仮想通貨取引所huobiとは?そのメリットや使い方まで徹底解説!


「仮想通貨の種類ができるだけ多い取引所で取引がしたい!」

「できるだけ見やすい管理画面で取引がしたい」

「新しい草コインをできるだけ早く購入したい」

そうお悩みではありませんか?

そんな人にはhuobiがおすすめです。

huobi(フオビー)

huobiは、中国の中では、3大取引所の一つとされている取引所で、取り扱っている仮想通貨の種類が非常に多いのが特徴です。

中国の取引所ですが、日本語対応しているため、口座開設もそこまで難しくなく、また管理画面が見やすく、取引がしやすい取引所です。

ですが、海外の取引所ですので、いまひとつどんな取引所かわからないですよね。

そこで、この記事では、

  • 仮想通貨取引所huobi(フオビー)とは
  • 仮想通貨取引所huobi(フオビー)を利用するメリット
  • 仮想通貨取引所huobi(フオビー)を利用するデメリット
  • 仮想通貨取引所huobi(フオビー)の使い方

についてお伝えしたいと思います。

huobiは、海外の取引所ですが、日本語も対応しているため、取引画面の使い方や登録の仕方もそれほど難しくありません。

この記事で、huobiの特徴や使い方を一緒に理解していきましょう。

目次

1. 仮想通貨取引所huobi(フオビー)とは

この件については、こちらのサイトで、とりあげられてるみたいです。まずは、こちらを読むことを推奨します。
↓↓ こちらをご確認ください ↓↓

では、仮想通貨取引所huobiとはどんな取引所なのでしょうか。

ここでは、

  • 仮想通貨取引所huobi(フオビー)の基本情報
  • 仮想通貨取引所huobi(フオビー)の特徴
  • 仮想通貨取引所huobi(フオビー)の評判・口コミ

について見ていきましょう。

1-1. 仮想通貨取引所huobi(フオビー)の基本情報

huobiは、中国の3大取引所の中の一つで、仮想通貨の取扱い銘柄が非常に豊富な取引所です。

2013年9月に取引所が開設されています。ですが、近年中国では、仮想通貨の取り締まりが厳しくなってきているため、その本拠地をシンガポールに移転させています。

中国は、仮想通貨の規制が非常に厳しい国のため、今後も中国の規制の影響を受ける可能性があるため注意が必要です。

ですが、huobiは中国の影響力を受けない取引所として運営していくために、拠点をシンガポールに移しています。

世界各国に取引所を展開しており、今後も拡大を進めていくことが予想されます。

1-2. 仮想通貨取引所huobi(フオビー)の特徴

では、huobiの特徴はどんなものがあるのでしょうか。

  • 取扱い通貨が非常に多い
  • 日本語対応しており、取引画面が見やすい
  • 新規上場した仮想通貨をいち早く手に入れることが可能

があります。

・取扱い通貨が非常に多い

huobiは、取り扱っている仮想通貨の種類が非常に多いことが特徴です。

2018年現在取り扱っている仮想通貨の種類は80種類を超えています。

日本で、取扱い通貨の種類が最も多かったコインチェックでさえ、わずか13種類の取扱いしかないことを思うと、huobiがどれほど取扱量が多いのかはおわかりいただけるのではないでしょうか。
その数は、取扱量1位であるバイナンスにはかなわないものの、バイナンスには取扱いがない仮想通貨も数多く取り扱っています。

・日本語対応しており、取引画面が見やすい

huobiは、中国の取引所ですが、日本語にも対応しています。

また、取引画面は非常に見やすく、直感的な操作ができるのが特徴です。ですので、仮想通貨の取引の初心者であっても使い方を理解しやすく、慣れている人であれば、そのまま取引をしていくことも難しくありません。

