松井準の「LINE@システム」は安心して利用できるかを徹底検証!

こんにちは。みなさんは、副業をはじめていますか。
2017年に「働き方改革」を政府から発表されて、副業を意識し始めた人は増えました。
しかし、実際のところは副業に手を付けられていない人が圧倒的に多いのです。
理由は、本業に時間を大きく取られてしまい、副業にまで手が届かないという人が多いからです。

近頃はスマートフォンでの副業が注目を集めています。
簡単なアンケートに回答をするだけで、お金を稼ぐことができるのです。
通勤途中や子育てをしている際中にスマートフォンで副業をしている人は増えています。

みんな、本業の他に副収入が欲しいと思っているのです。
実際に、多くの世帯では「あと3万円収入が増えたら、生活が楽になる」と思っているようです。
そのような理由から、副業をしている人がいます。

「知識や技術がないけれど、副業がしたい!」と思っている人もいるでしょう。
そのような人をターゲットに高額商材を売りつける悪徳業者も増えています。
本当に良い商材なのか?高額商材なのか?の見極め方はあるのでしょうか?ここでは、松井準の「LINE@ICシステム運営事務局」の商材を題材として、商材の見極め方を紹介していきます。

 

スマホで副業をしている人が増えている

現在はスマートフォンで副業をしている人が増えています。
クラウドサービスの「ランサーズ」「クラウドワークス」などでは、簡単なアンケートに答えるだけでお金を貰うことができるプチ副業があります。

アンケートを回答するとポイントを獲得することができるサイトも増えてきました。
スマホでアンケートに回答する副業は、なぜ人気を集めているのでしょうか。

スマホ副業のメリット1:場所を選ばず、時間を有効活用できる

スマートフォンの最大の魅力は、好きな時間に好きな場所で利用することができるという点です。
通勤途中の電車の中で利用したり、子供が公園で遊んでいる最中に利用したりすることができます。
そんなときに、簡単なアンケートに回答するだけで復習が得られるのは嬉しいものです。

とくに、主婦の場合は

「働きにいきたいけれど、子供の世話をしなければいけない…」
「子供が風邪をひいたときは、仕事が休みづらかったし社会復帰しづらい…」

と思っている人も多いのです。
だから、隙間時間でお金を稼ぐことができるスマホの副業は人気を集めているのです。

スマホ副業のメリット2:専門的な知識を必要せず、誰でもはじめやすい

スマホ副業は、自分自身に関するアンケートに回答するだけだったり、写真撮影をして画像を投稿するだけだったりと、専門的な知識や技術を必要としない仕事が多いです。
だから、誰でも始めやすいという点が大きなメリットです。
大きく稼ぐことはできませんが、専門的な知識を必要としていないので、主婦などから人気を集めています。

LINEで稼ぐことができる「LINE@ICシステム」とは?

スマホでの副業が流行していることを解説しましたが、近頃はLINEを活用した副業も出てきています。
松井準の「LINE@IC」もその1つです。
LINE@ICシステムは、LINEに届く情報に従って、スマホをタップするだけで2週間後に約20万円稼げるという夢のようなシステムです。
なぜ、このようなことができるのでしょうか?

「LINE@ICシステム」のサイト内では、松井準はBICという投資家のコミュニティを築いており、莫大なお金を投資で稼いでいるようです。
そのお金を「LINE@ICシステム」を通じて指示してくれた人に対しては振り分けたいという想いで「LINE@ICシステム」は開発されたようです。
このようなビジネス方法を「インサイダー取引」と呼ぶことが多いです。
しかし、インサイダー取引は罰則に値するので危険です。

現在なら、無料で「LINE@ICシステム」をダウンロードすることができます。
しかし、「無料なら」と思って気軽に安易するのは絶対に辞めましょう。
このような商材は詐欺の可能性が極めて高いのです。
次の項目では、安全に利用することができる商材なのかを検証していきます。

「LINE@ICシステム」は安全に利用することができるのか?

