元電通マン!藤沢涼さんの評判や子供時代は?学生時代のエピソードも!

元電通マンとして知られる藤沢涼さん…自らの経歴や過去、価値観、日常を発信するブログなどで有名な人物です。

電通という一流企業のエリートサラリーマンという成功者でありながら、挑戦することをやめない精神的の持ち主です。自らの信念に従ってエリートサラリーマンの地位を捨てました。結果、大成功を収めた藤沢涼さんの評判や複雑だった子供時代…学生時代のエピソードをご紹介します。

藤沢涼さんがどんな人物なのか、見えてくるのではないでしょうか。

藤沢涼の評判は?

元電通マンという異色の経歴を持つ藤沢涼さん…ブログをはじめとするインターネットで情報発信を続ける彼の評判や子供時代のエピソードをご紹介します!

1. どんな子どもだった?

藤沢涼は、母親が2度離婚しており幼少期は母子家庭で育っています。

彼が中学生の時に母親が再婚…しかし、再婚相手は母親や藤沢氏に暴力を振るう男性でした。

実の父親が愛人を作って家を出て行ってしまい、2人目の父親からは虐待を受ける…そんな環境にしてしまったことを母親は学校に泣きながら謝っていました。そんな、母親を見て見ぬ振りをする…幼少期から親も社会も信用しできないという子どもでした。

母親の再婚相手からの暴力に悩まされた藤沢少年は、非行に走りそうになったこともあったそうです。実際、後少しで刑事事件…そんな事もあったとご本人がブログで告白していたす。

けんかをふっかけたり、怒りを爆発させることに快感を覚えていたそうです。当然、学校でも目を付けられる存在になります。母親が何度も呼びだされて、その度に「ちゃんと育ててあげられない」謝っていたそうです。

ですが、音楽との出会いが彼を非行から遠ざけました。本人のブログには”なんにでものめり込みやすい性格”との記載があるように、彼は音楽にのめり込んでいきます。

藤沢氏は、当時人気絶頂だったX JAPANのコピーバンドを結成し音楽活動にせいをだしていきます。藤沢氏はプロを目指していたそうですが、バンドのメンバーにはその意識がありませんでした。あくまでも、バンドは思い出つくり…そんなメンバーとの温度差があったようです。

コピーバンドは世に出るレベルに達することなく、藤沢氏は他のバンドに参加します。ですが、今度は自身の才能に限界を感じるという皮肉な結果となります。

そして、高校2年生の夏…志望校の合格判定がDという崖っぷちから受験勉強をはじめます。そして、彼は慶応義塾大学を受験し見事合格を勝ち取りました。

大学に入ってからも音楽活動は続けています。現在の藤沢氏が自らを”アーティスト””フリーランス”と表現するのは、音楽活動の影響があるのかもしれません。

2. 学生時代の評判は?

合格判定Dから、合格を勝ち取った慶応義塾大学でも藤沢氏は音楽にのめり込みます。

作詞作曲だけでなく、大学時代にはラジオのパソーナリティなど表現者としての活動が目立ちます。

作詞作曲を手がけて、自分で歌を唄うことで自らを落ち着かせていたと言います。デモテープをレコード会社に送るなど、芸能人として生きていく道を模索していた時期もありました。

バンドメンバーや友人との関係については、あまり多くかたられていません。ですが、藤沢氏のブログにアップロードしてある動画みるかぎり、関係は良好であったようです。

3. 電通時代は?

自己表現をすることで自分を落ち着かせていた藤沢氏は「組織に縛られて生きていくなんてまっぴら」だと考えていました。

ですが、大学時代にラジオパーソナリティを務めた経験もある藤沢氏は、芸能界で生きていく難しさが解っていました。

そこで、芸能界に近い会社で働こうと考え広告代理店で働くことを決意します。

藤沢氏が就職した電通は”世界一の広告代理店”といわれる一流企業です。華やがな世界と直接つながる会社での仕事にはやりがいを感じていました。

想像以上の激務と忙しさのなかで、同じ環境の仲間とともにボロボロになるまで働きます。

そんなある日、藤沢氏は通勤中の電車の中で倒れてしまいます。この時初めて自分の身体が悲鳴をあげていることに気づくのです。

そして、炎症性の難治性疾患を煩ってしまいます。考えられるあらゆる方法で回復を試みますが、なかなか回復しませんでした。手術も受けましたが完治することはありませんでした。

痛みを伴う闘病生活は、藤沢氏の精神をむしばんでいきます。体調も精神も不安定になり会社を休みがちになってしまい、とうとう長期休暇をとることになりました。

暴力や非行、受験など様々な苦難を乗り越えてようやく手に入れた、電通という一流企業を今度は病気で長期休暇するわけです。かなり悔しい気持ちであったことが推察できます。

しかし、この長期休暇中に藤沢氏は人生の転機となる出会いをすることとなります。そして、この後、藤沢氏は12年務めた電通を退職し自らが表現者となるべく、フリーランスの活動を始めます。

まとめ

藤沢涼は、幼少期の母親の離婚と再婚そして再婚相手からの暴力から一時期は非行はしります。

ですが、音楽との出会いが彼を非行から遠ざけます。音楽活動にのめり込んでいった藤沢少年は、高校2何の夏まで同時大人気だったXJAPANのコピーバンドをつづけます。

その後、当初D判定だった慶応義塾大学に合格します。そして、大学でも音楽活動やラジオナビゲーターを務めます。大学卒業後に電通に就職しますが、病気がきっかけとなって自らの意思を貫く形で退職し、現在に至ります。

現在では、フリーランスとして自己表現できる活動を行っており、ブログやセミナーなどが話題となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です