・新規上場した仮想通貨をいち早く手に入れることが可能

huobiは、仮想通貨の新規上場が非常に活発な取引所です。

ですので、注目されている仮想通貨をどんどん上場させています。

最近ではエイダコインの取扱いを始めるなど、有名な銘柄についてはどんどん購入することができますし、今後の成長が期待できる草コインなども取り扱っています。

うまく購入することができれば、ローリスクハイリターンな取引も夢ではないかもしれません。

1-3. 仮想通貨取引所huobi(フオビー)の評判・口コミ

huobiは海外の取引所ですし、日本での評判が実際どうなのかわからない人も多いですよね。

そこで、ここでは、

  • huobiのニュース
  • huobiの口コミ・評判

について見ていきましょう。

・huobiのニュース

では、huobiの現在の動きや最新の動向はどうなっているのでしょうか。

huobiの最近の動きとしては、

  • 2018年4月16日にエイダコインの取扱いスタート
  • SBIホールディングスとの提携解消

があります。

・2018年4月16日にエイダコインの取扱いスタート

huobiは、2018年4月16日にエイダコインの取扱いをはじめました。

エイダコインは、カルダノというプラットフォームの中で使われている仮想通貨で、非常に人気の高い仮想通貨です。

このコインは、人気も高いコインだったのですが、同時に悪評が多い仮想通貨でもありました。

そのため、huobiで取り扱いが始まったことで、その悪名も少しは和らいでいくかもしれません。

・SBIホールディングスとの提携解消

huobiは2017年12月7日に声明を発表し、日本のSBIホールディングスと提携していたのですが、これが最終的には解消となりました。

提携した当初、SBIホールディングスは、huobiの持つ技術やノウハウを有効活用するなどの目的で提携していました。

ですが、最終的に独自のセキュリティシステムを構築する目処がたったなどの理由により現在は提携を解消しています。

・huobiの口コミ・評判

huobiは、取引量が非常に多い取引所ですが、日本での認知度は決して高いとは言えません。

ですが、日本のSBIホールディングスとの提携をきっかけに徐々にではありますが、日本での認知度も高まってきているようです。

huobiの取扱い銘柄の豊富さは、日本の取引所にはない魅力ですし、セキュリティもしっかりしているため、今後日本でもよい評判が聞けるようになるのではないかと予想しています。

2. 仮想通貨取引所huobi(フオビー)を利用するメリット

huobiを利用するメリットはどんなことがあるでしょうか。

具体的には、

  • 草コインなどのコインをいち早く手に入れることができる
  • 世界トップ10に入る取引量
  • アルトコインを板取引で購入できる
  • 分裂した仮想通貨を手に入れることができる
  • 独自トークンで手数料が割引にできる
  • バイナンスより、セキュリティ体制がしっかりしている
  • アプリが利用可能
  • レバレッジ取引ができる
  • 独自のキャンペーンを展開することも

