泉忠司のプロフィールを紹介 生年月日など

仮想通貨の第一人者、泉忠司。彼が推奨する仮想通貨「ノアコイン」をめぐり、国内ならず世界中で議論がされています。このページでは泉忠司さんのプロフィールを紹介していきます。ノアコインの購入前にぜひ一読しましょう。

泉 忠司のプロフィール

泉忠司さんの職業は大学教授、ミリオンセラーであり、プロヂューサー、俳優と、さまざまな事業を手掛けています。

偏差値30から半年で全国模試で1位になった経歴から「リアルドラゴン桜」という異名を持ち、実際に講談社コミック「ドラゴン桜」でも彼の名前があげられています。

ケンブリッジ大学留学経験もあり、英語も堪能です。大学卒業後は大学教授の道を歩み、早稲田大学、横浜市立大学、青山学院大学、日本大学など、数多くの有名大学で講義をしています。

泉忠司さんはミリオンセラー作家としても有名であり、彼の著した受験参考書とビジネス本はその多くがベストセラーとなっています。

<泉忠司さんの著書>

『歌って覚える英会話完全制覇』

『泉忠司の完全制覇シリーズ』

『バカとブスほど稼げ』

『ドクロパンダ~ボクを探して』

『コンフィデンスシンキング~成功のための7つの絶対原則~』

『魚の釣り方は自分で考えろ』

大学教授、ミリオン作家のほか、泉忠司さんは様々な企業の代表も務めています。

<泉忠司さんが手掛けている企業>

社団法人日本フィリピンビジネス協力機構理事

社団法人日本作家協会代表理事
日本アニメーション株式会社「あらいぐまラスカル」特別広報部長
DL Universal Asset Management Inc.代表取締役

Tadashi Izumi Consultancy Inc.代表取締役

MTI Global Holdings代表取締役

Filix Holding Management取締役

さらに、最近ではビジネススクールを仮想通貨による収益を中心としたビジネス講義も行っています。受講希望者はどのスクールもしており、彼は企業支援家の中でも有名な存在となっています。

彼が述べるには俳優の仕事が講義にも活かされているのだそうです。彼の人気セミナーは俳優業で培った声の出し方や表現技法があってこそだと語っています。

<泉忠司さんのビジネススクール>

「泉塾プラチナ講座」

「ビジネス大学」

「ドラゴンアカデミー」

泉 忠司の生年月日は?

泉忠司さんの生年月日は1972年1月14日です。その若々しい顔にしては歳は46歳と高めです。

泉 忠司の評判は?

ネット業界のみならず、大学で教鞭をとり、俳優業でも活躍する泉忠司さんですが、一部で「詐欺師」という批判もされています。

彼が「詐欺師」だと言われている原因は仮想通貨「ノアコイン」の推奨にあります。

仮想通過とは、暗号通貨とも言われ、いわゆる会員制サイトのポイントのようなものです。

会員制サイトのポイントとの違いは「通貨の数に限りがあること」と「自由に売買が可能」なところです。

通貨の数に限りがありますので、仮想通貨の利用者数が増えると、必然的に通貨の値段が上がります。1コインを10円で買っていたのが、1年後には30円になっていますと、1年前に購入していた人は20円儲けたことになります。

「仮想通貨で儲かった」という話が拡散されると、ますます仮想通貨の利用者が増え、それでまた儲かる人が出てくるという図式です。

現在、最も売買がされている仮想通貨はビットコインですが、泉忠司さんは「ノアコイン」がこれから台頭してくると語っています。

「ノアコイン」とは現在経済発展が著しいフィリピンが国をあげて発行している仮想通貨であり、ノアコインの利用者は経済発展と合わさって、相乗的に伸びていくと説明しています。

「ノアコイン」を推奨しているのは、泉忠司さんだけではありませんが、彼は大学の教授として、仮想通貨に関して公的にも講義を行っているだけあり、「ノアコイン」と言えば泉忠司さんになっているのです。

しかし、仮想通貨は誰でもパソコン一台で創ることができるという性質上、ほとんどの仮想通貨は利用者が増えず、価格が暴落しています。そのため、「仮想通貨の儲け話は詐欺だ」というイメージが定着しています。仮想通貨発行者が市場公開前のプレセール中に売るだけ売って後は逃げるという図式ですので、「詐欺」と言われて当然ですね。

「ノアコイン」の場合、国をあげての仮想通貨であること、泉忠司が有名であることが関係して、ネット上の批判だけでなく、一般雑誌にも取沙汰されるほど話題となってしまいました。

しかし、泉忠司さんは専門家として「ノアコイン」の可能性について述べただけであり、投資はあくまでも自己責任です。「詐欺師」になるようなことは行っておりません。

まとめ

ネット業界だけでなく様々な業界で活躍している泉忠司さんですが、彼は自分のことを「マルチ」ではなく「ボーダレス」と言っております。

自分の職業を1つに固定したり、職業をひとつの枠組みの中で捉えるのではなく、「自分」という職業を持っていると彼は語ります。

泉忠司さんは大学教授、作家、プロヂューサー、俳優と4つの仕事を持っているように見えますが、彼からすると、これは「泉忠司」という1つの職業なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です