アフィリエイトの女王 蝶乃舞のネットワークビジネスとは

18億円の豪邸に住み、子育てと両立しながら年収1億円を稼ぐアフィリエイター、蝶乃舞。彼女は現在、ネット企業支援事業も手がけ、アフィリエイト収入と相乗的に収益を上げています。

一方、「蝶乃舞のビジネスはネットワークビジネス(ねずみ講)だ」という話も聴きます。ネットワークビジネスとは、会員が口コミや勧誘によって集客をしていくビジネス戦略です。ネットワークビジネスビジネス自体は正当なビジネスですが、「詐欺」に利用されることが多く、日本ではかなり評判が悪いです。

「ネットワークビジネスだ」と批判を受ける蝶乃舞さんのビジネスとは一体どのようなものでしょうか。この記事では彼女のビジネスの真相についてお話をします。

1.蝶乃舞のプロフィール

本名は高嶋美里。東京都港区出身。血液型A型。早稲田大学理工学部数学科出身。

肩書きは一般社団法人日本作家協会代表理事、一般社団法人インターネットビジネス適正機構協会理事、遊雅セレブリティ株式会社取締役。
インターネット・オンライン・ビジネススクール「CIBS」(シビス)の学長も務める。
モットーとしている言葉は「今すぐやれ!」

彼女が得意としたビジネスはアフィリエイトですが、近年では、自らの成功体験を活かしてネット起業支援事業も手掛けており、カリスマセミナー講師として、今でも日本各地で、またウェブ上でセミナーを開催しています。
蝶乃舞は著書の執筆にも精力的であり、これまでの著作には、『告白します。私は夫に内緒で2億円稼ぎました。』『子育て・在宅で3億円稼ぐ主婦の成功法則』『あなたの時間を3時間増やす「超整理術」』『人見知りが武器になる ムリに話さずココロをつかむ36の極意』などがあります。

最近では、シンガポールに移住し、ビジネスの前線からはリタイアしたと述べていましたが、2018年6月には、「全員資産1024倍計画マスタープランプロジェクト」という仮想通貨ラディアンのICO(Initial Coin Offering)を利用したオファーを企画しました。

蝶乃舞さんのアメブロやFacebook,Twitterには多くのフォロワーがいます。彼女の投稿はシンガポールでの移住生活や旅行に関する内容が多いですが、セミナー情報やビジネスマインドなども定期的に取り上げています。

蝶乃舞さんが手掛けている会社は、一般社団法人日本作家協会、一般社団法人インターネットビジネス適正機構協会、遊雅セレブリティ株式会社です。

この中で活動の中心にしているのは、遊雅セレブリティ株式会社であり、ネット起業の支援事業を行っています。

最近の活動で特に注目すべきなのは、遊雅セレブリティ株式会社が持つビジネススクール「シビスアカデミー」が、通信制高校と提携したことです。

ネット上でも「胡散臭い」と悪評を流されがちなビジネススクールが、公的にも認められたのは、それだけ蝶乃舞さんの信頼度が高いことを示しています。

 

2.蝶乃舞の会社名は?


蝶乃舞さんが代表を務めている会社は、遊雅セレブリティ株式会社です。
ネットビジネスの支援事業などを行っています。
特に注目すべき活動は、遊雅セレブリティ株式会社が持つビジネススクール「CIBS」です。

2013年 4月には日本初、インターネットビジネススキルを学んで高校卒業資格(学校法人山口松陰高校と提携)を取得できる高等部を開設し、シビスアカデミーと名称を変更しました。
蝶乃舞が学長を務めるCIBSには、4つのコースがあります。

①シビスアカデミー本科1年コース
インターネットビジネスに必要なスキル全般を基礎から学ぶ。

②シビスアカデミー本科2年コース
インターネットビジネスの基礎、フリーランスで仕事するための心構え、スケジュール管理、財務管理など本格的なビジネスを行うために必要な知識やスキルを学ぶ。

③高等部コース(通信教育)
通信教育で、高校卒業資格の取得可能。

④インターネットビジネス専科コース
3ヶ月と6ヶ月の専門講座があり、講座は、「超整理術」「カタボリックメソッド習得」「デザイン基礎」などの10種類。インターネットビジネスに関係する専門的な事柄を学べる。

このCIBSでは、これまでに7,000人以上が受講し、受講後の平均在宅月収は10万円以上、そのうち12%以上が月収100万円以上を達成していると報告されています。

ネット上でも「胡散臭い」と悪評を流されがちなビジネススクールが、学校として認められ、それ相応の成果を残しているということは、蝶乃舞さんのビジネススキルや信頼度の高さを反映しています。

3.蝶乃舞のネットワークビジネスとは?

