フリマリッチは稼げるのか?話題の副業・転売ビジネスを調査します

「ヤフオク」や「メルカリ」などを利用して、個人でも物を売買することができるようになりました。
それによってちょっとした臨時収入を得ることができることもあり人気を集めています。

そんな中、転売を本格的な副業にしだす人もいます。
最近では、転売に関するセミナーも登場しており、稼ぐためのノウハウを得ることも容易になってきています。
しかし、そういったセミナーの中には怪しいものも混ざっていると思われるので注意が必要です。

今回は転売ビジネスの勧誘を行っている「フリマリッチ」を調査していきます。
「フリマリッチ」の怪しい点や本当に稼げるのかなどを検証していきましょう。

転売ビジネス「フリマリッチ」とは?

この件については、こちらのサイトで、とりあげられてるみたいです。まずは、こちらを読むことを推奨します。
↓↓ こちらをご確認ください ↓↓

まずは、「フリマリッチ」の内容から具体的にみていきましょう。
レターページによると、「フリマリッチ」は、「初心者がスマホ1台で1分1万円を稼ぎ、毎月30万円の安定収入を構築している国内転売における全く新しい稼ぎ方」とのことです。
簡単に言えば、転売ビジネスのノウハウを提供していることがわかります。

1分1万円というのはさすがに大げさですが、おそらくスマホをタップしてる総時間のことを指していると思われるので、一旦置いておきましょう。
それ抜きにしても、「スマホ1台」で「毎月30万円」というのは魅力的ですね

確かに、転売を行うことができる「ヤフオク」や「メルカリ」に関しては、アプリを使って行うこともできるので、スマホで転売を行うことは可能です。
さらに、「毎月30万円」という部分に関しても、そこまで非現実的な話ではないと考えられます。

転売で稼ぐのは簡単ではありませんが、30万円とはいかないまでも、副業として安定して稼ぐことは不可能ではありません。
個人的に転売ビジネスを行っている人のブログや、転売ビジネス自体はそこまで怪しいものというわけではありません。

しかし、今回なぜ「フリマリッチ」を取り上げるのかといえば、レターページに記載されている内容に怪しい点が多いからです。
この場合、「稼げる」と謳いながら、詐欺を行ってくる可能性も考えられます。
不用意な被害に遭わないためにも、怪しいビジネスについては、詳しく調査を行っていきましょう。

転売による副業は稼げるのか?


そもそも部分で気になることといえば、「転売」という手法で稼ぐことは可能なのかという点です。

最近では、希少価値のある商品やライブなどのチケットが転売されるなどといった問題も発生していますが、これらのことが生じるのも転売によって利益をあげることが可能だからと推測できます。

また、希少価値のある商品だけではなく、仕入れ値が極端に低い物を扱えば、転売によって利益を得ることは十分に可能と言えます。
例えば、中国の通販サイトなどを利用して、安値で商品を輸入して、国内で売りさばくといったような手法は、転売ビジネスとしては一般的なものです。

なので、転売自体が怪しいという訳ではなく、転売という手法自体は、法的にグレーな部分ももちろんありますが、合法なやり方によって利益をあげるのは、そこまで難しいという訳ではありません。

ただ、転売にも一定のリスクは伴います。例えば、「在庫」を抱えるリスクです。
転売事業の規模を大きくすればするほど、仕入れる商品の個数も増えていきます。
ただ、仕入れた商品が確実に売れる可能性は100%ではないため、売れなければ在庫として残ることになります。
在庫がそのまま残っていると、仕入れ値分が赤字になってしまうため、在庫を多く抱えてしまうと利益を確保するのが難しくなってしまいます。

また、継続的に稼ぐのが難しいという点も挙げられます。
商品というのは、売れ筋が時期によって大きく変化するものでもあります。
同じ商品がずっと売れ続けるということはなく、転売によって利益をあげ続けるためには、売れる商品を見つけ続ける必要があるのも転売の難しいところだと思います。

副業レベルで月に数万円を稼ぐのであれば、そこまで難しいことではありませんが、大きく稼ぐには一定のノウハウや経験が必要と考えられます。

そういった前提知識を理解しながら、「フリマリッチ」を詳しく見ていきましょう。

「フリマリッチ」が抱える疑問点

「フリマリッチ」を一言で言えば、「初心者でも簡単にできる転売ビジネス」のノウハウを提供する業者と言えます。
ビジネス手法の全貌は明らかになってはいませんが、レターページからいくつかの手掛かりを見つけることができます。それを1つ1つ見ていくと怪しい点がいくつもあることに気がつきます。

ここでは、「フリマリッチ」の怪しい点について詳しく調査していきます。

レターページの勧誘文

先ほども軽く紹介した「フリマリッチ」のレターページに記載されている文章を確認してみましょう。

「初心者がスマホ1台で1分1万円を稼ぎ、毎月30万円の安定収入を構築している国内転売における全く新しい稼ぎ方」

ここで1つ気になるのは、「“構築している“」という文言です。あくまで完成はしていないと解釈できます。
これはノウハウとしては問題がありますよね。手法として確立しているわけではなく、あくまで確立している途中であることが示されています。

些細な文章表現かもしれませんが、悪質な業者の多くは、こういった文章表現で苦情を避ける目的を持っていたりもします。
「必ず稼げる」とは書いていない
「収入を保証する」とは言っていない

など参加者が勝手に勘違いをしただけだと責任転嫁を図ってくることも考えられます。
なので、「フリマリッチ」の「構築している」という文言1つ取ってみても、怪しいと感じる必要があります。

スマホ1台で稼げるという点

確かに、「ヤフオク」や「メルカリ」などはアプリを介して転売を行うことができます。そういった意味では、スマホ1台でできるビジネスと書かれていても、そこまで怪しむべき点ではないと考えられます。

