芸能人を起用した広告に注意!副業THE HANABI PROJECT!とは?

芸能人を起用した広告に注意!副業THE HANABI PROJECT!とは?

最近は、AIなどの人工知能が大きな注目を集めていますね。ビッグデータを収集・分析・解析していくことで、高度な情報を入手できると多くの業界で話題を集めているのです。
株式投資も、その1つで副業として人気を集めています。近頃は自動注文の株式投資が増えています。投資のアプリケーションも多く出てきていますね。

「本業の収入だけではなくて、副収入が欲しい…」「副業をする時間がない…」という悩みを抱えている人が、検討するのが株式投資ではないでしょうか?
株式投資は、初期投資が必要ですが、お金を預けて運用がうまくいくと、お金を自動的に増やすことができます。
労働力をかけることなく、お金を増やせることは、とても嬉しいことですよね。実際に多くのサラリーマンが株式投資を始めています。

「興味はあるけれど、株式投資を始めてみたいけれど、どこの企業に投資をしていいのかわからない…」という悩みを抱えている人もいるでしょう。
そんなときに、AI搭載の自動資産運用を利用することで効率的に資産を増やすことができるのです。とても魅力的ですよね。しかし、本当に安全に利用することができるのでしょうか?
ここでは「THE HANABI PROJECT!」を題材として取引の安全性を検証していきます。

最新投資システムで賢く稼ぐ副業!夢のTHE HANABI PROJECT!

この件については、こちらのサイトで、とりあげられてるみたいです。まずは、こちらを読むことを推奨します。
↓↓ こちらをご確認ください ↓↓

近頃は、AI搭載の自動資産運用アプリケーションが登場しています。THE HANABI PROJECTも似たようなサービスで副業を始めたい人から注目を集めているのです。有名な投資家に資金を預けて運用してもらい、資産運用していくサービス。「リアルトレードコンテスト」で入賞経験もある腕のある投資家が、開発した運用ツールを利用することができます。このツールを利用することで、莫大なお金を手に入れることができるのです。

THE HANABI PROJECT!で、どれぐらい稼ぐことができるのか?

 

THE HANABI PROJECT!は、広告上では、35%で複利運用できると記載されています。
この計算では、10万円を資産運用すると30日後には約8億円稼ぎだすことができますね。35%で複利運用できるなら、THE HANABI PROJECT!などのサイトを運用せずに、自分自身で稼ぎ出すほうが効率よいでしょう。だから、THE HANABI PROJECT!はとても怪しいプロジェクトであるといえるのです。

元オリンピック選手の成田童夢も関与しているTHE HANABI PROJECT!

THE HANABI PROJECT!でインタビュアーとして活躍しているのは、トリノオリンピックで活躍をした成田童夢さんです。
成田童夢さんは、元オリンピック代表選手として、タレント活動をしている傍らで、芸能事務所を設立しています。現在は、さまざまな芸能活動をしています。THE HANABI PROJECT!でも、毎回インタビュアーとして登場しています。THE HANABI PROJECT!が、はじまる前にも2つの同じプロジェクトがありました。

2018年2月に開催「THE TIME PROJECT」
2018年5月に開催「ALLIANCE」

どれも成田童夢さんが、インタビュアーとして登場した投資商材です。しかし、大きく稼げたという情報はありません。
資産がまったく増えることなく、詐欺であると言われているプロジェクトです。この2つのプロジェクトに関しては、多くの人が返金を求めていますが被害が拡大しています。

 

THE HANABI PROJECTで毎日稼げる副業ではないワケ!

副業として、THE HANABI PROJECTをはじめたけれど、毎日稼ぐことができないと、悩んでいる人は多くいると思います。最近になって、THE HANABI PROJECTでは、稼ぐことができない事実が判明しました。

THE HANABI PROJECTの花火氏は有名投資家ではない

THE HANABI PROJECT!で登場をしていた花火氏と「リアルトレードコンテスト」で入賞実績のある花火氏とは、まったく別人であることが判明しました。THE HANABI PROJECT!に記載されていた内容は真っ赤な嘘だったのです。2018年9月には、TOCOM公式サイトで「リアルトレードコンテストで、入賞した人を悪用した詐欺事件が多発している」として注意喚起がされています。

このような嘘を見抜く方法はあるのか?

