Deep Core System7の評判!仮想通貨の自動売買?

仮想通貨関連の詐欺ビジネスが横行しており、怪しい情報商材や高額塾が大量に販売されています。
仮想通貨の情報について調べる時にネットを利用する人も多いでしょうが、間違ってもこれらの情報に投資をしてはいけませんよ。
仮想通貨で稼ぎたいのならば、高額な教材費ではなく仮想通貨自体に投資をしていくべきなのです。
今回も怪しい仮想通貨のソフトである『Deep Core System7』について解説をします。

『Deep Core System7』は実際に稼げるの?

『Deep Core System7』とは


『Deep Core System7』とは、マスコミ記者をされている【高橋ひろし】という方が作られた仮想通貨の自動売買ソフトのことです。
高橋ひろしさんは記者としての経験を通じて、世の中に出回わっていない貴重な情報を仕入れることによって、絶対に稼ぎ続けることができる投資ソフトを開発することができたそうです。
マスコミ記者ならば政治家などにも取材をすることになりますから、国の中枢にしか出回っていないような情報も持っているそうで、それが投資で勝てる理由になっているとのことです。
つまりマスコミ記者か政治家ぐらいしか知っていないような情報を使っているので一般人には真似はできないんですよね。

『Deep Core System7』を今すぐ購入するべき理由

『Deep Core System7』はすぐに購入した方が良いソフトです。

インストールするだけで稼げる

 

こちらのソフトは家に届いてインストールするだけで稼げるようになってしまいます。
面倒な作業や知識は必要がなく、インストールするだけでシステムが開始されるので、こちらの手間は全く必要が無いんですよね。
世の中には様々なネットビジネスがありますが、多くが大量の作業や勉強が必要で外で働いた方が楽なぐらいだったりします。
ですが、『Deep Core System7』に関してはインストールするだけで稼いでけるので努力せずに資産構築をしていくことができるのです。

作業もセンスも必要がない

 

インストールするだけで稼げるので、作業はほぼ必要がありません。
またソフトが勝手に稼いでくれるのですから、才能やセンスなども全く関係がなく、小学生〜高齢者まで誰でも関係がなく稼げてしまうシステムなのです。
他のネットビジネスは才能が必要なものが多く素人が頑張っても稼ぐのが大変だったりします。
ですが『Deep Core System7』についてはソフトが稼いでくれるので、才能が全くない人でも問題なく稼げます。

完全無料で提供してもらえる

 

『Deep Core System7』は完全無料なので、一切のお金を取ることはないと約束されています。
多くの無料オファーでは、メールアドレスやLINE@に登録させた後に高額オファーを紹介することが多いのですが、今回は完全に無料であると念を押されているので無料なのでしょう。
無料で自動で稼げるツールを提供してくれるなんて本当に素晴らしい人格の持ち主ですよ。

高橋ひろしは凄い人

 

『Deep Core System7』を販売している高橋ひろしさんは現在も仮想通貨で稼ぎまくっている方です。
・3年で10万を1億5000万に増やす

・毎月2500万の不労所得

の2つの実績を持っておられます。
10万を1億5000万に増やしたのは『Deep Core System7』のソフトです。
したがって、このソフトを買っておいてインストールするだけで数年後には億万長者になっている可能性すらあるんですよね。
ソフトは入れておくだけで良いので、誰でもできますから高橋ひろしさんと同じように億万長者になれるチャンスがあります。

『Deep Core System7』の真実

怪しすぎて信用できない


『Deep Core System7』は購入すべきかと聞かれると

絶対に購入をしてはいけません!!
怪しい点がたくさんあるので紹介していきます!

 4年かけて作ったシステムを無料配布?

そもそも苦労して4年もかけて作ったソフトを無料配布する理由が分かりませんよね。
3年で10万を1億5000万にできた実績のソフトならば、1億以上出しても欲しい人が出てくると思います。
それを格安で販売するどころか無料で配布するのには怪しい理由があるのではないかと勘ぐってしまうのです。
・何かソフトに欠陥があったりするのではないか?

・高額な入会費を請求する為の罠ではないか?

と疑問に感じてしまうのは普通なんですよね。

自動売買のメンテナンスができない

 

こちらの『Deep Core System7』は自動売買と紹介されています。
投資の知識がない人間にとっては『自動売買』という言葉は魅力的に見えてしまいます。
ですが自動売買は上級者向けのツールで、素人や初心者では扱えるような代物ではありません。
というのも自動売買は延々と正常に動き続けてくれるものではなく、相場の変動で損し続けるようになってしまうこともあるのです。
そのような時はシステムメンテナンスをして、設定を変更してから再度に稼働させるのですが、素人や初心者ではこのメンテナンスができないのです。
いくら優秀な自動売買ツールであってもメンテナンスが全くできない人間が使えばガラクタになってしまうのです。
したがって優秀な自動売買ソフトであっても、こちら側が素人や初心者である限り稼ぐことはできません。
メンテナンス無しで完全自動でAIが稼いでくれるツールを開発してしまったのなら、ネットニュースなどで話題になりますからね…。
『Deep Core System7』なんてニュースで聞いたこともないですから、そのレベルには達していないでしょう。

