icoと株式の違いとは?icoとipoを詳しく解説します!

企業が資金調達を考えた場合、方法をしてIPOやICO(新規公開株式)が挙げられます。

呼び方もアルファベット3文字であり、内容も似ている点があるもの事実ですが、実際には大きく違う概念を持っています。

ここでは、ICOとIPOの違いや、それぞれの概要について詳しく解説していきたいと思います。

1. ICOと株式の3つの違い

この件については、こちらのサイトで、とりあげられてるみたいです。まずは、こちらを読むことを推奨します。
↓↓ こちらをご確認ください ↓↓

ICOと株式では、発行するという点で非常に似ている性質をもっています。しかし、これ以外に関して大きくことなる性質を持ったシステムと言えるかもしれません。では、ICOと株式はどのような違った側面を持つのでしょうか?

・株式よりもICOの方が活用できる範囲が広い

ICOはコインやトークンを発行しますが、株式に比べて活用できる範囲が広いというのが大きな特徴となっています。

株式を購入する目的として、投資目的やその株式が持つ優待目的が多いことでしょう。それに比べて、ICOが発行するコインやトークン、今後そのまま実用できる可能性も秘めているので、投資の目的じゃなくても購入することが可能となっているのです。

ICOを活用して上場を果たしたイーサリアムはスマートコントラクトという通貨を発行しました。

スマートコントラクトを購入することで、不動産取引や車の購入などの契約を簡単に処理できるという実用性があります。

ICOはただの通貨を発行するのではなく、何かしらの機能がついた通貨を発行することになるのです。これにより、投資家以外の人からも大きな注目を集めているのです。

・出資のされ方が違う

銀行や株主から出資を受ける株式とは違い、様々な人から投資を受けることができます。

多くの人に共感されるビジネスモデルやプロジェクトなどをアピールして、それに同感してくれた人がICOを行った企業が発行したコインなどを購入して資金を得る方法になります。

また、その得た資金を返還する必要もありません。ここが株式との大きな違いではないでしょうか?

優れたビジネスモデルや、大きな成功をおさめる確率が高いプロジェクトを持っているのにも関わらず、資金調達に苦労しているベンチャー企業などは、このICOによって大きな恩恵と受ける可能性があります。

ICOによって、資金調達の仕方が現在とは考えられないものとなるでしょうし、もっといえば個人起業家の人からしてもICOは大きな可能性を秘めたものとなっていますね。

・優待義務は一切ない

ICOに株式のような優待義務はありません。株式は株主に対して、優待制度を持たせてみたり様々な方法で還元を行っていますが、ICOは企業が作ったコインやトークンを購入し手に入れたとしても、何かを還元しなくてはいけないというルールはありません。

ある意味これは、企業側にとってみれば大きなメリットとも捉えられますが、コインやトークンを買う側としては思わぬデメリットになるかもしれませんね。

ただ、企業によってはコインやトークンに株式と同じような優遇権をつける場合もあるので、一概には言えないのかもしれません。この特徴こそ、ICOと株式の大きな違いと言えるかもしれませんね。

1. ICOとは?

そもそもICOとは意味がわからないというかたも多いのではないでしょうか?目的や仕組み、メリットやデメリットについてご説明していきます。

1-1. ICOの目的

ICOというのは「イニシャル・コイン・オファリング」という言葉の略で、つまりイニシャルとは最初の、コインとは通貨、オファリングとは売り出しを意味しており、企業が世界に一つだけの通貨を発行してそれを売り出し、それを購入したい人に販売して、その資金を企業の資金にするという方法になります。

簡単に言えば、新たな仮想通貨を発行して、それを販売して企業の資金調達を図ることですね。

なぜ、ICOが資金調達に的しているのか?それは、ICOの目的にあります。基本的にICOの目的としては企業側が、大きなプロジェクトなどを達成しようとしている場合、大きな資金が必要となります。

そういった場合にICOを行うのですが、企業が発行した通貨を購入しておけば、その企業がプロジェクトを大成功さえ社会的な評価を上げればその通貨の価値も上がるからなのです。

ある意味、投資の概念に非常に近いものがありますね。大きな例でいうと、ビットコインが良い例ではないでしょうか?

