原田翔太はどんな書籍を書いた?どんな人物なの?

原田翔太氏の実績は本物です。10代の頃すでに1億円を稼いでおり、その頃からビジネスの本質を理解していました。そんなビジネスの天才ともいえる原田翔太氏、彼は実際にどんな人物なのでしょうか?ネットビジネスに従事している方であれば、原田翔太氏の名前を知らない人はいません。

今回改めて原田翔太氏の人物像、また経歴などを見ていこうと思います。原田翔太氏が出版した書籍もまとめてみました。

原田 翔太はプロフィールは?

この件については、こちらのサイトで、とりあげられてるみたいです。まずは、こちらを読むことを推奨します。
↓↓ こちらをご確認ください ↓↓

原田翔太さんは1984年の3月に東京都で生まれました。まだ30代前半の若い起業家ですね。

現在の職業は経営者であり、ビジネステロリストと自称しています。ビジネステロリストというと言い方は悪いですが、インターネットビジネスの業界に革命を起こすといった意味のようですね。

株式会社ユナイテッドリンクスという会社の代表取締役社長で、この会社以外にもいくつかの会社を経営しています。原田翔太氏が、どういった経歴を持って今の彼を手に入れることができたのかを見ていきましょう。

彼は早稲田大学に入学するものの、中退しているようですね。しかし、早稲田大学に合格するくらいですから学力は高かったことは理解できます。しかも原田翔太氏の特技は英語です。学力が高いといっても、英語が特技になるとは、相当な勉強をしてきたのでしょうか?優秀な人物だったのですね。

大学中退後は、その特技の英語を活かし英語翻訳者として独立するのです。いくら特技だからといって、いきなりの独立には頭が下がります。若い頃から行動力の高い人だったのでしょう。普通ならある程度成功してから独立をするものですが、始めから自分をそこまで追い込むとはなかなかできることではありません。

そして数年後にはインターネットビジネスの世界に足を踏み入れ、22歳という若さで1億円の売上を上げることに成功します。簡単な経歴ではありますが、かなり大きな功績を残していますね。20代前半で1億円の売上を上げれる人物が日本に何人くらいいるでしょうか?おそらく数えるほどしかいないのではないでしょうか?

それからも順調に売り上げと利益を上げ続け、現在では自分が稼ぐ側ではなく、稼ぎたいと考える経営者の方に向けてコンサルティング業務を行っています。このコンサルティングにも定評があり、会社の業績を大きく伸ばす経営者が続出しています。

原田 翔太はどんな人?

原田翔太氏といえば、やはりその若さで想像もできないくらいの実績を残しているということでしょう。彼の残しているインターネットビジネスでの実績は、トップレベルにあるようで、周囲からは若手では原田翔太氏がナンバーワンのコンサルタントと言わしめているようです。ビジネスセンスに溢れている青年であり、インターネットマーケティングを知り尽くしているといっても過言ではありません。

そんな彼のインターネットビジネスのスタートは携帯アフィリエイトだったと聞いています。そこからコツコツと結果を出し続け今の成功をおさめたのです。楽して成功しているように見えますが、実は苦労人なんです。

また自身が行ってきたビジネスでの功績だけではなく、2007年には株式会社ウィルゲートに資本出資をして常務取締役兼最高マーケティング責任者として活躍をして株式会社ウィルゲートを日本のベストベンチャー100に選出させるのです。そして2012年まで活躍を続け、大幅な業績アップに貢献するのです。

またインターネットビジネスにおいてインフォトップを知らない方はいないでしょう。原田翔太氏はこのインフォトップの立ち上げにも深く関わっており、ある意味、インターネットビジネスの現在の基盤を作った人物であるともいえます。日本インターネットアントレプレナーの副理事に就任して、インフォプレナーの道筋も作り上げました。

原田 翔太は書籍を書いている

原田翔太氏が今までに書いてきた書籍は全部で7冊です。どれも評価が高い本となっていて、発売当初は大人気でした。現在では少々古臭くなっているものの、未だに彼の本を愛読するファンも多く、たくさんの人の原動力ともなっています。

書籍だけではなく、情報商材なども販売しており今ままでに彼が間接的に影響を与えてきた人というのは数えきれませんね。最近はめっきり本の出版は減ったものの、様々な媒体から情報発信を続けているようです。もし原田翔太氏の本を手に入れたい場合は、アマゾンで簡単に購入できるので手に入れてみてはいかがですか?

まとめ

若い頃から現在まで継続的に実績を上げ続けることができるというのは、本物の起業家である証拠です。彼自身も彼が経営する会社もこれからどんどん発展していくのでしょう。原田翔太氏の未来にも期待ができますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です