LINEから来る情報をタップするだけで、月20万円稼げたらよいですね。
しかし「LINE@ICシステム」には危険が待ち受けているかもしれません。
まずは「LINE@ICシステム」をダウンロードすることによって、起こりうる危険について考えてみましょう。

安易にダウンロードするのは危険!LINE@ICシステムの危険性は?

「LINE@ICシステム」が無料でダウンロードできるからと言って気軽にダウンロードするのは、非常に危険です。
最初に考えられることは、個人情報を盗み取られてしまって悪用されるケースです。
個人情報を転売する悪質業者もいるのです。
個人情報が転売されてしまうと、架空請求詐欺のターゲットにされてしまう恐れもあります。
無料でサービスを受けられると思うとお得に感じるかもしれませんが、個人情報を安易に開示するのは辞めましょう。

LINE@ICシステムは詐欺なのか?検証方法について

無料ダウンロードすることによってのリスクは理解いただけたところで、本当に安心して利用することができる商材なのかを検証していきましょう。

インターネットで調べてみる

インターネットで「松井準」「LINE@ICシステム」と検索をしてみましょう。
「LINE@ICシステム」は使い方に関する動画がYoutubeであります。
しかし、チャンネル登録数は35人となっています。
サイト上では、1000人を超えるコミュニティを作っていると書かれていますが、サイトに書かれていることは嘘であることが分かります。

また、実際に「LINE@ICシステム」をダウンロードしようと試みた人も口コミとして記載しています。
無料ダウンロードのはずですが、申し込みをする際にクレジットカードの情報を登録する必要があるようです。
最初は引き落としはされないかもしれませんが、翌月からは利用限度額まで引き落とされてしまう可能性も多いにあるでしょう。
このように少しでも怪しいと思ったら、まずは、インターネットで情報収集をしてみましょう。
大事なのはインターネットだけではなくて、YoutubeやSNSでも検索してみることです。

特定商取引法に沿って運営されているかを確認してみる

特定商取引法とは、通信販売で消費者トラブルが起こさないために設定された法律です。
消費者を守るために設定された法律です。
大手通信サイト運営会社ほど特定商取引法のルールに沿ってサイト運営されています。
しかし、残念ながら「LINE@システム」は特定商取引法に沿ってサイト運営をしていません。
特定商取引法に基づく表示に会社概要はありますが、会社の住所も電話番号も記載されていないのです。

住所も電話番号もない会社と取引をするのは非常に危険です。
今回は、LINEでの申し込みになりますが、不都合のことがあればLINEは簡単にブロックすることができてしまいます。
このような形で商材を売っている業者には警戒をしましょう。

副業詐欺に騙されてしまった場合の相談先について

松井準の「LINE@ICシステム」が詐欺商材かは分かりませんが、副業詐欺に騙されてしまった場合は、どうすればよいのでしょうか?ここでは、詐欺の被害にあった場合の相談先について紹介をしていきます。

消費生活センター

消費生活センターは、通信販売トラブルなど消費者生活全般に対する問い合わせに対応している機関です。
「詐欺の被害に遭遇をしてしまったけれど、どのように対応していけば良いのだろう…?」と悩む人も少なくありません。
消費者生活センターは、あなたの代わりに業者と交渉をしてくれたり、必要な場合は相談先を紹介してくれたりします。
どうしたらいいのか分からない場合は、まずは「消費生活センター」に相談をしてみましょう。

警察

騙された金額や悪質性の高さにもよりますが、詐欺被害に遭遇をしたと思ったら、警察に被害届を出しましょう。
その際は、悪質業者とやりとりしたメールやサイト、パンフレットや資料など手元にある証拠をまとめておいて、警察に提出をしましょう。
証拠がなくて詐欺事件と立証できなければ、警察は動いてくれないので気をつけましょう。

