泉忠司のビジネスを徹底説明!

実際に偏差値30から半年で全国偏差値トップ1までのぼりつめて、早稲田大学に入学し、そのままケンブリッジ大学に留学し、リアルドラゴン桜とまで言われた泉忠司さんってどんな人なのだろうか。

また様々な企業の役員を勤め、経営コンサルティングや戦略的プロモーションなどを得意としてビジネス界でもとても名声の高い泉忠司さんですが、どのような仕事をしていて、どのようにビジネスを成し遂げてきたのかをここでは紹介していきたいと思います。

泉忠司は現在どんな仕事をしているの?

この件については、こちらのサイトで、とりあげられてるみたいです。まずは、こちらを読むことを推奨します。
↓↓ こちらをご確認ください ↓↓

泉忠司さんはまずどんな仕事をしているのかというと、多岐に渡る仕事をしています。ビジネス書から英語教材の本まで多くの本を出版している。本の部分でいえば、過去に著書51冊・累計350万部を超える「日本を代表するミリオンセラー作家」である泉忠司さんがプロデュースする、プロデュース事業に力を入れていて「クロスメディア時代の寵児」とまで称されています。

また青山学院大学や日本大学などいった大学でも教鞭をとっています。「いい大学に入って、いい会社に入れば安泰」という日本の教育の確変をするために活動しています。そこでは、「自信を持つ力」「自分で考える力」「自分で行動する力」などを自らの体験を通し、教育をしています。また彼が経験した経験を活かして、泉塾という塾まで開いている。

その講座の中でも月額4980円で初心者でも学ぶことが出来る「ビジネス大学」から1泊2日で100万円もする国内最高峰のプラチナ講座まで開いている。

また自ら飲食店をメインに展開している。泉忠司さんが実際に経営している飲食店では、「いずみ庭」と言われる、しゃぶしゃぶ屋でこのしゃぶしゃぶに使う肉は幻の尾崎牛と言われる、「幻の牛肉」を使用しています。フカヒレの鉄板焼き、キャビアご飯などといったアラカルトのメニューもあり、高級飲食レストランを運営しています。

その他のターゲットにあてた超激安食堂「定食酒場食堂 札幌店」も経営しています。東京四谷にある人気店の暖簾分けで、ご飯と味噌汁おかわりし放題、おかず3品にサラダ、さらに生卵も1個付きの日替わり定食が288円という、国内最強レベルのランチを提供するお店を札幌で提供しています。また地元のテレビなどにも取り上げられている程人気店になっております。

また戦をイメージした居酒屋、戦国個室居酒屋 戦(いくさ)といものも経営しています。また飲食店だけに留まらず、「Salon de Precious」といった、東京の表参道にあるスパも経営しています。このように泉忠司さんは、いろんな分野においてポートフォリオ戦略といった形でビジネスを持っているのが仕事の特徴的である。

実際のお店の経験だけに留まらず、成功するためのノウハウを彼の塾などのコミュニティを通して教えています。本人のホームページでもおっしゃっているように「マルチ」ではなく、「ボーダレス」という形で縦にも横にも区切らない仕事を幅広く手がけています。

泉忠司のビジネスの経歴を教えて

泉忠司さんがここまで来るビジネスの経緯を紹介します。偏差値30から半年で全国模試1位になり、ケンブリッジ大学留学、早稲田大学British Studies研究所客員研究員、横浜市立大学講師を経て、現在は青山学院大学、日本大学、国士舘大学の講師を勤めていて、リアルドラゴン桜とまで言われています。

専門としても、イギリス文学・文化全般。独自の教育理論と歩んできた実人生から、「リアルドラゴン桜」と呼ばれ、コミック『ドラゴン桜』12巻(講談社)でも紹介しています。またその後、『コンフィデンスシンキング~成功のための7つの絶対原則~』(扶桑社)が読売新聞ビジネス書ランキングでは1位を記録し、『魚の釣り方は自分で考えろ』(中経出版)が紀伊國屋書店、ジュンク堂書店などの本屋さんでは週間ランキング1位になったこともあります。

さらには、恋愛小説『クロスロード』(ゴマブックス)がシリーズ100万部のベストセラーになるなど、多岐に渡る著書は50冊以上・累計350万部を超えています。またその後、斬新な企画を次々とプロデュースし、「クロスメディア時代の寵児」とまで異名を与えられました。

そのクロスメディア時代では、アラフォー70名によるアイドルユニット「サムライローズ」、映像・ミュージカル・プロレス・書籍などを融合した総合エンターテインメント『ラブ&ハッスル』、泉忠司×河村隆一による音楽と小説のコラボレーション『抱きしめて』(小説:徳間書店、音楽:avex)では大きな話題にもなりました。

その後、 (株)ペガサス特別顧問、日本アニメーション㈱「あらいぐまラスカル」特別広報部長、(社)日本作家協会理事長、(株)キャピタルパートナーズ取締役、 (社)日本教育力検定協会理事、World CEO Network顧問をはじめ、多分野に渡る様々な企業の顧問や役員を務め、経営コンサルティングや戦略的プロモーションなどを得る、ビジネス界から圧倒的な支持を得るスピーカーとしても評価されています。

またその他にも俳優、脚本家、演出家、作詞家、歌手などの活動をしていて、多分野にわたる文化貢献・国際貢献は計り知れない」ことから、2011年には39歳の若さで東久邇宮文化褒賞を授与されています。

現在も動いている泉忠司のSNSはどれ?

泉忠司さんが現在やっているSNSとしては、Facebook,twitter,Youtubeチャンネルまで存在する。例えば、Facebookアカウントでいえば1ヶ月に2度ほどの呟きが実際にあり、自分が進めているプロジェクトやセミナーなどといったビジネス的な呟きが多いのが特徴です。

Twitterに関しては、2017年で呟きが途切れているものがあり、どのアカウントも現在では停止していると思われます。またYoutubeチャンネルでは、ワークサポートアカデミーというチャンネルを通して、彼が語っているのは「億万長者プロジェクト」というものであり、近年流行っている仮想通貨を用いたものを語っています。

一番現在SNSでホットなものは、このYoutubeチャンネルでしょう。そして、プロジェクトがどのようなものをリアルで動かしているのかを見れるものがFacebookで見ることが出来ます。ひしひしと実際に経営している姿がしっかりと自分の目でより確認できるのがFacebookだと思われます。主にこのYoutubeアカウントとFacebookを通して泉忠司さんは動いています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。泉忠司さんの経歴から遡ると偏差値30というすごい逆転人生なストーリーを見ることが出来たのではないのでしょうか。このことから経営の世界では、頭が良いとか悪いとか関係ないことが伺えたのではないでしょうか。

Facebookを見ると、よりリアルな彼が展開しているビジネスの現場を疑似体験できるようなポストばかりでとても学びになるものも多かったと思います。実際に自らも「泉塾」などを手掛けていることから、世の中に成功していく人が増えてほしいという彼の想いもあるので、少しでも気になったらSNSをチェックしてみて実際にメルマガなどを購読してみると良いでしょう。

また彼が開いているセミナーや、「泉塾」やその他のプロジェクトに凄く興味を持ったならば、彼のホームページには各種問い合わせの項目もあるので、是非問い合わせてみる良いでしょう。実際に会うことは中々難しいかもしれませんが、まずは彼の哲学をメルマガから学ぶだけでも考えている思考や行動が分かると思うので、そこから少しずつ学んで実際にセミナーなどに足を運ぶことをお勧め致します。

本気で願いを叶えに、自由な時間が欲しいと思ったら是非ともこの泉忠司さんのホームページより各種見てみると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です