原田翔太さんは現在どんなビジネスをしているの?

原田翔太さんは現在若手の起業家さんの中では注目される存在になりつつあります。経営者としても起業家としても著者としても一流以上の腕前を持ち、その道の大御所さんからも物凄い評価をうけるほどです。

しかし、まだまだ世の中にはあまり彼が何をしているのか、そして何をしてきたのか、現在はどのような状況なのかについて知っている人はあまりいません。さて、この記事では原田翔太さんが現在どのようなことをやっているのかについて焦点を当てながら、彼のビジネスを紹介していきたいと思います。

この記事を読んで、原田翔太さんに対する正しい認識を持ちましょう。

原田翔太さんのプロフィール

この件については、こちらのサイトで、とりあげられてるみたいです。まずは、こちらを読むことを推奨します。
↓↓ こちらをご確認ください ↓↓

それではまず、彼のプロフィールからご紹介していきたいと思います。

原田翔太さんは1984年3月、この世に生を受けました。計算すると、現在の年齢は33歳というわけです。まだまだ起業家としては若手の部類であり、これから先の成長も期待できるかと思います。それにしても、こんなに若いのに既に人並み以上の成功を収めているということはすごいですよね。素直に脱帽してしまいます。

原田翔太さんは上智大学文学部と早稲田大学第二文学部という二つの大学に行っていました。ところが、このエリートコースをあえて中退します。その後は様々な経歴を経て、株式会社ユナイテッドリンクスジャパンを経営している代表取締役となります。その会社で現在しているビジネスについては後述させていただきます。

現在ではその会社でしていることの他に著者としての一面も持ち合わせています。著書の中にはアマゾンのKindleに乗せられているものもあります。例えば、おすすめは「22歳の大学生が1億円稼いだ ありえないマーケティング」という本。こちらの本はなんとたったの1620円。中古であればもっともっと安く購入することが可能です。

19歳で起業し、22歳で1億円以上を売り上げ、24歳の今3つの会社を経営しながら、さらに大きく飛躍しようとしている現役早大生の原田翔太さんが自ら体得した独自のマーケティング手法で切り開いてきた実践の方法をすべて書き下ろしています。

ここで書かれていることは全て色んなビジネスで使うことができるでしょう。若者と言うと、時間と若さ以外は何も持っていないというイメージがあるかと思います。実際に原田翔太さんもそうでした。

しかし、何も持たないはずの原田翔太さんには単身で1億円を稼ぎ出し、わずか4年の間に社員40名を抱える経営者になるまでに培ってきたビジネス戦略があるのです。その戦略をこの本では紹介すると共に、なぜ成功したのかを解き明かしてもくれます。

あの伝説のマーケッター神田昌典氏が、「10年前の私が、もし今マーケティングの本を書くならば、こうなる」と本書について語り、「虚飾ではなく、ついに20代から本物のマーケッターが生まれる時代になった・・・」と著者を手放しで高評価するほどの名著です。

原田翔太は現在どんな仕事をしているの?

まずはユナイテッドリンクスジャパンという会社の説明からしていきましょう。この会社は経営のコンサルティングをアドバイスする会社で、主にネットを使った戦略を様々な企業に伝授されています。ネットが最重要視されるような昨今では最も需要の上がってきている産業と言えるでしょう。

他にも、エルネストという会社も起ち上げました。この会社では何をしているのかというと、「未来創造」というテーマを一つ掲げています。その未来というのは個人から果ては日本という幅広い未来をさし、物事を飛躍的に進歩させたいという目標を持っているのです。

手掛けている業種は、起業支援事業や人材プロデュース、コンサルティング、クリエイティブ(映像、音楽、Web、グラフィックデザイン、テキスト)制作など、様々です。一説によると、取り扱っている業種はこれ以外にも様々であり、その数は普通に200を超えるそうです。200といえば、日本にある全ての業種を合わせたくらいの数なのではないでしょうか。

原田翔太の現在にまつわる悪質なうそ

さて、「原田翔太さんの現在」とネットで調べると、悪質な偽情報があったので報告させていただきます。それは彼が逮捕されたという情報、罪状は詐欺らしいです。しかし、この情報はまったくの嘘。

そもそも逮捕された人が今でもビジネスなんかをやっていけるわけがありませんよね。このように、原田翔太さんのみならず、様々な起業家さんは誹謗中傷やあられもない嘘がよく書き込まれたりしており、最終的にはそれが真実として世間にまかり通ってしまったりすることもあります。もしも原田翔太さんを調べる時はしっかりと情報を取捨選択するようにしてくださいね。

原田翔太のビジネスの経歴を教えて

昔、彼が持っていた肩書は以下の通りです。

株式会社ウィルゲート 元常務取締役 CMO
一般社団法人日本情報販売倫理機構 元副理事長
株式会社サンマーク出版顧問
株式会社インフォトップモバイル版統括プロデューサー

これほど多くの仕事をこなしている彼はまさに超人と言っても差し支えはないのではないでしょうか。一体自分の時間のどれくらいをお仕事に使っていて、一体どれほどの年収を稼いでいたのでしょうか?

彼の始まりは19歳での起業でした。その起業をきっかけにして、上智大学と早稲田大学という二つのエリート大学を中退して自分の信じるビジネスの世界にのめり込むこととなりました。

ネットワークビジネスの成功者は、エリートコースという安定した道がありながら、あえて違う道をいくという方が多いです。っというか、ほとんどそういう人ばかりなのではないでしょうか?原田翔太さんもそのうちの一人ですが、さすがに早稲田大学と上智大学を中退するほどすごい人は中々いませんね。

中退後は得意だった英語を活かして、パソコン一台で英語翻訳者として起業します。当時、英語力の向上が見直されていた時代だけあり、その会社で実績を残します。しかし、彼自身、英語が得意ということだけであり、決して英語翻訳者としてこれまで活動していたわけではありませんでした。まさに0からのスタートです。

そこから様々なジャンルのウェブサービスを運営し、22歳で年商1億円超えという天才的な経営能力を発揮されています。その天性の才能は今でも尚、彼を突き動かし、力になっているというわけです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?原田翔太さんのことについてわかっていただけましたか?
このように彼は今も昔もずっと挑戦を辞めずに稼いでいる方なのです。ネットビジネスをしている人の中には捨て身の特攻をしかけてビジネスで成功をする人が数多くいます。

しかし、原田翔太さんが捨てた物というのは大きく、早稲田大学と上智大学、二つのエリート大学卒業という肩書を得られる権利を捨ててしまったのです。しかし、それを捨てたからこそ、今の成功があるのかもしれませんね。

さぁ、今ビジネスをはじめようかどうか迷っているみなさんもこれを機に一歩前に踏み出してみてはいかがでしょうか!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です