特商法に電話番号がない


『Deep Core System7』の紹介ページの特定商取引法の表示を確認しました。
ですが電話番号の記載が何処にもありません。
ビジネスの一般常識として特定商取引法の表示に電話番号を記載しない企業なんて有り得ません。
電話番号の表示がない時点で会社の信用は失墜して、相手との関係すら揺らいでしまうほど大切なものなのです。
記者をやっているのなら、このぐらいの常識はあるはずなのですが、どうして電話番号を記載しないのでしょうか?
連絡先にはメールアドレスしか記載されていませんが、メールアドレスだけでは購入者を不安にさせてしまうだけです。
電話番号を載せれない理由があるのでは?と疑ってしまいますね。

販売会社の評判が悪い


特商法に記載されている『株式会社バリューブレイン』については、かなりの評判が悪いです。
情報商材や高額塾を販売しまくっている会社で、過去にも被害の記事を何度か書いたことがあります。
情報商材業界に詳しい人ならば知らない人は居ないのではないのか

ぐらいに有名な会社です。

LPの写真がフリー画像

 

LPに使われている男性と女性の画像は、どちらもフリー画像です。
自分も頻繁に使うフリー画像なので分かってしまいましたね。
月収2500万の人間が無料画像を使うというのは、ちょっと信じられないですね。
有料画像を使った方が、他との差別化に繋がりますから、無料画像を使うということは、意外に切羽詰まった状況なのではないかと疑ってしまいます。
この辺の経費削減をしている所が稼いでいない人の行動なんですよね。

高橋ひろしの知名度が0


高橋ひろしさんは、マスコミ記者で投資で億万長者になっているほどの方なのに全く知名度がありません。
マスコミ記者ならば名前ぐらいはググったら出てきそうなものですが、高橋ひろしという記者が何処にも居ないんですよね。
投資家だけならば、いくら稼いでいても一般人ですから知名度がないのも分かりますが、マスコミ記者ならばググれば少しは名前が引っかかると思うのですが…。
もしかするとマスコミ記者というのも嘘で、高橋ひろしという人物自体が架空の可能性もあります。
実際にこの手の情報商材などでは架空の人物を作ることも珍しくありませんので、今回も架空で作った人物なのかもしれません。

稼げた口コミが聞こえてこない

 

『Deep Core System7』が、そんなに優秀なシステムならば、稼げた人の体験談がネットに出てきても良いのですが、全く成功者が現れていませんね。
実践記のブログなども登場しても不思議ではないのですが、そのようなブログもなく、『Deep Core System7』の紹介記事ばかりで不自然です。
Twitterや5chなどを確認しても、良い口コミはおろか『Deep Core System7』の名前が一切出てきません。
3年で10万を1億5000万にできるソフトのはずなのに、投資家が集まる情報媒体で全く話題にならないのは不自然極まりないんですよね。

高額ツールに発展する可能性が高い

 

こちらの『Deep Core System7』についてはバリューブレインが販売していることもあり、今後に高額ツールに発展していく可能性は非常に高いです。
というか、ほぼ100%で高額オファーを販売されるので気をつけてください。
「無料オファー⇒高額オファー」の流れで購入したことによっての被害者はたくさん見てきましたが、稼げるようになっている人を一人も見たことがないのです。
販売ページでは【無料】を強調していますが、それは最初だけであり結局は高額オファーを販売してきます。
販売ページで無料を強調するのは、この手の商法のお決まりのパターンなんですよね。

仮想通貨の自動売買について

自動売買ツールは管理が大変


先程も記載しましたが、自動売買ツールは管理が大変なので素人では手に負えません。
管理ができずにガラクタになってしまうのが見えています。

自動売買は詐欺に使われやすい単語

 

仮想通貨に限らず自動売買は誰でもできるイメージがあるので詐欺販売のキャッチコピーなどに使われやすい単語です。
自動売買は上級者向けのツールであることを理解したら、初心者に向けて販売するのが可笑しいと思うはずです。
ですが初心者は、その可笑しさに気づくことができないので商品を購入してから後悔してしまうのです。

初心者は自分で勉強して自分で投資

 

本気で仮想通貨で稼いでいきたいのなら、自分で勉強していくしかありません。
投資とギャンブルは全くの別物であり、投資は勉強をしないと稼げるようにならないんですよね。
自分で投資をして行く中で自動売買ツールなどを利用していけば良いのです。
あくまで自分でするのが前提であり、完全放置なんて都合の良い方法はございません。

高額販売されて稼げなかったら

消費者センターで話してみる

 

今後に『Deep Core System7』が高額販売されて、それが稼げなかったり、ツールすら配布されなかったりして、明らかに悪質だった場合は消費者センターに相談してみましょう。
消費者センターから指導が行けば返金して貰える可能性があります。
また被害件数が増えれば、メディアで話題となることもあり得ます。

クレジット会社で停止を頼む

 

クレジット支払いをしている場合に限るのですが、カード会社に詐欺だったことを頼んで止めて貰う方法もあります。
これはダメな場合もあるので絶対に可能な訳ではありません。
むしろ無理な場合の方が多いはずですが、それでもダメ元でカード会社に問い合わせてみるのは悪くありません。

まとめ

今回は『Deep Core System7』という仮想通貨の自動売買ソフトの記事となりました。
バリューブレインという会社が販売しているのですが、こちらの会社は過去にも情報商材を販売していたりと評判が良くありません。
被害者も結構いるので、今回の『Deep Core System7』も信用できないです。
また販売者である高橋ひろしさんはマスコミ記者であるにも関わらず、Googleで検索しても全く情報が出てこないので怪しいです。
この手の商法でよくある架空の人物設定の可能性もあり、このソフトがますます信用できなくなります。
『Deep Core System7』の口コミを探しましたが、全くどこにも無いので、おそらくまともに使っている人もいないのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です