ネットワークビジネスは「マルチ商法」や「ねずみ講」と呼ばれ、「詐欺」のような偏見を抱かれています。しかし、その実態は、単に紹介者が企業から「紹介者特典」をもらっているにすぎません。蝶乃舞さんのような、莫大な集客名簿を持っている人は「紹介者特典(報酬)」を非常に多く貰うことができるので、「ネットワークビジネス」として成り立たせているのです。

「ワールドベンチャーズ」という企業を聞いたことがあるでしょうか。ワールドベンチャーズとは、アメリカに本社を置く会員制の旅行会社です。

会員制をとっているサービス業は必ずと言って良いほど「紹介制度」を採用しています。割引が効く程度の紹介者特典ですと、さほど問題にはなりません。

しかし、ワールドベンチャーズの紹介者特典は、うまく集客できて莫大な人数を勧誘しますと、非常に高い報酬が得られるのです。そしてそれがワールドベンチャーズの魅力であり、問題にもなっているのです。

蝶乃舞さんはこの「ワールドベンチャーズビジネス」を会員の中で最も成功させた人の1人です。蝶乃舞さんが「ワールドベンチャーズビジネス」を成功させたのは、彼女には既にブログなどで莫大な集客名簿があったからです。

また、「ワールドベンチャーズビジネス」のセミナーを開いたことも、非常にうまい戦略です。セミナーに触発された受講生がワールドベンチャーズの会員になると、それでまた彼女は紹介者特典を得ることができるのです。

しかし、ワールドベンチャーズ側もビジネスをしている以上、会員のほとんどが損をしてもらわなければなりません。実際、紹介者特典や会員ポイントなどは、ほとんどの人が元を取れないように緻密に計算されています。実際に蝶乃舞さんのように稼げている人は、ほんの一握りです。

普通の旅行好きが、「会費を払って旅行を楽しみ、誰かを紹介したら特典がついてきた」であれば、全く問題がありません。しかし、ビジネス目的で会員になった人たちも多くいるのが問題なのです。当然損をした人は、ワールドベンチャーズと蝶乃舞さんを「ねずみ講」「詐欺師」などという批判をするでしょう。

4.ワールドベンチャーズはどんな仕組みなの?

蝶乃舞さん自身が大成功しているワールドベンチャーズを利用したネットワークビジネスですが、そもそもワールドベンチャーズの進めるネットワークビジネスとはどんな仕組みなのかもう少し詳しく解説します。

4-1.ネット上で会員を集める

これまでのサプリや洗剤、浄水器などを売るネットワークビジネスでは、友達に直接会って、積極的に商品を勧める必要がありました。そうした友達の中には、久しぶりの再会で急に商品を勧められて、ドン引きするというケースもありました。

しかし、このワールドベンチャーズでは、直接人と会ってこの会員制旅行会社を宣伝する必要はありません。
普段使っているTwitter、Facebook、YouTube、ブログなどを利用し、ワールドベンチャーズの提供するドリームトリップのすばらしさを理解してもらい、会員になってもらうという仕組みです。

ネット上で会員を集めるわけですから、自分の周りの人間だけでなく、自分の投稿する文章や写真、動画に興味を持ってもらえれば、国内だけでなく、世界中から会員を集めることが可能です。
ですから、ワールドベンチャーズの会員を集める仕組みは、これまでのネットワークビジネスとは、大きく違います。

4-2.バイナリーとスピルオーバーという仕組み

ワールドベンチャーズでは「バイナリー」というシステムがあります。
これは自分のすぐ下には紹介者が2人だけしか付かないという仕組みです。
じゃあ、3人目、4人目はどうなるのかというとどんどんツリーの下のほうについていくわけです。これがスピルオーバーという仕組みです。

この仕組みでは、ツリーの頂点、あるいは上に集客力がある人、影響力のある人がいるとスピルオーバーで勝手に自分の下にも人がついてくる可能性があり、報酬が入るということになります。
ですから蝶乃舞さんのように集客力のある人に紹介してもらえれば、自分の下にも人がたくさん付く可能性があり、それだけ収入が増える可能性があるということです。

