出版業会でも活躍 伊勢隆一郎著の本とは

ネットビジネス業界人は情報発信源をネットだけに限定せず、本を媒体にしている人も多くいます。また、ネットという信ぴょう性に欠けるものではなく、「本」といった具体的な媒体を使うことによって著者自身も信頼を得ようという狙いも少なからずあります。

伊勢隆一郎さんも他のネットビジネス業界人と同様に、自著の本を出版し、自身の情報を社会に広めています。

この記事では彼の出版業界での活動についてお話をします。この記事を機に伊勢隆一郎さんに興味を持った人は、ぜひ購入ページに進むと良いでしょう。

伊勢 隆一郎のプロフィール

この件については、こちらのサイトで、とりあげられてるみたいです。まずは、こちらを読むことを推奨します。
↓↓ こちらをご確認ください ↓↓

埼玉県川越市出身。セールスコピーライター、マーケターの他、
ビジネススクールK2アカデミー代表、一般社団法人日本ビジネスプロモーション協会理事など幅広い範囲で活動しています。

彼にとっての初めての企業は大学時代に遡るそうです。しかし、彼の人生初の企業は失敗に終わってしまい、大量の借金を背負うことになってしまいます。

その後3年間は、友人宅に居候の生活を続け、なんとか宿を確保しつつ、食費は1日100円以下と、かなり貧しい生活をしていたそうです。

この状況を打破するため、彼はHP制作会社にコピーライターとして売り込み始めました。これが彼のコピーライター業の始まりとなります。

彼はコピーライターとして着々と実績を上げていき、徐々に収入をあげていきました。そして遂には会社を設立するまでに至りました。

インターネットを利用したマーケティング技術を学んだことで、彼のビジネスはさらに成長を遂げました。2005年には売り上げ1億円を達成し、ネットビジネス業界人の大物の仲間入りを果たしました。

彼のパートナーとして先ず名前が挙がるのは、村上むねつぐさんでしょう。2009年にたったの12時間で5億円の注文を受けつたのはネット業界ではかなり有名な話です。

起業の挫折と成功の両方を経験した彼は、起業支援を目的としビジネススクール「K2アカデミー」を設立しました。

「K2アカデミー」は設立してから2年半で1000人以上の受講生を抱えるようになました。オンライン講座を中心に、起業を考えている人々にビジネスのノウハウとマインドを教えることで、企業の支援を行っています。

伊勢隆一郎さんはビジネス本も多く出版しています。本の中には万単位の部数を出しているものもあり、ネット業界以外でも彼の名前は広がっています。

購入方法ですが、伊勢隆一郎さんのブログから彼の自著本の購入ページに進むことができます。

伊勢 隆一郎はどんな人?

伊勢隆一郎さんは、ブログやSNSなどでネット上で広く自身の情報発信を行い、それをネットビジネスにつなげている人です。

彼の主な情報発信源はブログとSNSです。読むものを惹き込むような文章力と説得力のあるビジネス論で、多くの読者を獲得しています。

アメブロやFacebookではプライベートに関する書き込みも多く、読者に親近感を抱かせます。文章自体も読みやすく、万人うけする文章です。しかし、プライベートの話でも、最後は結局ビジネスの話に繋げていきます。

ブログ、SNSのページのあらゆるところに自著本の購入ページへのリンクを貼ったり、セミナーの情報を流したりと、そのあたりは抜かりなく行っています。

伊勢 隆一郎は本を出している?

伊勢隆一郎さんは、ネット業界だけでなく、出版業界にもその名を広げています。出版物は電子書籍が多いですが、紙の媒体もあります。

以下が彼の出版した本です。

『お金と時間と場所に縛られず、僕らは自由に働くことができる。』(フォレスト出版、累計4万7千部)

『人は感情でものを買う』(フォレスト出版、2015年8月刊)

『騙されやすい人が成功する: 100%行動できる人になる6つのモチベーションスイッチ』(電子書籍、2016年2月刊)

『人間関係が苦手な人のためのストレスゼロの逆転人脈術:なぜか応援される人の秘密』(電子書籍、2016年3月刊)

アマゾンのレビューを見ると、「サクサク読める」「初心者必読の一冊」のように、「読みやすさ」が評判のようです。電子書籍のものが多いので、購入後すぐに読むことができます。

まとめ

ネットビジネス業界人は一般の方にとっては、「遠い存在」のように感じてしまします。ネット上では高額塾やセミナーなどの悪評も広まっている中、彼らが一般の方から「信頼」を勝ち取るのは至難の業となっています。

しかし、「この人の名前、本屋で見た」となると、一気に私たちとの距離が縮まります。

ネットビジネス業界人は、ネット内だけで活動していると、本当にいるのかいないのか、そんな会社本当にあるのか、さらに男なのか女なのかさえも分からない存在になってします。出版物が一冊でも本屋に置いてあるだけでも全くイメージが変わってくるのです。

高額塾とは違い、ネットビジネス業界人が書いた本の評価は高いものが多いです。高額塾もビジネス本も、実際のところ、それで成功できる人は一握りしかいません。しかし、ビジネス書は高額塾のようにネット上で叩かれることはあまりありません。

それは、信頼度の違い、経済的負担の低さ、理解度の違いによるものでしょう。

ネットビジネス業界人の評価はよく「高額塾」のレビューで判断されがちです。

しかし、ここは一度「出版物のレビュー」を通して、その人を評価してみてはいかがでしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です