などがあります。

・草コインなどのコインをいち早く手に入れることができる

huobiは、新規通貨の上場を積極的に行なっている取引所です。

同じく取扱い銘柄の多い取引所としてバイナンスがありますが、新規上場のスピードに関してはhuobiの方が優れていると言えそうです。

また、ビットコインゴールドなど、ハードフォークによって分裂したコインなどの取り扱いも比較的早い段階で行なっています。

ですので、いち早く新規上場した銘柄を手に入れたいという人にとっては、まず開設しておきたい取引所だと言えるでしょう。

・世界トップ10に入る取引量

huobiは、界でも取引量が多い取引所です。

その取扱量は、全取引所の中でも4位とその人気の高さが伺えます。そのため、板取引もスムーズに行うことができますし、倒産のリスクも比較的少ない取引所だと言えます。

・アルトコインを板取引で購入できる

huobiは、板取引でほとんどの仮想通貨の銘柄を取引することができる取引所です。

板取引とは、個人間で取引をする方法のことをさします。

取引所が直接売買を行う販売所ほど、一度にたくさんは購入できませんが、その分、取引手数料を安く抑えて取引をすることができます。

・独自トークンで手数料が割引にできる

huobiには、独自トークンのhuobiトークンを利用することで、取引手数料を半分に抑えることができます。

huobiトークンは、非常に人気の高いトークンなので、手に入れるには中々骨が折れますが、手に入れたときの見返りは非常に大きいトークンです。

割引を受けられることはもちろん、そのトークン自体の値上がりによっても利益を得ることができます。

販売している期間が短く、売り出してもあっという間に売り切れてしまうトークンですが、huobiで取引をするならぜひとも手に入れたいトークンです。

・バイナンスより、セキュリティ体制がしっかりしている

huobiは、バイナンスよりもセキュリティ面で充実していると言えます。

huobiは本人確認を行わないバイナンスと違って、パスポートで本人確認を行っています。

また、2段階認証を毎回のログイン時に要求されるなど、セキュリティ面がしっかりしています。

・アプリが利用可能

huobiは、スマホで利用できるアプリもあります。

そのインターフェースの扱いやすさにも定評がある、取引所ですので、アプリがあることで、取引をスムーズに行うことができることもメリットです。

・レバレッジ取引ができる

huobiは、レバレッジ取引も行うことができます。

レバレッジ取引は少ない資本でも元手以上の仮想通貨を取引できる方法です。

大きな値上がりがあれば、ハイリターンが期待できますが、値下がりした場合は大損害になってしまうこともある、ハイリスクハイリターンな取引方法です。

仮想通貨は、すでに買えば絶対に値上がりするといった状態ではなく、今後は激しい競争になっていきます。

ですので、あまりおすすめな取引方法とは言えませんが、ハイリターンが必要な人にとってはありがたいかもしれません。

・独自のキャンペーンを展開することも

huobiは、新規上場した仮想通貨に対して、キャンペーンを行うことがあります。

これらのキャンペーンを有効活用することで、新規に上場したコインをお得に手に入れることもできます。

また、huobi tokenを保有していると、エアードロップといって、無償でコインを配布してくれることもあります。

huobiは、新規上場する仮想通貨の銘柄が非常に多いことから、そういったコインをお得に手に入れるチャンスが豊富な取引所だと言えるでしょう。

3. 仮想通貨取引所huobi(フオビー)を利用するデメリット

ここでは、huobiにはどんなデメリットがあるのか見ていきましょう。

具体的なデメリットとしては、

  • 中国の規制の影響を受ける可能性がある
  • 日本ではまだ金融庁の認可を受けていない
  • 出金手続きには時間がかかる
  • 日本円で入金できない
  • サポートは日本語対応していない
  • 取引手数料はバイナンスより高め
  • パスポートがないと本人確認ができない

・中国の規制の影響を受ける可能性がある

huobiは、中国発祥の取引所のため、中国の規制の影響を受ける可能性がある取引所です。

そういった影響を少しでも回避するために、huobi側でも、事業所をシンガポールに移転したり、国外の取引所をどんどん展開しています。

ですが今後も中国の規制の影響を受けてしまう可能性も十分にあるため、注意してください。

・日本ではまだ金融庁の認可を受けていない

huobiは、取引量で言えば、世界トップ10に入る取引所ですが、日本ではまだ金融庁の認可を受けていません。

現在は、審査の途上のため、金融庁の認可を受けていなくてもみなし業者として取引をこなうことができます。

しかし、今後もそうであるという保証はどこにもありません。

ですので、金融庁の認可が受けられるかどうか、今後の展開には注意を払うべきだと言えます。

・出金手続きには時間がかかる

huobiは、海外の取引所のため、出金手続きを完了するまでに時間がかかるというデメリットがあります。

出金ができるのに処理してから半日以上かかりますし、本人確認も必要なため、手間もかかります。

気軽に出金できるわけではないため、こまめに出金するのには向いていない取引所です。

・日本円で入金できない

huobiは、日本円での入金を行うことができません。

huobiの口座に入金する一番簡単な方法としては、ビットコイン建での入金があります。

そのためには、ザイフやビットフライヤーなど、日本円で入金できる口座を開設しておかなければいけません。

そのため、

  1. 日本円の入金できる取引所で口座を入金する
  2. その口座でビットコインを購入する
  3. その口座からhuobiにビットコインを送金する

といった手間が必要になっていきます。

仲介するところが多い分手数料がかかりますので、できるだけ送金はまとめて行うのがおすすめです。

・サポートは日本語対応していない

huobiは、中国の取引所ですので、サポートが中国語にしか対応していません。

ですので、何かわからないことやトラブルがあったときは、日本語でやり取りできないため、中国語のコミュニケーションに慣れていないと、何かあったときに困ることがあるかもしれません。
ただし、2018年の6月には、日本語でのサポートが可能になる予定になっています。

ですので、今後はそういった不便は解消されていくかもしれません。

・取引手数料はバイナンスより高め

huobiの取引手数料は、取引する銘柄に関係なく、0.2%の手数料がかかります。

この取引手数料は、バイナンスは一律0.1%で取引ができますし、バイナンスで発行しているトークンを利用すると、さらに0.05%で取引をすることができます。

そう思うとhuobiの手数料はバイナンスと比べてやや高めです。バイナンスで取り扱っている通貨を購入するのであれば、バイナンスの方が使い勝手がよい場面もあります。

ですが、huobiにはバイナンスで取扱いのない銘柄も多くありますので、そこまで気にする必要もないかもしれませんね。

また、huobi tokenを利用することで、取引手数料を半分に抑えることができます。

ですが、このhuobi tokenは非常に人気が高く、入手することがなかなか難しいトークンの一つです。

うまく購入することができれば、huobi tokenそのものが値上がりすることも十分あり得ますので、入手するチャンスがあれば、積極的に購入したいトークンです。

また板取引ができるため、日本の取引所と比べて安く購入できる通貨も豊富にあります。

・パスポートがないと本人確認ができない

huobiは本人確認にパスポートが必須な取引所です。

ですので、パスポートがないと、実質取引を行うことができないというデメリットがあります。

普段から海外に旅行に行く人などは、それほど気にする必要はないかもしれませんが、そうではない人にとってはパスポートを申請しなければならないため、手間と時間がかかってしまうでしょう。

