若干22歳で1億を稼いだ原田翔太さんのその後は

22歳という若さで年収を1億円超えるようになったことで名を馳せた原田翔太さんは、その後ユナイテッドリンクスジャパン、創英社株式会社、エルネスト株式会社といった会社を経営するまでに成長します。その会社は今どんなことをしているのか、彼の評判はどうなのかを見ていきます。

原田翔太は会社の社長なの?

原田翔太さんは1984年の3月生まれですから、33歳ということになります。彼は上智大学文学部、早稲田大学第二文学部を中退している異色な人物です。彼は大学を中退後、英語の翻訳などをしながら数年後には、年収を1億円を超えるようになっています。そうして株式会社ユナイテッドリンクスジャパンという会社の経営者となります。原田翔太さんは22歳で1億円を稼いだことであまりにも有名で、その頃ネット界の風雲児と呼ばれました。

畑岡さんとの対談動画での話しの中で原田翔太さんが今、ゼロから100万円を稼ぎだすとしたらどうするのか?という問いに対して、彼は答えました。人脈も金もゼロだったとしても月に200万円は簡単に稼げると。それを聞いてしまったあくせく働いても、月に手取りで20万円もいかない若者はどう思ったでしょうか?資金も人脈もなくて簡単に月に200万稼げるのに自分は何をやっているんだと。きっとそう思うに違いありません。

原田翔太さんは株式会社ユナイテッドリンクスジャパンの経営の他にも、創英社株式会社、エルネスト株式会社といった会社の経営者でもあります。それぞれどんな仕事をする会社なのか、収益はどれくらい上げているのかといったことは、詳しくは分かっていません。ただ株式会社ユナイテッドリンクスジャパンの方は、「ちっちゃな革命を支援する会社」というキャッチフレーズで、変革を起こすような経営を支援しアドバイスするコンサルタント会社だということです。

それから原田翔太さんのTwitterでは日々発信しているようです。その名を「1ミリでいい、セカイを動かそう」で、冒頭に非属の人たちでセカイに小さい革命を多発的に起こす人へのプロデュースする会社の経営といった言葉を使っています。非属とは、どこにも属さないという意味でしょうし、それをテーマにして1ミリでも世の中を変えていきたいというコンセプトなのでしょう。

そこでは彼の本音が淡々と語られているような印象です。やはり頭のいい人だなという感じは否めず、正直なところ置いていかれないようにするのが大変だなと、思ってしまいます。

原田翔太の会社の事業内容は?

原田翔太さんのの経営する会社はユナイテッドリンクスジャパン、創英社株式会社、エルネスト株式会社などです。アーティストでもあり作詞、作曲、ジャンルはロック、Jポップという多彩な人でもあります。またナポリ料理の研究家でもあり、料理研究家フードコーディネーターの肩書もあります。

中でも一番古くからの経営会社である株式会社ユナイテッドリンクスジャパンではちっちゃな革命を支援する会社というキャッチフレーズで、変革を起こすための経営アドバイスをするコンサルティング会社として運営しているようです。

その運営はWEBを中心にして事業を展開していて、事業の再生を行うのが得意ということです。その他の創英社株式会社、エルネスト株式会社に関しては、詳しい事業内容は残念ながら分かっていなませんし、それぞれの年商等も公開していないようです。

原田翔太は何をしているの?

原田翔太さんは、大学を中退してから英語の翻訳をしながら、ネット事業で1億円を超える収益を得たことで有名になりました。その後彼はユナイテッドリンクスジャパンという会社を経営していますし、その他でも創英社株式会社、エルネスト株式会社といった会社の経営者でもあります。

しかしそれぞれの会社がどれくらいの利益を上げているかということは明確にされていません。彼は著者としても有名で、2008年に出版した「22歳の大学生が1億円稼いだありえないマーケティング」を始めに、出会いの教科書」「モバイルSEO勝者のバイブル」「勉強のルール」「不純な動機ではじよう」等次々と出版してきました。電子書籍でも出版しているものがあります。どれもタイトルを見るだけで読みたくなるものばかりです。

また、原田翔太さんのメルマガは無料で誰でも読むことができます。このメルマガは2005年から発行しているということですから創刊13年近くになるということです。それだけの期間で発行し続けるのはすごいことでしょう。原田翔太さんの読者は累計60万人以上もいるそうですから、それだけでも大したものだと言えます。

メルマガの内容はネットビジネスで必要なノウハウやヒントになる事が満載だということです。このメルマガは「好き」を仕事にするというコンセプトで、これからネットビジネスの起業を考えている人から、リアルビジネスに関しても為になる内容が多く読むことができるものです。もちろん無料でもありますから、気になる人はぜひ読んでみることをおすすめします。

原田翔太の評判を教えて!

22歳にして年収1億円超えを達成して有名になった原田翔太さんの評判は、どうでしょうか?彼のメルマガは無料で誰でも読めるのですが、そのメルマガの累計読者は60万人以上もいます。少なくてもそれだけの数の人が、原田翔太さんを支持しているということでしょう。

彼のメルマガの内容にしてもネットビジネスでのノウハウや、ヒントになることが満載といいますから、彼らにとっては原田翔太さんは、常に新しい変革へのヒントを得ることができる存在なのでしょう。ただ、そう言っても悪い評判が一切ないわけではありません。成功者には必ず叩く人の存在はしかたないと言えるのですが、やはり悪い評価があるのは事実です。

それは長倉顕太さんと組んだ「トップフィクサー養成プロジェクト」や和佐大輔さんと組んだ情報商材である「反逆の神話」に関するものが多いようです。それらは内容が抽象的な自己啓発的なものだといった批判が多かったようです。

しかし一見抽象的な内容に多くのヒントが隠されていたりすると思われるし、では具体的にこうしたら稼げるといった詳細な内容だと、個々人のビジネススタイルに添わないこともあるでしょう。最終的には自分で稼ぐためのノウハウを、どうやってつかむかという、感性の問題もあるのかもしれません。

まとめ

原田翔太さんは上智大学文学部、早稲田大学第二文学部を中退して、英語の翻訳などをしながら22歳の時にネットビジネスで1億円を超える年収にまでなったことで有名です。そんな彼はその後、株式会社ユナイテッドリンクスジャパンの経営や創英社株式会社、エルネスト株式会社といった会社を興したりしています。

また、彼自身がミュージシャンでもあり作詞作曲も手がけていますし、更にはナポリ料理の研究家として、料理研究家フードコーディネーターの肩書をもってもいます。これだけをみても彼には元々何かに縛られることなく生きていくために必要なものを、既にもって生まれたかのような人物だといえそうです。ですから他のネットビジネスで成功した人達が、お金を稼ぐ事への情熱がすごいのに対して、原田翔太さんは淡々と自分の好きな道を選んでいるといた印象を受けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です