数年前にビットコインを大量に購入している人は、今では簡単に億万長者になっているという事実があります。こういった仮想通貨の価値が上昇する可能性があるという認識もICOを流行させている一つのきっかけなのかもしれません。まだまだ力のない企業からしても、このICOは非常に魅力的ともいえるでしょう。

1-2. ICOの仕組み

ICOの仕組みは、企業が資金調達をしたいと考えた場合に事業のプロジェクトや企業の魅力を明確にして、発行した通貨を購入してくれる人たちを募ります。

その企業が将来的に伸びると感じる人であったり投資家が、その通貨を購入することで資金が企業に流れます。

ICOでは、通貨を手にした人を特別に扱わなくてはいけないというルールもないので、実現すればとても魅力的な資金調達方法とも言われています。

1-3. ICOのメリット

ICOのメリットは上でも挙げた通り、発行した仮想通貨を購入してくれた人に対して返済をしたり、何か優待を与えなくてはいけないという制約がないことです。

さらに、仲介業者なども存在しないので、変に手数料を取られたり無駄に損をすることが大幅に減るでしょう。また、インターネット上で全てが完結するので、様々な世界の人にアピールすることができます。日本でも世界に向けてICOを行い成功している企業はあります。

投資する側にもメリットがあり、まずその企業の価値が上がれば仮想通貨の価値も上がるので、売却益を大幅に得られる可能性もあります。

また、今後仮想通貨を日常的に使えるような流れになっているので、普通のお金ではなく仮想通貨をそのまま使えるような時代がくるというメリットもあります。

1-4. ICOのデメリット

非常にメリットが多く、魅力的に感じるICOではありますが、実は行うのが難しくハードルが高いというのが大きなデメリットとなります。

投資する側にも様々なデメリットがあるので、知名度がない企業がICOを行ったとしても多くの人が警戒をして、うまく資金調達ができない可能性も高いです。まだまだ、課題の多く残るICOですが、ベンチャー企業などからすれば魅力的なシステムであることは間違いありません。是非浸透するように、ルールを統一化してほしいところですね。

2. IPO(新規株式公開)とは

IPOというのは新規株式公開のことであり、まだ上場していない会社が株式市場で株式を購入してもらい資金を集めることを言います。

では、その目的や仕組み、メリットやデメリットについて見ていきましょう。

2-1. IPO(新規株式公開)の目的

IPOには資金調達という主な目的があるのですが、現在では資金調達よりも企業の知名度や信用度の向上を考える企業が非常多いです。上場することで、今までよりも多くのメディアや媒体で企業の名前が露出される機会も多くなります。

そうすることで、企業の知名度を上げて優秀な人材を確保したいという考えの経営者も多いようです。確かに優秀な人材というのは賢いですから、知名度と信頼度の高い企業にしか就職したいと思わないことでしょう。

2-2. IPO(新規株式公開)の仕組み

IPOはICOと違って、その企業が発行した通貨に投資するのではなく、その企業自体に投資をするといったイメージを持つとわかりやすいかもしれません。

IPO株を購入するのには、証券会社から購入する必要があるので、証券会社に口座を作り資金を振り込んでおかなくてはいけません。正直なところ、ICOよりも投資が面倒だというのは事実です。

2-3. IPO(新規株式公開)のメリット

IPOの大きなメリットは、これから価格が上昇する可能性がある株式を安く購入できる可能性があるという点でしょう。

これから始めてIPOで株式を公開する場合、意外と価格は安く設定されていることが多いです。ですので、そういった企業の将来性や、ビジネスの今後を読むことができれば、大きく儲けることができるのです。

まだまだ上場していない人気企業というのは多く存在します。そういった企業がIPOをするタイミングを狙うのは大きなメリットかもしれませんね。

2-4. IPO(新規株式公開)のデメリット

IPOのデメリットは、メリットのそのまま逆の問題です。最初の価格よりも大幅に下がってしまう可能性もあるということですね。

上場後というのは、株式の値動きの変動が非常に大きく、売り時を間違ってしまうこともおおいに考えられるのです。ですので、逆にIPO株は購入や売却のタイミングが非常に難しいとも言われているのです。しかし、基本的にIPOはローリスクでハイリターンの投資とも言われています。概要をしっかりと理解することで、効率良く稼げるようになるのかもしれませんね。

3. ICOとIPO(新規株式公開)の今後

IPOはまだまだ日本の企業においても、主流の資金調達方法と言えるでしょう。しかし、IPOは魅力的な部分は多くあるのですがルールなどが徹底していないため、参加するリスクの方が多いといえる方法なのかもしれません。

その半面、IPOで大きな資金を獲得している企業が存在して、価値のあるプロジェクトを成功させています。今後ICOのルールが確立してくれば、もっと多くの企業が挑戦できる方法なのかもしれませんね。

4. ICOと株式の違いまとめ

ICOと株式の違いについて解説をしてきましたが理解はできたでしょうか?概要的には似ているものの、色々な違った側面も見られます。

どちらが良いということはありませんが、将来的には今の常識が覆っている可能性も大きいというものですね。投資にこれから挑戦する方は、特にICOと株式の知識は勉強しておいた方が良いかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です