4. 仮想通貨取引所huobi(フオビー)の使い方

ここまで、仮想通貨取引所huobiのメリットや特徴について具体的に見ていきました。

ですが、海外の取引所だと使い方がわかるか不安ですよね。

そこで、ここでは、

  • 登録、口座開設方法
  • 仮想通貨の入金・出金方法
  • 仮想通貨の購入・売却方法

について見ていきたいと思います。

ここまで、分かれば、huobiですぐにでも取引を始めることができます。

使い方がわかると、日本の取引所と使い方はほとんど変わらないことがわかってきますよ。

では早速見ていきましょう。

4-1. 登録、口座開設方法

huobiの新規登録は、公式ホームページから行います。

huobi(フオビー)

huobiの公式ホームページは日本語に対応しています。

そのため、海外の取引所でも安心して登録することができますね。

まずは、右上にある「無料口座作成」をクリックしましょう。

その後で、必要な個人情報を入力し、送信します。

このときに本人確認書類を提出する必要があります。

登録したメールアドレスにhuobiから認証コードが届きますので、そこで、認証コードを入力し、パスワードを設定したら登録完了です。

ここまで見ると、日本の取引所で登録する方法と、ほとんど変わりないことがお分かりいただけるのではないでしょうか。

日本国内の取引所では、そこから登録した住所に届くハガキを待って手続きをする必要があるのですが、huobiではそういった手続きをする必要なく、口座を開設することができます。

その後セキュリティを高めるために、2段階認証を設定しましょう。

2段階認証とは、スマホアプリ、Google Authenticatorを利用することで設定することができます。

この設定が完了すれば、万が一パスワードがバレてしまったとしても、自身のスマホから2段階認証のコードを入力しない限りログインできなくなるため、セキュリティをより強力にすることができます。

huobiの2段階認証は、マイページにあるセキュリティという所をクリックすることで設定することができます。

4-2. 仮想通貨の入金・出金方法

huobiで取引を行うためには、huobiの口座にビットコインを入金することから始める必要があります。

huobiのページから口座管理画面を開き、「入金」をクリックします。

そこには、huobiの入金アドレスが表示されていますので、このアドレスにビットコインを送金することで、入金することができます。

送金の方法は、自身の開設している取引所のやり方に従ってください。

ここで注意しなければいけないのは、このアドレスの入力をミスしてしまうと、コインが永久に失われてしまうことです。

特にアドレスは、人にとって意味のない記号の羅列のため、暗記するのはほぼ困難です。

このアドレスを控えるときには必ずコピペを行い、間違いがないことを確認して送金するようにしましょう。

出金する方法は、入金の逆の手続きで行っていきます。

口座管理画面から、「出金」をクリックし、送金先のアドレスを入力して行います。

送金先のアドレスの確認方法は、送金先の取引所にて確認してください。

ここでもアドレスの入力間違いには注意するようにしましょう。

仮想通貨の購入・売却方法

huobiで仮想通貨の購入と売却を行う方法は主に2種類あります。

ここでは、

  • huobiで指値注文を行う方法
  • huobiで成行注文を行う方法

について見ていきましょう。

・huobiで指値注文を行う方法

huobiで仮想通貨を購入する方法の一つが指値注文です。

指値注文は、自分で購入したい仮想通貨の金額と数量を指定して取引を行う方法です。

この方法を使うと、購入したい仮想通貨が自分の要望の金額と一致したときに初めて購入することができます。

ですので、あらかじめ損切りするラインを決めておくなどの注文の仕方も可能な点が特徴です。

・huobiで成行注文を行う方法

成行注文とは、欲しい仮想通貨の銘柄の数量だけを指定して購入する方法です。

そのため、その仮想通貨を購入していくらかかるのかは、その市場のタイミングで変化しますが、その時々の価格で仮想通貨を購入することができます。

そのため、

  • 安値になっているときにすぐに注文を確定させたい
  • 損切りをするため1秒でも早く売りたい

というタイミングで利用することが多い取引方法です。

5. まとめ

この記事では、huobiの特徴やメリット、実際の使い方について詳しく説明してきました。

特に注目して欲しい特徴は、

  • 取扱い銘柄が多く、huobiでしか買えない銘柄もある
  • 新規上場コインをいち早く手に入れることができる
  • 取引画面が見やすく扱いやすい

という特徴がありました。

また、デメリットとしては、

  • 中国や日本の規制の対象になる可能性がある
  • バイナンスより取引手数料がやや高い
  • 海外の取引所のため、日本の取引所と勝手が違うところに注意

ということがありました。

そのため、

  • 新規で上場したコインをいち早く購入したい人
  • 日本にはない銘柄のコインを購入したい人
  • 短期投資に本格的に取り組みたい人

にとって特におすすめできる取引所です。

これで、huobiがどんな取引所なのかその大まかな内容がお分かりいただけたのではないでしょうか。

そういった方はこの機会にぜひ口座の開設を検討してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です