原田流ノウハウを進める原田翔太さんのプロフィールと2chでの評判は

ネット戦略を展開されている原田翔太さんのプロフィールと2chの評判をご紹介します。2chには悪評も確かにありますが、多くの起業家の方が原田さんの手法を学び、そのノウハウを生かして成功されているという現実もあります。

原田 翔太の年齢は?

原田翔太さんは、1984年に東京都武蔵野市に誕生されました。現在34歳です。この30代前半にして、原田さんのビジネスは開花しています。ネット戦略という他の起業家があまり踏み込まない分野で活躍され、そのノウハウが買われ、多くの収入を得られているのです。

原田 翔太のプロフィールは?

原田翔太さんのプロフィールについてご紹介します。まずは、現在の原田さんをご紹介しましょう。ネット戦略を主にした原田さんのビジネスは留まるところを知りません。
・株式会社ユナイテッドリンクスジャパンの代表取締役(「小ちゃな革命」を支援する会社)
・イデアパブリッシング株式会社の取締役社長(全く新しい革命の出版社)
・カフェ運営
・コーヒー豆通販会社経営

原田翔太さんは有名大学を中退され、19歳で特技の英語力を生かし、ネットビジネスの一つ、英語の翻訳家として起業されています。その仕事が順調に進み、22歳で1億円を超える売り上げを達成されました。これが原田さんのネットビジネスの始まりであることはあまり知られていません。

そして、「若手NO.1」と言われるほどに成長されたWEBビジネスでは、国内トップクラスの実績を持ち、2007年、株式会社ウィルゲートで、常務取締役兼マーケティング最高責任者という立場にまで上り詰めます。そこでは、「日本のベストベンチャー100」に選ばれ、業界成長率NO.1企業に成長させられます。

あの有名な「インフォトップ」の立ち上げにも関わられ、プロデュ―サーとしての手腕も発揮されたことでも有名です。このような経験を生かされ、デジタルコンテンツビジネスの指導も行われたのです。また、ビジネス以外の意外な一面として、2013年には、あのビクターからアーティストデビュー、津軽三味線奏者としてもその腕前はすごいです。

では、ここからは原田翔太さんのことを知る上でも重要な著書についてご紹介します。原田さんは、ネットビジネスにおいて「ネット戦略」ということを掲げられていますが、そこには、彼だけにしか書くことのできない戦略が書かれています。

○「使えないノウハウだらけのビジネス書はもう読むな!」

ビジネス書は、世のサラリーマンにとってはなくてはならないものです。しかし、そのビジネス書について原田翔太さんは「多くのビジネス書には、仕事術やコミュニケーション術などについてやり方だけを教えている」という強い思いをこの本で展開されます。まね事でも人生は変わらない、あなたは使えない人間にされているとも言われています。

○ビジネステロリストによる全く新しいビジネス書

原田翔太さんの生きざまを自らが「ビジネステロリスト」という言い方をされ、あからさまに、原田さんのビジネスの結果を前面に出された本です。ネットビジネスのノウハウを知り尽くした原田さんが言う「ノウハウ以上に大切なもの」について書かれた説得力のある一冊になっています。

○人生はやり方を学んでも変えられない!在り方を変えろ!

在り方を変えるとはどういうことなのでしょうか。原田翔太さんは、「現状に不満を感じている人」や「人生の可能性をあきらめたくない人」「自由になりたい人」に読んでもらいたいとおっしゃっています。

原田 翔太の2chでの評判は?

原田翔太さん和佐大輔さんとともに、2chに「講座にはビジネスのことが書かれておらず、自己啓発の講座になっている」という批評を受けておられます。しかし、プロフィールでもご紹介しましたが、英語の翻訳家としての仕事を皮切りにネットビジネスを始められた原田さんは、明らかにビジネスというものを知っておられます。

今、多くのアフィリエータ―やネットショップの経営者が求めておられるものは、ノウハウはある程度確立できているが、売上をどう伸ばしていけばいいかということです。
よりよいノウハウも必要でしょうが、マインドの持ち方についても一人一人の起業家が自覚すべきことがあるのです。そんな原田さんの講座を聞いて、学んで、成功を収められている起業家がたくさんいることをわかりたいと思います。

まとめ

いかがでしょうか。原田翔太さんの2013年は衝撃的だったことでしょう。ビクターからアーティストとしてデビューされたことは、ネットビジネス界においては驚きそのものであったと想像できます。WEBデザイナーやコピーライターとともに、ミュージシャンの顔を持つ原田さんは、まさしくオールマイティーな起業家です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です