平秀信さんが手掛ける住宅メーカーエルハウス!その評判は?

「長野県で唯一の子育てハウス」と謳っているエルハウスですが、人生で最も大きな買い物ですから、評判が気になりますよね…!代表取締役社長の平秀信さんの情報や評判と共に、エルハウスの情報もしっかりとご紹介したいと思います。

平 秀信のプロフィール・ルーツを知ろう

この件については、こちらのサイトで、とりあげられてるみたいです。まずは、こちらを読むことを推奨します。
↓↓ こちらをご確認ください ↓↓

平秀信さんは1959年に長崎県で生まれ、現在も長野県茅野市に住んでいます。

職業や資格は・海外トレンド調査隊隊長・NPO法人住宅法律相談室理事長・中央大学法学部通信教育学部学生・一級建築士・一級建築施工管理技師という、様々な経歴をお持ちです。

平成12年に独立し、住宅会社・株式会社エルハウスを立ち上げました。ダイレクト・レスポンス・マーケティングを用いて、創業からわずか3年で年商10億円の住宅販売会社へと成長。その時の社員はたったの10人だけでした!独立後わずか4年半で総売上36億円を達成したことで、数多くのマスコミにも大きく取り上げられました。

また、一部上場企業株式会社ナックと業務提携し「ローコスト住宅研究会」を設立し、全国各地160社が参加して急成長を遂げました。

平成13年には、全国4,200社を超える中小企業が参加する顧客獲得実践会の「社長のアカデミー賞・優秀賞」を受賞し、他にもフォレスト出版の「フォレスト大賞・準大賞」を受賞されました。

神田昌典さんのパートナーコンサルタントに認定され、平秀信さん独自のダイレクト・レスポンス・マーケティングの普及活動を開始します。

平成14年には、著書『凡人の逆襲』を出版し3万部のベストセラーとなりました。

その他にも、『安くていい家』『行列のできるスーパー工務店の秘密』『家づくり革命』など多数の著書を出版されています。

平成15年には、中小企業支援のための活動を本格的に開始するため、株式会社インプロビックを設立しました。

現在は、「千客万来道場・トラの穴」を主宰し、集客に悩む中小企業の支援活動をしているようです。

平 秀信の住宅メーカーの会社名は?

長野県に拠点を置く、平秀信さんが代表取締役社長をしている住宅メーカーは『エルハウス』という会社名です。(【本社】〒391-0013 長野県茅野市宮川1387-9 A-1ビル2F TEL: 0266-71-2410 FAX: 0266-71-2411 【松本支社】〒399-0701 長野県塩尻市広丘吉田3322 リファインドナカムラ1F101号 TEL: 0263-85-4330 FAX: 0263-85-4331)

エルハウスとはどのようなコンセプトの住宅メーカーなのでしょうか?

HPのタイトルには〈長野県で唯一の子育て住宅メーカー〉と書かれています。マイホームを考えるときは環境が変わったり、子供が生まれたり・大きくなったりということが多いですよね。子育て世代には気になるフレーズです。

まずマイホームを考えるときに悩むのが”間取り””コンセプト””価格”などが挙げられるかと思います。何もない状態ではいい家はなかなか作れません。しかし、エルハウスのモデルハウスや見学会に行くことで、これらの悩みを解決してくれる冊子をプレゼントしていただけます。

基本的な情報を仕入れておくことはマイホームを作るうえでとっても大切です!エルハウスの家づくりの特徴は①自由設計・注文住宅で価格が明快②強引な売り込みは一切なし③約束は必ず守ります④現場のすべてを公開する⑤第3者機関によって完全20年保証⑥アフターサービスあり(24時間サポート)など、しっかりとしたルールが設けられています。

「売ったら終わり」そんな住宅メーカーは五万といますが、建てた後でしかわからない…ということで、エルハウスの評判もご紹介していきたいと思います。

平 秀信のエルハウスの評判は?

「営業担当が良い方だった」「建てた後も近くを通った時に挨拶しに来てくれた」「ちょっとした直しは営業マンもできるのですぐに対応してくれた」「安かった」「不景気なので助かった」という評判を見つけました!中にはこれと真逆の評判もありましたが、住宅関係あるあるですね。

マイホームを建てたからよくわかるのですが、【ネットに踊らされない!自分の目で確認する!】ということを体感しました。ネットでは、住宅関係の人同士が悪口を書いていたり、担当の営業マンのアタリが悪かったり…だからこそ、実際に目で見て構造や価格を確かめて、気の合わない営業マンの場合はチェンジしてみることが大切です。

一生付き合うことになる営業マンですから、やっぱり相性の良い人がいいですよね。アフターサービスもしっかりと確認しておくことが大事!家は建て後、いかに良い状態を保てるかということも目標となってきます。エルハウスのように24時間対応してくれるのは嬉しいですね。

まとめ

今回は平秀信さんが代表取締役を務める、住宅メーカーエルハウスについてご紹介させていただきました。マイホームを建てるというのは、人生に1度の大きな買い物です。ローコストといえども数千万かかる買い物ですので、しっかりと自分の目で確かめてみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です