THE HANABI PROJECT!で、花火を名乗る人が偽りの人物であることはわかりましたね。詐欺サイトのプロフィールで良くあるのが、社名やグループ名を公開しないことです。今回の場合は、東京商品取引所から認められた投資家で約100億円以上の運用実績を持っていると記載されています。しかし、所属している会社名などは一切書かれていません。

また、会社概要に記載されている「株式会社リアージュ」の所在地は、レンタルオフィスになっているのです。100億円の資産を動かしている人が、レンタルオフィスを借りるなんて、おかしな話です。会社概要を良く調べていき、少しでもおかしな場所があれば、取引をしないようにしましょう。

有名人が掲載されていても、簡単に信じるのはNG!

 

有名人がアピールしている商品は、さまざまなものがあります。女優やモデルさんが利用している化粧品などの広告は非常に多いです。憧れの有名人が出ていても、簡単に信用するのは辞めましょう。THE HANABI PROJECT!以外でもあります。

ここでは、人気有名人を起用した詐欺について軽く触れたいと思います。

詳しい事例はこちら

・ペニーオークション

とても人気のあったグラビアアイドルの「ほしのあきさん」も休業にもなったペニーオークション。
入札しても商品が届かないという詐欺が発生したオークションサイトです。人気アイドルなどが関与していたことから、多くの入札がありましたが、入札に必要な手数料だけ騙し取られていた詐欺事件です。ペニーオークションを運営していた経営者や役員らは逮捕されました。

・SPINDLE

仮想通貨が話題になったときに、注目を集めたものが「SPINDLE」です。芸能人のGacktさんを起用した仮想通貨でした。
「Gacktが仮想通貨ビジネスに参入」という広告で話題を集めた仮想通貨です。しかし、この仮想通貨は無価値の仮想通貨でした。この仮想通貨に投資をした人は、大きな損害を受けたのです。

・ロイヤルフーズ

小林幸子さんが、広告塔になっていたロイヤルフーズも出資金詐欺として逮捕されました。
同社は、ワイン事業を展開するとして小林幸子さんを広告塔に利用してパーティーなどを行い、パーティー参加者に出資金を募っていました。
約1千人から60億円の資金を集めていたようですが、新規事業が起ち上げられることはありませんでした。被害者の多くが70代の方で、資金的に余裕のある高齢者をターゲットとした詐欺です。

 

芸能人を起用した広告には、疑いの目を持とう

芸能人を利用している広告は、疑いの目を向けましょう。憧れの芸能人が宣伝していれば、試してみたくなるものです。しかし、芸能人は広告宣伝費の報酬を受けるために商品をアピールしているだけであって、実際に利用しているとは限りません。また、商品に自信がないからこそ、「有名人を起用して大きな話題を集めたい!」という企業の戦略も込められているでしょう。

芸能人を起用した広告の場合は、憧れる気持ちもわかりますが、広告を出している会社の情報を良く見て「信頼できるのか?」見極めることが大切です。

 

THE HANABI PROJECT!が参考!副業詐欺だった場合の対応方法

THE HANABI PROJECT!に騙された場合は、心を落ち着けて次のように対応していきましょう。

運営会社に問い合わせをする

THE HANABI PROJECT!の場合は、運営会社の株式会社リアージュに問い合わせてみましょう。電話やメールなど、さまざまな連絡手段がありますが、連絡の履歴は保存しておくことが大切です。詐欺を訴えるには、証拠が必要になってきます。だから、相手に電話をかけるときは電話内容を録音しておき、メールを送る場合は送信・受信メールを保存しておきましょう。「いざ!」というときに、とても役にたちます。

消費生活センターに問い合わせをする

運営会社に連絡をかけてみて、解決できそうもない場合は、消費生活センターに連絡をしてみましょう。THE HANABI PROJECT!みたいに通信販売でトラブルが発生した場合は、消費生活センターに問い合わせをしてみましょう。消費生活センターが、あなたの代わりに業者に連絡をかけて対応してくれます。

また、必要であれば相談場所を教えてくれます。どこに連絡をしていいのか悩んだ際は、消費生活センターにまずは相談をしてみましょう。どのように行動をしていけばいいのか、アドバイスをもらうことができます。

