レバレッジ取引ができるおすすめの仮想通貨取引所は?おすすめ4選

「仮想通貨の取引所でレバレッジ取引がしたい!」

「レバレッジ取引で、一攫千金を目指したい!」

そうお悩みではありませんか?

そんな方にはレバレッジ取引がおすすめです。

レバレッジ取引をすることで、元手の金額以上の取引を行うことができます。

そのため、元手が小額でもハイリターンの可能性がある取引方法です。

とはいえ、レバレッジ取引ができる取引所はどんなところがあるのかわからないですよね。

そこでこの記事では、

  • レバレッジ取引とは
  • 仮想通貨のレバレッジ取引の注意点
  • 仮想通貨のレバレッジ取引にオススメの取引所○選
  • レバレッジ取引ができる仮想通貨取引所の比較一覧

についてお伝えしたいと思います。

この記事を読めば、仮想通貨のレバレッジ取引ができる取引所でおすすめはどこか、簡単に理解することができますよ。

では早速見ていきましょう。

1.レバレッジ取引とは

この件については、こちらのサイトで、とりあげられてるみたいです。まずは、こちらを読むことを推奨します。
↓↓ こちらをご確認ください ↓↓

レバレッジ取引とは、少額の資金を元手にしてそれ以上の金額の取引を行うことができる取引方法です。

そのため仮想通貨に大きな金額を投入して取引ができることが特徴です。

レバレッジ取引には、大まかに3種類の方法があります。

それが、

  • FX取引
  • 先物取引
  • 信用取引

です。

レバレッジをかけることができるという点では、一緒ですが、その性質はそれぞれでかなり異なりますので、それぞれの特徴を理解しましょう。

FX取引

FX取引とは、FX業者が保有している資金を使って売買をかける取引方法です。

取引をしている本人ではなく、FX業者の資産から取引を行うことで差金決済という決済方法になることが特徴です。

差金決済とは、購入したときの金額と、売却したときの差額分だけ利益のやり取りをするという方法です。

FXではない取引で、仮想通貨を100万円分最初に購入してから、10万円値上がりしてから売却した場合、

  1. 本人が仮想通貨を100万円で購入する
  2. 仮想通貨を110万円で売却する

という流れになりますが

FX取引の場合、

  1. FX業者が本人の代わりに100万円分の仮想通貨を購入する
  2. FX業者が本人に代わって110万円で売却する
  3. FX業者がその差額で得た利益10万円分を本人に渡す

という流れにあっています。

FX業者がお金を貸しているわけではないため、返済期限がないことが特徴です。

そのため、いつまでも保有することができます。

ただし、手数料がかかるため、長期保有をするのはおすすめできません。

信用取引

信用取引の場合、仮想通貨を取引業者などから融資を受けることで、取引を行います。

そのため、返済期限がある場合があることが特徴です。

返済期限に再度借り入れることで、取引そのものを継続させることができますが、もし元手が足りなくなった場合は、その時点で取引が終了します。

先物取引

先物取引は、指定した期日に金額を指定して取引を行う方法です。

例えば、1ヶ月後にビットコインを1BTC購入するとします。

そのときのビットコインの値段が100万円だった場合、1ヶ月後にその値段でビットコインを購入することができます。

ですので、ビットコインの金額が120万円に値上がっても、100万円で購入することが可能です。

逆に値段が下がって80万円になった場合でも、BTCを100万円で購入することになります。

ですので、限月という期日が来たら取引が終了します。

2. 仮想通貨のレバレッジ取引の注意点

レバレッジ取引は仮想通貨が値上がりした場合、大きく利益をあげることができる取引方法です。
ですが、レバレッジ取引を行う場合は、損失が出た場合の金額も大きくなりやすいことには注意しましょう。

仮想通貨FXは証拠金以上のお金支払わなくて済む制度を採用しているところも少なくありません。
FX取引の場合は、追証があるのかないのかについても気をつけるべきポイントです。

