラゴン桜」と呼ばれる理由

泉忠司は1972年、香川県高松市の生まれです。彼は高校に入るまでは決して学歴が良かったわけではなく、高校は地域の学校の中でも、底辺校と言われる偏差値30程度の学校だったそうです。 しかし高校3年生の時に、東京や関東の大学に進学したいという夢を持つようになり、そこから猛勉強に励みました。その結果なんとわずか半年で全国模試一位にまで昇りつめ、大学に浪人することもなく横浜市立大学に進学をすることに成功したのです。

その後は英文学に興味を持ち、英文学の日本国内での第一任者である小野寺健先生に師事をしました。その甲斐もあって、小野寺健先生のあとを慕うように、数々の大学で学び続け、1999年から2000年にかけては英文学や英語の研究のために、イギリスの名門大学であるケンブリッジ大学への留学も果たしています。

偏差値30からの劇的な学力アップを、わずか半年という短期間で見せたことでその経歴が漫画として有名なドラゴン桜に例えられ、リアルドラゴン桜と言われるようになったのです。

独自の教育理論

泉忠司は独自性のある教育理論を持っています。彼の著書のタイトルは非常に個性的なものになっており、それらの著書の題名を見ればおのずとどんな教育理論を持っているから伝わってくるでしょう。

参考までに彼のこれまでの著書を列挙してみます。

  • 『歌って覚える英文法完全制覇』をはじめとする「泉忠司の完全制覇シリーズ」(青春出版社)
  • 『あそぼう☆おどろうラスカル ENGLISH』(青春出版社)
  • 『泉式文科系必修論文作成術』、『SONGlish! 宇多田ヒカル SONG version』(ともに夏目書房)、『歌って身につくソングリッシュ B’z編』(ゴマブックス)
  • 『英単語4000受験英語からのTOEFL TEST』(Z会)など

大学進学塾として有名な Z会からも本を出版しているように、彼の英語に対する学習法は非常に確かなものがあります。 彼の英語の学習理論は、遊ぼう・歌おう・踊ろうなど書いてあることから、自分の生活の中に英語を取り入れて、楽しみながら覚えていくことで英語を自分のものにするという学習法になっています。英語があることが自然な環境の中に身を置けば、無理をしないで英語を着実に身に付けられるという学習法なのです。

英語は外国人にとっては学問ではなく、単なる生活を送るためのツールでしかありません。 日本人にとっても無理に勉強しながら苦しみの中で習得していくのではなく、楽しんで覚えていけば英語をより自然に覚えていけるという理論を持っているのです。

この理論が数々の大学などでも評価されるようになり、大学で講師業を務めるに至ったのです。

泉忠司が歩んできた人生

泉忠司は小野寺健先生にずっと師事しており、1991年に横浜市立大学に入学し、そして横浜市立大学の大学院に進み、その後は日本大学の大学院まで一貫してこの小野寺先生に学んできました。

その後はケンブリッジ大学に留学したあと、早稲田大学や横浜市立大学といった大学に勤務し、さらに青山学院大学、日本大学、国士舘大学といった、東京都内の有名私立大学でも講師業を行っています。

しかし講師だけが彼の全てではなく、なんと他にも俳優業なども行っているなど、自分の人生において枷を作らない、いつも無限の可能性を求めて生きるという、人生に対する姿勢が多くの人から支持を受ける理由の一つにもなっています。

また大学以外の場所でも、中学や高校、起業といった場所でも講演を依頼されることもあります。中学や高校では英語をどのように学んでいくのかといった内容の模擬授業、企業でも最近では企業内公用語として英語を用いる会社が増えていますから、ビジネスに使える英語の学び方と行った内容のセミナーを行っています。

もちろん起業家としても知られているだけに、お金を稼ぐための仮想通貨セミナーなどの実績も有名です。

ドラゴン桜のコミック12巻にて紹介された

三田紀房氏が描いた漫画「ドラゴン桜」はテレビドラマ化もされるなど大きな話題を読んだ作品です。 その単行本12巻では、実際に泉忠司がリアルドラゴン桜として紹介されています。彼がなぜこれほど短期間で偏差値を大幅にアップさせることができたのか、その秘訣も記されているので泉忠司に興味がある人はぜひ一度読んでみると良いでしょう。きっと自分の人生を考えるヒントが見つけられるに違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です