東日本大震災時に任命救助の手伝いをしたことで人生が変わった星渉さんの人生

星渉さんは大手の損害保険会社に勤務していた頃に東日本大震災時に自衛隊の人達と共に人命救助や災害調査をしていたのですが、そこで人生観が変わったようです。それから3か月後、このままこの仕事を続けることに疑問を感じて次の日、上司に辞職を告げたのでした。彼のそれからの人生はどうなったのかを見ていきます。

星渉のセミナーに参加しても大丈夫?

この件については、こちらのサイトで、とりあげられてるみたいです。まずは、こちらを読むことを推奨します。
↓↓ こちらをご確認ください ↓↓

星渉さんという人はどんな人なのでしょう?彼は東日本大震災をきっかけに、普通のサラリーマン(大手損害保険会社)を退職、起業プロデューサーに転向した星渉さん。「好きな時に、好きな場所で、好きな仕事をする!」をコンセプトに起業家をプロデュースするようになり、わずか4年の間に開いた講演会には4000人が参加しています。

そんな星渉さんの最初の成功体験とは、小学校時代のマラソン大会にあったそうです。小学校2年生の頃、毎年1回行われていたマラソン大会で、優勝すると全校生徒の前で表彰されるのですが、そこで表彰されている人を見て自分もそこに立って目立ちたいと強く思ったそうです。

そうして次の大会の数か月前から毎朝6時に起きてマラソンの練習をしました。その練習のおかげで優勝することができ、念願の表彰台に登ることがでいました。彼はこの経験から、目標を決めてそこに向かって努力すれば誰でも結果が得られる事を学んだといいます。

大学時代からは「人に教える事が好き」だったそうで、迷わずに進学塾の講師のアルバイトを始めました。それがセミナー講師になるわけですから、人に教えることが好きな性格って得だと思ってしまいます。その塾の講師の仕事がハマってしまい、週に6回の塾講師をしていました。

その塾講師にハマった理由は3つあって、理由の一つに人前で話すことが好きだったからだそうです。2つ目の理由は難しいことを分かりやすく、しかも楽しく伝えることが得意だったといいます。3つ目の理由として、相手に合った形で分かりやすく伝えることで、その人に結果が出ることが好きだったからといいます。

これはセミナーにもってこいの性格だといえますし、セミナーをやるために生まれてきたのかもしれないと思ってしまいます。きっと生まれながらのセミナー講師だったのではないでしょうか。前置きが長くなってしまいましたが、そんな星渉さんのセミナーですから参加して損はないのではないでしょうか。

しかもセミナーに参加した人達の声には、分かりやすいのはもちろんですが、とてもユーモアにあふれていて一言も聞き漏らしたくないといったコメントもあります。彼の楽しそうなセミナーの様子が伺えますし、少なくとも参加して損はなさそうです。

星渉のセミナーはどんなビジネスが学べるの?

星渉さんは、東日本大震災の災害復旧作業をすることで人生を考えるようになり、それまでの会社を退職したあと、まずアスリートを支えるメンタルトレーナーになることを決めます。なぜアスリートを支えるのかというと、彼が中高で野球をしていたことと、心理学が好きだったからだといいます。それでメンタルトレーナーになるための学校に行くようになりました。

しかしトレーナーになってから、なかなかクライアントが見つからず、無収入の時代が10か月間続いたようです。その間色々なセミナーに通い、コーチングや心理カウンセリングなどの様々な資格も取ったそうですが、クライアントの方は相変わらず見つからない状況が続いたそうです。

そんな中、彼はビジネスを教える仕事があること、起業家をプロデュースする人達が存在することを知ります。こっちの方がやりがいがあると思ったのでしょう。そこから星渉さんのサクセスストーリーが始まります。

ビジネスについて星渉さんは、まず自分の事を、誰よりも自分が楽しんでやってるからうまくいっていると言います。あと、よくセルフイメージに関してのコメントをしています。セルフイメージを常に上げていくことに努力を怠らないといいます。

そういったセルフイメージについての話しはセミナーでもやっているのではないでしょうか。「セルフイメージが変わると、選択が変わって行動が変わる、行動が変わるから、現実が変わる」と言います。そういったイメージ力の勉強もセミナーで行うのではないでしょうか。

セミナーに参加した人の声に、そこそこ実績のある人が「もう、これくらいで良い」と思っていたそうですが、星渉さんのセミナーに参加して、その発想の豊かさに自分を恥じたという声もあります。そのコメントでも彼のセミナーでの内容の充実さがわかります

星渉のセミナー後はサポートがあるの?

星渉さんのセミナーでは、参加者へのその後のサポートがあるのでしょうか?その辺はやはり気になるところです。サポートというのは実質なくて、セミナーでよくある何かの商材を買ってもらってうことで、起業するための色々な情報やメソッドなどを得ることができるといったものでしょうか。

彼のHPからセミナーに参加した人の感想がありますが、その中で、それまでの自分の結果が出せなかった理由が明確にわかったと言うコメントがありましたが、このコメントを見る限り、星渉さんのセミナーは少なくとも参加して、話を聞くだけでも充分にそれからのビジネスに大きく生かしていける内容になっているようです。とにかくセミナーを開催して商材を売りたいだけのセミナーではなさそうなところが、とても共感がもてます。

星渉のセミナー情報はどこで調べればいい?

星渉さんのセミナー情報は、彼のHP上で見ることができます。そのHPでは彼のプロフィールはもちろん、彼の著書に関する事や、セミナーの情報ではライブセミナーの動画を見ることもできます。なかなか内容の豊富なHPになっています。また、メルマガに関する事もそのHPに記載されていますから、色々な情報がこのHPだけで分かってしまいます。

まとめ

星渉さんは東日本大震災時に自衛隊の人達と共に人命救助や災害調査をしたことで、それからの人生を大きく転換することになりました。大手損害保険会社を辞めた当初は、何をやってもうまういかず、くじけてしまいそうになったこともあるようです。

ちょうど震災があった当日に、本社の営業トップ部門に異動が決まったのですが、そのポストというのが、出世するポストだと言います。しかも200人位いた同期の中で一番最初にそのポストに就けた星渉さんは、震災後、3か月で会社を辞めることになるのです。東日本大震災の時の人命救助や災害調査で感じた思いの強さがここで、強烈に伝わってきます。

人はやりたいことをするために生まれてきたのだと、そう思ったのでしょう。その思いはあまりに強く、もう前に進むことしかできない状況に自らを追い込みます。その後のアスリートを支えるメンタルトレーナーはクライアントがなかなかつかず苦労します。

彼はその後起業家をプロデュースする仕事を始めます。その時に書いた著書「鈴木さんの成功」が紀伊国屋書店ビジネス書ランキング1位を獲得することができたのです。星渉さんはお客様に愛されて、ビジネスでも成功させている理由に、「私が一番楽しんでやってる」からだと言います。

また「楽しいっていう言葉はとてもシンプルに聞こえて実は奥が深いんです」と言っています。その言葉の裏には楽しくビジネスをすることの重要さを示しているようです。楽しいから続けられて、楽しいから色んなことを吸収できると、そんな風にとらえることも出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です