大きな値下がりが出て、含み損が出てしまった場合、保証金との比率が規定より下がっていた場合、追証という支払いをしなければいけなくなります。

その追証を期限までに支払えない場合は、強制決済が行われます。これがロスカットです。

大幅な値下がりがあった場合、ロスカットをしてもなお損失が出ることがあります。そういった場合に、いきなり多額の借金を背負う可能性もあります。

レバレッジ取引は、それでもリスクが大きい取引であることは間違いないため、自分の資産を超えるお金を投資することは避けましょう。

3. 仮想通貨のレバレッジ取引におすすめの取引所5選

では、仮想通貨のレバレッジ取引におすすめの取引所にはどんなものがあるでしょうか。

ここでは、

  • ビットフライヤー
  • DMM Bitcoin
  • QUOINEX
  • bitbankトレード

があります。

では、それぞれの取引所の特徴を具体的に見ていきましょう。

1位:ビットフライヤー

ビットフライヤーは、取引コストを抑えることができ、セキュリティの高さが特徴の取引所です。

15倍までレバレッジを、取引のトレードツール「Lightning」を搭載しており、使いやすさにも特徴です。

ただし、追証があるため、仮想通貨の値段が暴落したときにはリスクがあることには注意しましょう。

取引手数料が安い!

ビットフライヤーの取引所は、手数料を抑えて取引ができることが特徴です。

ビットフライヤーは、元の手数料が高くないこともそうですが、スプレッドが狭いことも特徴です。
取引量が多く、スムーズに取引が進むため、スプレッドが他の取引所と違って小さく済ませることができます。

手数料自体は、ビットフライヤーと同等クラスの取引所は存在しますが、その代わりにスプレッドが大きくなることも少なくありません。

そういった点では、ビットフライヤーは取引にかかるコストを最小に止めることができますので、おすすめの取引業者です。

メリット

ビットフライヤーのメリットは、

  • 取引手数料の安さ
  • セキュリティの高さ

の2つです。

ビットフライヤーは、仮想通貨の手数料もそうですが、流通量が多いため、仮想通貨の販売にかかるスプレッド(手数料)を最小に抑えることができます。

また、それだけではなく、セキュリティもしっかりしていますし、損害保険にも加入しているため、不正アクセスによって資産が抜き取られてしまっても100万円まで、補填することができます

デメリット

ビットフライヤーのデメリットは、追証があることです。

証拠金維持率が80%になったときに追証が発生します。

追証が発生した場合、3営業日までに、不足分を入金しない場合は、強制的に資産を全て決済されてしまうため、注意しましょう。

bitFlyer

2位:DMM Bitcoin

DMM Bitcoinは、レバレッジで取り扱っている仮想通貨が7種類と多いことが特徴の取引所です。
元がFXの取引サービスを展開している会社なので、FXのしやすさにも特徴がある取引所です。

レバレッジは5倍までしかかけられないので、ハイリターンの取引がしたい場合には、おすすめできないかもしれませんが、他にはない銘柄を取引したい場合には、DMMは他にはない取引所です。

取り扱い仮想通貨の量は7種類と圧倒的!

DMMビットコインは、FX取引ができる取り扱い仮想通貨の種類が7種類と多いのが最大の特徴です。

具体的には、

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • イーサリアムクラシック
  • リップル
  • ネム
  • ライトコイン
  • ビットコインキャッシュ

の7種類があります。

メリット

DMM Bitcoinで取引するメリットには、

  • 仮想通貨の取り扱い銘柄が多いこと
  • FX取引に慣れている人なら、すぐにでも取引できる

ということがあります。

特にDMMで仮想通貨ではないFXをしていた人なら、そのままスムーズに仮想通貨の取引を行うことができるでしょう。

デメリット

3位:QUOINEX

QUOINEX(コインエクスチェンジ)は、外貨でも決済できる手段が多いことと、レバレッジ25倍の取引を行うことができることが特徴の取引所です。

さらに追証がないことも特徴です。ロスカットが証拠金維持率110%で発生するため、余剰資産は多めにとっておく必要がありますが、追証で大きな損失を出すリスクは下げることができます。

25倍のレバレッジと、外貨の決済ペア豊富さが特徴!

