副業詐欺に騙されるな!株式会社delightから学ぶ悪質業者の見極め方法!

副業詐欺に騙されるな!株式会社delightから学ぶ悪質業者の見極め方法!

こんにちは。2018年度は「副業元年」とも呼ばれていて、多くの人が副業に興味を持ちました。実際に、本業以外にも副業をしている人は多くいるのです。フリーランスの経済規模も約20兆円となっています。働く人の人数が減少していくので、ますますフリーランスの需要は増えていくでしょう。

しかし、副業する人が増えるにつれて起きる問題があります。それは、知識や技術を必要としない誰でも応募できる案件に多くの応募が集中します。その結果、仕事を受注することができない人も出てくるのです。フリーランスで仕事が受注できなくなってしまうと、将来が不安ですね。

そのような不安を救ってくれるような業務委託の案件を募集している会社も出てきています。しかし、そのような業務委託の案件が詐欺である場合もあるのです。ここでは、実際に詐欺であった「株式会社delight」の副業詐欺を題材にして、副業詐欺の手口や見極め方、対処法について解説していきます。

副業を始める人やフリーランスとして働く人が急増をしている

さまざまなクラウドサービスが登場したことにより、場所を選ばずに仕事ができるようになりました。フリーランスとして働いている人の数は、約1,100万人となっています。約5人に1人がフリーランスとして働く時代となっているのです。

また、フリーランスの経済規模は、2018年度には約20兆円になり、2017年度の18.5兆円より1.5兆円も伸びました。ITが発展しているアメリカでは、フリーランスの経済規模は150兆円にもなっているのです。日本も、フリーランスの経済規模は益々あがると見込まれています。

副業系すきまワーカーの人数が増え続けている

フリーランスでも、さまざまな形で活躍しています。働き方によって、フリーランスは4タイプに分けることができるのです。それぞれの特徴を紹介するのでチェックしてみてください。

副業系すきまワーカー

本業とは別に副業をしている人のことをさします。本業の収入とは別に副収入を得ていて、平均74万円を稼いでいます。フリーランス全体の約4割が副業系すきまワーカーとして活躍をしている人です。

複業系パラレルワーカー

複数の会社から仕事をもらって、仕事をこなしている人のことをいいます。このような人は1つの仕事場から仕事がもらえなくなったときのリスクを考えたり、さまざまなスキルを習得したいと考えたりしている人に多いです。副業系パラレルワーカーの人は、平均150万円稼いでいます。フリーランスの全体の3割を占めているのです。

自由業系フリーワーカー

子育てや育児などをしており、仕事ができる時間帯に仕事するスタイルをとっている人を自由業系フリーワーカーといいます。主に、子育てをしているママなどに多いです。平均年収は160万円。フリーランスの全体の1割を占めています。

自営業系独立オーナー

フリーランスとして、自営業をしている人のことをいいます。多くのお客様から直接仕事を請け負っているのが特徴です。フリーランスの全体の2割を占めており、平均年収は360万円となっています。しかし、年収400万円以上を稼いでいる人も4割程度います。会社員並みに稼いでいる人が多くいるのが特徴です。

フリーランスが増え続ける背景から人気を集めている「業務委託」

フリーランスとしての働き方は、さまざまあることを理解いただけたでしょうか?自営業として頑張りたいと思っている人もいれば、育児などの時間を有効活用して副収入を得たいと思っていたりする人もいるのです。このようなフリーランスの人達は「業務委託」の仕事を受注しています。

近頃は「ランサーズ」や「クラウドワークス」などのサービスが登場したことによって、営業力がなくても知識やスキルがあれば、仕事を受注できるようになりました。

クラウドワークスやランサーズで起きる今後の課題

フリーランスの人々が増え続けるにあたって、クラウドワークスやランサーズ上で、需要と供給のバランスが崩れてしまう懸念が出てくるでしょう。とくに、知識や技術を必要としない業務委託に関しては、多くの応募が殺到するという現象が起きます。そうすると、仕事を受注することができなくなり、生活できなくなるフリーランスが出てきてしまうのです。新たに業務委託をさせてくれる取引先の開拓をすることが、今後のフリーランスに求められる課題ともいえるでしょう。