しかし、転売で毎月30万円を稼ぐとなると、それなりの商品を管理する必要がでてきます。商品のリストアップや出品作業など、スマホで行うことは不可能ではないですが、明らかにパソコンでやった方が効率的に行うことができます。

これを前提に考えてみると「スマホ1台でできる」という文言には、参加ハードルを下げるためにわざわざこういった書き方をしているとも考えられます。
その理由は参加者を増やしたいというのが考えられますが、参加者を集めた結果、高額な商材を購入させて利益をあげることを考えている可能性も考えられます。

配送作業の必要がない点

「フリマリッチ」では、転売の手法として、配送作業を必要としない方法を使うと提示しています。
転売は商品を仕入れて、販売するという形を取るのに対して、配送作業が必要ないというのは、どういうことなのでしょうか。
具体的な仕組みとしては、大体把握できます。おそらくですが、「ヤフオク」や「メルカリ」などで商品を売ってから、ネットショップ、通販サイトなどから商品を購入し、配送先を転売の購入者宛にするという方法が考えられます。
これなら自分で商品を梱包して配送を行う必要もありませんし、在庫を抱えることもないでしょう。
転売の手法としては、リスクが少ないやり方といえます。

ただ、これに関しても全くノーリスクという訳ではありません。
商品の返品やキャンセルなどが発生した場合は、商品の仕入れ値が赤字になってしまいます。
確かに、転売で稼ぐことを考えると効率的な方法とはいえますが、そこまで大した手法とは考えられません。

また、「ヤフオク」や「メルカリ」で商品を販売する場合、無在庫転売は規約違反になってしまいます。
そういったリスクも抱えていることを理解しなければなりません。

販売実績を見てみる


「フリマリッチ」のレターページでは、過去に転売によって利益が出た商品の実績を掲載しています。ここでは、その一部を紹介していきましょう。

・arrows Tab F-04H docomo White
仕入れ値:6500円
販売価格:31800円
利益:25300円

・Apple iPad mini 4 Wi-Fiモデル 64GB
仕入れ値:20000円
販売価格:39800円
利益:19800円

販売実績に並んでいるのは、主にスマホやタブレットなどの家電製品でした。フリマリッチでは、主にこういったジャンルの商品の転売を行っていると推測することができます。
大きく目立つのは、商品の仕入れ価格です。どの商品も型落ちで中古とはいえ、かなりの激安価格で仕入れていることがわかります。
これはどこで仕入れているのでしょうか。

「フリマリッチ」では、配送作業が一切必要ないことが銘打たれています
それを考えると、滅茶苦茶安い通販サイトが存在していると考えることもできますが、こういった安い商品を1つ1つ見つけるためには、時間もかかりますよね。
もし「フリマリッチ」でこのような商品の仕入れ先を教えてくれるのかもしれませんが、少し非現実的かもしれません。そして、当然ながら再現性が確実にあるとは言い難く、これと同じように稼げる保証は一切ありません。

スキマ時間で取り組める

「フリマリッチ」では、1分1万円も可能などという謳い文句を提示しており、仕事や家事の合間などのスキマ時間で稼げると主張しています。
しかし、考えてもみれば、フリマリッチの構造はごく単純で、異常に安い価格で仕入れた商品を高く売るという仕組みになっています。

つまり、安い商品を見つけることが重要であり、これにはそれなりに時間がかかるのではないでしょうか。
市場価格を把握したり、手数料などを計算していくと、とてもスキマ時間だけで行うことができるとは考えづらいです。

市場飽和の心配がない

「フリマリッチ」では、参加者が数多く集まったとしても市場飽和の心配がないことを主張しています。
一般的に同様の手法を多くの人が実践すれば、1人当たりの利益は当然減ります。

需要自体が変わらないのですから当たり前の話なのですが、これを覆す主張をしているのです。
しかし、これに関しては根拠が全くありません。
「心配がない」と言っているだけなので、何1つ確定的な証拠がありません。であれば、一般的な市場の法則を信じる方が無難です。

「フリマリッチ」のセミナーに参加するリスクとは?


「フリマリッチ」の怪しい点を挙げていきましたが、転売の手法としては非現実的なものであると推測することができます。
レターページでは、ノウハウを教えてくれるセミナーへの勧誘を行っており、様々な特典を無料でもらうことができるそうです。

参加だけならノーリスクと考えてしまいそうになってしまいますが、こういったセミナーの勧誘に関しては、一定のリスクが考えられます。
そのリスクとは、高額な商材の購入や塾への参加をさせられる可能性があることです。

セミナーですべてを伝えることはせず、より詳しい内容を知りたい人に、有料でノウハウを販売することが考えられます。
無料のセミナーに興味を持ってしまうということは、これらの商材や塾などにお金を払ってしまう可能性がある人と考えられるので注意が必要です。

「フリマリッチ」の場合、自身も同じ手法で稼ぐことができるにも関わらず、ノウハウを提供するということは、ノウハウで儲けを出す方向にシフトしようとしていると考えられます。
もしかしたら同じ手法ではもう稼げなくなっているかもしれません。

どちらにせよ、ノウハウを提供しようとしている以上、ただ得られるとは考えにくいです。
夢のような内容が書かれていますが、怪しい点をしっかり理解して、冷静な判断を行ってください。

まとめ

転売ビジネスは副業として、それなりに一般的になっているとはいっても、安定して収入を得るのは難しい話です。

ノウハウ的なものは存在するにしても、夢のような内容ではなく、あくまで現実的な方法になっていることが多いです。そういった意味では、「フリマリッチ」が描く、理想的な儲け話は怪しいと判断せざるを得ません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です