QUOINEXの特徴は、25倍のレバレッジをかけることができることと、外貨での決済手段が豊富なことです。

具体的には、仮想通貨では、

  • ビットコイン
  • イーサリアム

法定通貨は、

  • 日本円
  • 米ドル
  • ユーロ
  • 豪ドル

などの10種類あります。

メリット

QUOINEXで取引をするメリットは、

  • レバレッジ25倍の取引が可能
  • 外貨の取引手段が豊富
  • テクニカルツールが60種類と豊富
  • 追証のリスクなし

というメリットがあります。

特にレバレッジを大きく効かせることができるのは、他の取引所にはあまりない特徴です。

さらに、追証がないため、仮想通貨の値段が暴落しても、その損失をある程度のところまで抑えることができます。

デメリット

QUOINEXのデメリットは、ロスカットが110%と高めに設定されていることです。

ですので、ロスカットのタイミングが他の取引所より高くなっています。

ただし、暴落による損失のリスクを下げることができるというメリットだとも言えるかもしれません。

4位:bitbankトレード

bitbankトレードは、レバレッジ取引はしたいけれど、リスクは最小に抑えたいという人におすすめの取引所です。

証拠金以上のマイナスになっても、その損失を負担する必要はないため、どれだけ暴落したとしても、証拠金以上の損失になることはありません。

ゼロカットでレバレッジのリスクを最小限に抑える!

bitbankトレードは、ゼロカットという仕組みを採用していることが特徴の取引所です。

ゼロカットとは、証拠金以上の損失が出てしまった場合でも、その損失分を負担する必要ない仕組みのことです。

また、FX取引にはスワップ手数料がかかるのですが、それが一切ありません。

ですので、保有し続けていても手数料がかかりにくいため、中長期のトレードがしやすいことが特徴です。

メリット

bitbankトレードで取引を行うメリットは、

  • ゼロカットによって損失を抑えることができる
  • スワップ手数料がかからないため、中長期の取引が行いやすい

があります。

ゼロカットやスワップ手数料がかからないことから、長期保有をする場合の取引手数料を安く抑えることができます。

デメリット

bitbankトレードのデメリットは、利確するたびに手数料がかかることです。

利確ごとに0.2%の取引手数料がかかります。

ですので、短期トレードは手数料がかさみやすくなります。

4. レバレッジ取引ができる仮想通貨取引所の比較一覧

レバレッジができる取引所では、それぞれに異なる特徴を持っています。

では、それぞれの特徴を比較するとどうなのでしょうか。

取引所によって、ロスカットの許容範囲や取引手数料、取り扱い通貨やレバレッジが全く異なっています。

取引手数料を安く抑えたい人は、ビットフライヤーがおすすめです。この表には明記されていませんが、スプレッドも他の取引所と比べて小さいため、取引にかかる手数料を小さく抑えることができます。

レバレッジが大きいほど、少額で多額の仮想通貨を購入できます。そのため、リターンも大きくなりますが、逆にリスクも高まります。

また、取引通貨の銘柄にこだわりたい人は、DMM Bitcoinが取り扱いやすいため、おすすめです。

ですので、自分の取引スタイルに合わせて自分に合った取引所を選ぶようにしましょう。

5. 仮想通貨のレバレッジ取引なら「ビットフライヤー」がおすすめ!

ここでは、仮想通貨のレバレッジについて説明してきました。

レバレッジ取引ができる取引所としては、

  • ビットフライヤー
  • DMM Bitcoin
  • QUOINEX
  • bitbankトレード

がありましたね。

中でも、ビットフライヤーは、手数料がかからず、ある程度レバレッジをかけることができるため、非常に扱いやすい取引所です。

これで、レバレッジ取引ができる仮想通貨の取引で必要なことがお分かりいただけたかと思います。

レバレッジ取引は、少額の資金でも、多額の仮想通貨を購入することができますので、ハイリターンが得られる取引方法です。

ですが、その取引の方法をしっかり理解すれば、そのリスクも減らすことができます。

この機会にレバレッジ取引ができる仮想通貨の取引所の口座を開設することからはじめてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です