在宅ワークの副業を紹介してくれる株式会社delight

フリーランスは、業務委託の締結ができる企業を探さなければいけません。新しい取引先を探しているフリーランス内で話題を集めているのが「株式会社delight」です。

株式会社delightとは

株式会社delightの事業内容としては、ECサイト運営やシステム開発、コンテンツ開発を展開しています。株式会社delightは、インターネットを利用したサービスに特化した企業で、一緒に会社を盛り上げてくれる従業員を募集しているのです。「業務委託」としてフリーランスの募集をしています。

株式会社delightの基本情報
代表者:代表取締役 坂戸良太
事業内容:ECサイト運営・システム開発・コンテンツ開発
所在地:福岡市博多区山王1丁目10-11 フェイズイン山王公園前206

株式会社delightの業務委託内容の詳細について

株式会社delightでは、フリーランスを募集しています。業務委託契約を結べば、月収10万円ほどが見込めるようです。また、株式会社delightの業務委託の魅力は、未経験者でも仕事ができるという点です。知識がなかったり、ネット経験がなかったりしてもサポート体制が整っています。そして、在宅で空いた時間に働くことができる仕組みになっているのです。

サイト上では業務委託を結んでいる人の平均月収は10万円とも記載されています。株式会社delightの業務委託の内容としては、お客様のメール対応・出品作業・商品選定作業がメインとなっています。だから、入力作業ができれば、誰でも始めることができるのです。いかがですか?実際に、株式会社delightの業務委託に応募をしてみようと思った人もいるのではないでしょうか?

株式会社delightの副業LABOで泣き寝入りをしている人が続出


株式会社delightの業務委託の話をして、実際に申し込みをしようと思った人は、少なからずいると思います。しかし、残念ながら、株式会社delightは副業詐欺だったのです。株式会社delightでは、業務委託の仕事を始める前に初期費用が必要になってきます。未経験者や在宅ワークに必要な備品だと伝えて、応募者に対して50万円の初期費用を求めてきます。しかし、初期費用を払ってもお金を稼げないのです。

初期費用がかかる仕事には警戒しましょう

近頃は副業を始める人が増えました。その影響もあり、副業ノウハウを高額で売ろうとする悪質業者や、仕事を紹介すると嘘ついて高額商材を販売する悪質業者が増えています。仕事がもらえるのは非常に嬉しくなるものですが、初期費用がかかる仕事には警戒をしましょう。なぜ、仕事をするのに初期費用がかかるのでしょうか?そのような疑問を持つことが、今の時代にはとても重要です。

時代背景を乗っ取る悪質業者の見極め方とは

悪質業者は、時代背景を乗っ取り、人を騙してお金を奪います。今回の株式会社delightもフリーランスが増えている現代社会の特性を生かした詐欺業者です。このような悪質業者を見極める方法は、どのような方法があるのでしょうか?ここでは、悪質業者かどうかの識別方法を紹介します。

インターネットやSNSで検索してみる

インターネットで入手した情報を鵜呑みにするのは非常に危険です。気になる情報があったら、インターネットやSNSで評判を検索してみましょう。今回の株式会社delightは詐欺業者だという評判がすでに書かれています。このような悪質業者であると書かれている業者と絶対に取引をするのは辞めましょう。また、インターネットに情報が記載されていない場合はFacebookやTwitterなどで検索をかけてみましょう。

