原田翔太さんのプロフィールを紹介 彼が通っていた大学など

原田翔太さんの情報商材を買う前に、彼が一体どのような人物なのかを一緒に見ていきましょう。

1. 原田翔太 が行ってた大学は?

原田翔太さんは、上智大学と早稲田大学の二つの大学を中退しています。日本最高峰の2つの私立大学に入学しながらも、卒業せずに独自の道を歩き始めたあたりが、原田翔太さんの特異性を物語っています。そのままレールに沿った人生を歩いていても、ある程度は明るい将来が約束されながらも、リスクの多いネットビジネスに足を踏み入れたのは、相当な覚悟が必要だったと思います。

2. 原田翔太 の経歴は?

原田翔太さんは大学中退後、パソコンを使った起業に乗り出しました。持ち前の英語力を活かし、独立当初は英語翻訳者として独立します。しかし、彼はそのまま英語翻訳者だけで実績を積んでいったわけではありません。

職業に縛られないフリーランスの特性を活かし、原田翔太さんは英語翻訳業のほか、様々なジャンルのネットビジネスを展開していきました。そしてそれぞれの業界で着実に実績を残していったのです。
そして22歳時には、年商1億円越を達成し、ネットビジネス界で一気にその名を広めました。独立当初は「翻訳家」の原田翔太さんでしたが、この頃になると「ネット起業家」としての原田翔太さん有名になっていたのです。
原田翔太さんはビジネス界の若きエースとして、様々な企業の代表を歴任しています。
原田翔太さんの経歴
株式会社ウィルゲート 元常務取締役 CMO
一般社団法人日本情報販売倫理機構 元副理事長
株式会社サンマーク出版顧問
株式会社インフォトップモバイル版統括プロデューサー

現在確認できる原田翔太さんの会社は、エルネストという会社です。この会社は「未来創造」を掲げている会社で、日本のビジネスそのものを飛躍させるという大きな目標を持っております。手掛けている業種は、起業支援事業や人材プロデュース、コンサルティング、クリエイティブ(映像、音楽、Web、グラフィックデザイン、テキスト)制作など、様々です。

2017年に設立したばかりの非常に若い会社ですが、既に実績をたくさん残しており、インターネット、サプリメント、士業、アパレルなど様々な企業のクライアントを抱えています。
その業種は優に200種を越え、日本に現存する業種のほぼ全てを網羅していると言えます。以下が株式会社エルネストのURLです。
http://elnest.co.jp/about/

原田翔太さんは個人でもセミナーやメルマガも積極的に行っており、ネットビジネスのノウハウを多くの企業、個人に教えています。彼のセミナーやメルマガの評価は賛否両論ありますが、結局自分がそのノウハウを生かしてどこまで努力できるかによるのでしょう。

原田翔太さんはビジネスセミナーやメルマガに注目が集まっていますが、彼は自分の職業を、革命家・起業家・マーケター・作家・講演家・ウェブディレクターと言っています。
原田翔太さんはインターネット上でつまりマルチに活躍されているひとなのです。原田翔太さんの考え方によると、これからのビジネスは1つの業種にに縛られるものではなく、1人で様々な業種をこなしていくべきだと述べています。
そのこともあり、原田翔太さんは、自分の仕事を1つの原田翔太の職業と位置づけています。原田翔太さんの職業はマルチというより、ボーダレスと言った方が相応しいかもしれません。

3. 原田翔太 はどんな人物?

原田翔太さんは早稲田大学と上智大学という超エリート大学に入りながらも、いずれの大学も中退しています。
この事実からも、リスクを恐れず常に前進しつづける彼の気質が見られます。普通の人ならば、受験戦争を勝ち進み、日本の超一流大学に入ったのであれば、このままレールに沿って人生を歩んでいこうと考えますが、原田翔太さんはそうではありませんでした。
「せめて大学を卒業してからでも遅くなかったのでは」という意見もありますが、ビジネスに機運が見えると即行動に移す彼だからこそ今の成功があるのだと思います。
しかし、ネットビジネス業界人は有名になれば、かならずネット上で悪い噂が広まります。これは原田翔太さんも例外ではありませんでした。
原田翔太さんは「詐欺師だ」という記事がネット上に多く出回り、少なからず彼のビジネスに影響を与えています。
著名人の悪評は非常にPV数を稼ぎやすく、実際に彼と関わったことが無い人もネット上では言いたい放題書いています。さらに原田翔太さんを踏み台にして自分のビジネスの方に惹き込む同業者も多く存在します。
特にネットビジネス業界人の場合、その性質上「胡散臭さ」が最初から付き纏ってしまうものなので、誰もその記事の真偽を問おうとはしません。
しかし、彼の悪い評判は他のどの著名人にも使える曖昧な文面ばかりで、どのあたりが「詐欺師」なのか明確に証明できている人がいません。
むしろ、彼に対する良い評判の方がより具体的で信ぴょう性があります。原田翔太さんがどのような人物かを語るには、実際に彼のセミナーに行き、客観的に彼を見る必要があります。

まとめ

ネットビジネスで成功した人の中には、どん底の現状を打破するために、ネットビジネスに賭けたという人が多いです。しかし、それは捨てる物が何もないからこそ足を踏み出すことができたとも言えます。
原田翔太さんの場合は、捨てる物ががあまりにも大き過ぎました。早稲田大学と上智大学をそのまま卒業していても、それなりの明るい人生が待っていたと思います。
それらを全て捨ててまで、ネットビジネスという不透明な業界に足を踏み入れるのは相当な覚悟が必要だったと思います。
もっている者を全て捨てて、起業に乗り出した彼のビジネスマインドからは学ぶ物ば多いのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です