弁護士に相談をする

お金を取り戻したいと考えている場合や、傷ついた気持ちが納得するまで相手と向き合いたいと考える場合は弁護士に相談をしてみましょう。しかし、弁護士費用は高額です。相談内容にもよりますが、数十万円の費用が発生します。お金を騙し取られてしまったのに、更に弁護士費用を支払うのは家計を圧迫するでしょう。それでも、相手をこらしめたいと考えている場合は、弁護士に相談してみましょう。

弁護士は専門家ですが、得意分野がそれぞれあります。多くの詐欺事件に携わったことのある弁護士を探して相談をしてみましょう。また、弁護士の中には最初の相談は無料で実施している弁護士もいます。費用が気になる方は、そのようなサービスを実施している弁護士事務所を探しましょう。

所得が一定以下の場合は、法テラスの利用もオススメ

所得が一定以下の場合は、「法テラス」に相談するのもオススメです。法テラスは条件が当てはまる方であれば、無料で弁護士に相談することができます。自分の収入が低いと感じる方は、法テラスの無料サービスが利用できないかを確認してみましょう。

警察に被害届を出す

被害が出たら、警察に被害届を出しましょう。運営会社側にも「警察に被害届けを出した」と事件の解決に向けて、動いていることを伝えてみてもよいでしょう。警察に捕まると焦るものです。「お金を返金する代わりに被害届を取り下げてほしい…」と交渉があるかもしれません。その際は、お金が戻ってきたことを確かめてから、取り下げるようにしましょう。被害届は、1度取り下げてしまうと再度出すことは難しいのです。被害届の取り下げは慎重に行いましょう。

 

騙してきた相手を訴えるには「集団訴訟」がオススメの理由

インターネットで利用者を募っている悪質詐欺の被害にあった場合は、1人で悩まずに「集団訴訟」を検討してみましょう。集団訴訟には、さまざまなメリットがあります。

自分1人だけが、被害にあった訳ではないという安心感を得られる

詐欺被害の苦しみは、相手に騙されたことや自分の愚かさを感じてしまうことです。
「家族が一生懸命働いて、稼いでくれたお金を取られてしまった…」
「自分の過ちで、家族に心配をかけてしまった…」
など生真面目な人ほど、自分のミスを責めてしまいます。1人で抱え込んで、苦しんでしまう人もいます。

しかし、THE HANABI PROJECT!みたいにインターネットで多くの人に告知をしている場合は、絶対に被害にあった人は、あなただけではありません。同じように被害を受けた人に出会うことによって、憤りや悲しみの気持ちを抑えることができます。共感できる人が集まることで、心の傷が癒えていきます。

 

少額の資金で、騙してきた相手に対して訴訟を起こせる

騙されて相手が許せないと思った場合、弁護士を雇って民事裁判を起こしたいと考える人はいるでしょう。しかし、弁護士費用や裁判費用は高額です。案件内容にもよりますが、数十万円かかることもあります。すでに、お金を騙し取られている状態で、更にお金を出すことは、経済的に圧迫してしまいます。

だから、多くの人が騙された後に泣き寝入りしてしまうのです。しかし、集団訴訟を起こせば、1人あたりの出費を抑えることができます。数千円を出し合うことで、騙してきた相手と裁判を通じて向き合うことができるのです。

 

まとめ

THE HANABI PROJECT!のように、芸能人を起用した広告には注意をしましょう。とくに、高額のお金が動く場合は、サイトを疑うべきです。芸能人を起用した広告に触れた場合は、憧れに近い感情を抱き、その商品を手にしたいと思ってしまいます。しかし、芸能人は広告塔の報酬を得ているわけで、実際に商品を利用していないケースもあるのです。商品を販売している会社を調べて、安心して取引することができるのかを見極めましょう。

今回のケースのように、嘘偽りを書いてお金を盗む悪質な業者もいます。このような被害に遭遇すると非常に悔しいものです。納得するまで相手と向き合いたいと考える人もいるでしょう。そのときに、オススメな手段が「集団訴訟」です。たくさんの人と弁護士費用や訴訟するための費用を折半することで、負担は少なく、訴訟を起こすことができます。騙されて泣き寝入りするのではなくて、みんなで力を合わせて戦いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です