SNSはリアルタイムの情報を見ることができて便利

インターネットの情報はタイムロスがあります。しかし、FacebookやTwitterの場合は、リアルタイムの情報を見ることができます。とくに株式会社delightのようにインターネットを通じて業務委託の募集をかけている場合は、多くの人が案件の内容を見て応募しているはずです。そんなときに、リアルタイムのSNSを確認すると安心して取引することができるのかを確認することができます。

特定商取引法を確認する

インターネットで商品を販売したり求人を出したりする場合は、特定商取引法に沿ったサイト運営が必要です。特定商取引法は、トラブルを防ぐためにある法律です。しかし、株式会社delightは、特定商取引法を守ってサイト運営をしていません。

とくに、会社概要の個所で電話番号が書かれていないのは非常に危険です。メールアドレスやラインだけの情報の場合は、サイトを削除され、ラインもブロックされて逃げられてしまう恐れがあるのです。会社概要は、すべて書いてある企業と取引をするようにしましょう。

詐欺に関する知識を深めておく

最初からインターネットの情報を怪しもうというと悲しい感じもしますが、詐欺は近年増え続けています。詐欺の被害総額は、約150億円にも昇るのです。詐欺は身近な場所に潜んでいるのです。だから、詐欺に関する知識を深めておくことで、自分の身近に迫る危険を回避することができます。

警察庁のホームページでは、最新の詐欺手口についての警戒が呼びかけられています。詐欺の手口は、どのようなものなのかも詳しく書かれているので、こまめにチェックをしてみましょう。また、詐欺被害を体験することができるサイトもあります。詐欺の知識を身につけることは、情報社会では必須ともいえるでしょう。

株式会社delightの副業詐欺に騙されてしまったら、集団訴訟を起こそう

株式会社delightのような副業詐欺に遭遇をした場合は「集団訴訟」を検討してみましょう。多くの人が「高額商材で支払ったお金を取り返したい」「悪質業者をこらしめたい」と思っているはずです。しかし、弁護士や裁判にかかる費用を払えなかったり、訴訟を起こす勇気が持てなかったりするでしょう。集団訴訟を起こすと、下記のようなメリットを得ることができます。

弁護士費用や裁判に掛かる費用を折半することができる

集団訴訟の魅力は、弁護士費用や裁判にかかる費用を被害者で折半しあうことができることです。1人で訴訟を起こす場合は、数十万円の費用が発生しますが、集団訴訟の場合は数万円の費用負担で済みます。少額の費用で、悪質業者を訴えることができることが最大の魅力です。

訴訟を起こすことに勇気がもてる

訴訟を起こした経験は、誰しもが持っているものではありません。多くの人が訴訟の経験を持っていないでしょう。はじめての経験は、何事も緊張するものです。なかには、訴訟を起こす勇気が持てずに、訴えない選択をする人もいるでしょう。しかし、集団訴訟を起こすことによって、多くの仲間と一緒に訴訟を起こすことができるので勇気を持つことができます。

騙された辛さを共感し合うことができる

騙されてしまうと誰もが深く傷つくものです。しかし、身近には同じ痛みを抱えている人はいません。やはり、心の痛みは同じ経験をした人にしかわからないものです。集団訴訟を起こすことによって、同じように騙された被害者に会うことができます。騙された辛さを共感しあえるので気持ちがスッキリしていくでしょう。また、少ない費用と労力で、悪質業者を訴えることができるので、気持ち的に開放感や納得感を得ることができます。

まとめ

副業解禁の影響を受けて、フリーランスで活躍している人は増えました。その背景を逆手にとった副業詐欺は増え続けています。フリーランスで働いていて、仕事が途切れてしまうと不安になってしまうものです。しかし、簡単にインターネットの情報を信用するのではなくて、良く見極めてから取引するようにしましょう。万が一、副業詐欺に遭遇をしてしまった場合は、集団訴訟を検討してみましょう。騙されてしまうと落ち込んでしまうものです。しかし、集団訴訟を起こすことで、少ない費用と労力で納得のいく答えを導きだすことができますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です