弁護士事務所

警察が動いてくれないと分かっても「悔しいから、どうしても悪質業者をこらしめたい」「騙されたお金を取り返したい」と思う人もいるでしょう。
刑事裁判を起こすことはできませんが、民事裁判は誰でも起こすことができます。
しかし、弁護士に依頼をするには高額な費用が発生します。
それでも、悪質業者と向き合いたいと思う場合は依頼をしましょう。

弁護士は専門家ではありますが、得意分野と不得意分野があります。
詐欺の事件に強い弁護士に相談をするようにしましょう。
また、弁護士との相性も非常に重要です。
近頃は、最初の相談だけは無料という弁護士事務所も増えました。
まずは、そのような弁護士事務所に相談をしてみましょう。

少ない費用と労力で訴訟を起こせる集団訴訟がおすすめ

詐欺に騙されたときの相談先について解説をしましたが、いかがでしたでしょうか?中には「確かにお金を取り返して悪質業者をこらしめたいけれど、訴訟を起こす勇気がない」と思う人もいるのではないでしょうか?そのときに、オススメな方法が「集団訴訟」です。
その名の通り、詐欺被害者を募り、みんなで悪質業者に対して訴訟を起こすことをいいます。
集団訴訟はさまざまなメリットがあります。

弁護士費用や裁判にかかる費用を折半することができる

集団訴訟を起こすと、弁護士費用や裁判にかかる費用を折半することができます。
1人だと数十万円かかる費用を複数で負担することによって、1人当たりの負担額を少なくすることができます。
少ない出費で済むとは大きなメリットですよね。
とくに、高額商材などでお金を騙し取られた後であれば、これ以上、余計な出費をしたくないと思うのではないでしょうか?そのような悩みを、集団訴訟を選択すると払拭することができます。

訴訟を起こす不安がなくなる

1人で悪質業者に対して訴訟を起こすことは、とても勇気がいることです。
訴訟を起こした経験がある人は多くいないでしょう。
弁護士がいるからといっても、不安は拭えるものではありません。
しかし、集団訴訟という選択を選べば、大勢で訴訟を起こすことができるので不安を低減させることができます。
どのようなことでも、みんなで行動することによって安心感が芽生えるものです。
集団訴訟は、訴訟を起こす不安を払拭してくれます。

被害にあった気持ちを共感しあえる

誰でも騙されてしまうと精神的に傷つくものです。
詐欺はお金を騙し取られることをいいますが、経済的な損失と精神的なダメージを受けるものです。
とくに生真面目な人ほど
「家族が頑張って働いてくれたお金をムダにしてしまった…」
「家族に迷惑をかけてしまった…」
と思い悩んでしまうものなのです。
騙してきた相手に対する怒りもあると思いますが、騙されてしまった自分に対しての不甲斐なさを感じる人も多いのです。
1人で思い悩んでしまう人も少なくありません。

しかし、集団訴訟をしようと考えた場合、自分以外の被害者に会うことができます。
「騙されてしまったのは、自分だけではない」と思うことで勇気づけられます。
また、被害のツラサを共感しあえることで気持ちを消化し合うことができます。
また、少ない労力と費用で訴訟を起こすことができるので、納得のいく答えを出すことができて、気持ち的にもスッキリできるでしょう。
集団訴訟は、そのような気持ちのケアにも効果を発揮します

まとめ

松井準の「LINE@システム」が詐欺商材かは分かりません。
しかし、無料でダウンロードできたとしても、安易にダウンロードするのは辞めましょう。
個人情報を簡単に漏らさないようにしましょう。
現在は、さまざまなサービスが登場しています。
本当に安心して利用することができるサービスなのか、口コミを検索してみたり、SNSを検索してみたりしましょう。
また、サイトの特定商取引法もチェックをしてみましょう。

万が一、副業詐欺や高額商材詐欺に騙されてしまったら、1人で悩まずに相談しましょう。
特におすすめの方法が「集団訴訟」です。
大勢で訴訟を起こすことで、少ない費用と労力で納得のいく答えを出すことができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です