4-3.週単位のボーナスがある

ワールドベンチャーズでは、精力的に新規会員を獲得したチームや個人に向けて週単位で報酬を支払っています。

4-3-1.直紹介ボーナス

1人目を紹介後、28日以内にさらに2人紹介し合計3人を紹介した場合100ドルのボーナスがもらえます。
その後さらにまた1人(合計4人目)を紹介することに成功し、そこから28日以内に2人紹介し合計3人の紹介に成功すると(累計すると6人)150ドルのボーナスがもらえます。
さらに、その後また1人(合計7人目)を紹介することに成功し、そこから28日以内にさらに2名紹介し合計3人の紹介(累計すると9人)できたら150ドルのボーナスがもらえます。

4-3-2.サイクルボーナス

自分を頂点に下に左右それぞれ3人(合計6人)ずつチームメンバーが増えると100ドルのボーナスがもらえます。

他にもたくさんのボーナスが用意されています。こんな風に、会員を新規獲したり、自分の下についている人達が、毎月継続的に会員として活動していれば、それが収入に結びつくというシステムがあります。

5.ワールドベンチャーズのメリット

ワールドベンチャーズの会員になることで得られるメリットを3つ紹介します。

5-1.魅力的な海外旅行を会員価格で楽しめる

ワールドベンチャーズは会員制の旅行会社です。
旅行業界のグラミー賞と言われているワールドトラベルアワードを毎年受賞しており、ヨーロッパや地中海全域、アジア、北南米地域への旅行、豪華クルーズ旅行、
スキーツアー、、アフリカのサファリツアー、スポーツイベント、ボランティアツアーなど魅力あふれるさまざまなツアーを企画提供しています。
宿泊先も、ヒルトンホテル、ハイアットホテルなどの有名な4つ星、5つ星ホテルです。

こうした豪華ツアーを格安の会員価格で楽しめるのは、ワールドベンチャーズが誇る250万人の世界的な会員の数に理由があります。
ドリームトリップと呼ばれる格安のセレブツアーは、年間で1000件以上企画提供されていますが、それにより豪華ホテルなどを、何百人単位でまとめて一定期間予約することが可能になります。
うちにはたくさん会員がいて、確実にそこのホテルや施設を利用しますから、値段下げてくださいよとお願いすることができるのです。

5-2.月額費が無料になる

ワールドベンチャーズに継続的に参加するには月学費を払わなければなりません。
ゴールド会員は66ドル、プラチナ会員は115ドルです。
しかし、入会後に4人を紹介すれば、これが無料になります。
4人を直紹介できれば、ボーナスも発生しますので、これにはとてもメリットがあります。
ちなみに、家族の一人がまず会員になり、ほかの家族4人を紹介する裏ワザ的な方法を使った方もおられます。

5-3.ビジネスになる

これまで紹介してきたように、ワールドベンチャーズはネットワークビジネスになります。インターネットでうまく会員を紹介できれば、それが報酬になります。
これまでのネットワークビジネスのように商品をいちいち説明したリ、会員集めのための営業活動をしたり、電話をかけまくる必要もないというメリットがあります。

6.ワールドベンチャーズのデメリット

ワールドベンチャーズに関するデメリットもいくつかあります。

6-1.旅行は現地集合・現地解散

企画されている旅行の現地までの航空券、ホテル予約、宿泊代、食費などは自腹です。
ワールドベンチャーズの子会社の運営するサイトにロビア(Rovia)というものがあり、そこから航空券やホテル宿泊などを格安でネット予約できます。
とはいえ、普段から海外旅行になれていない方からすれば、自分で飛行機のチケットやホテルを予約して、現地まで行くということを考えるとそれだけでハードルがかなり高くなります。
また日本人は長期の休暇を取るのが苦手という点もあります。
こうした点を考えるて、会員になるのをためらったり、会員をやめてしまう人が出てきます。そうなると自分の下に付く会員が伸び悩む、報酬が増えないという事態に陥ります。

6-2.毎月貯まるポイントは1年が有効期限

1回の旅行で消費できるポイントには上限があるので、すべてのポイントを1度で消費することはできません。月会費を払い続けて、ポイントを貯めても、年に1度くらいしか海外旅行にいけないなら月会費やポイントが無駄になる可能性があります。

7.ワールドベンチャーズはどれくらい儲かるの?

蝶乃舞さん自身がワールドベンチャーズでどれくらい儲けているのかは先ほど紹介しました。毎月2億円くらいはこれで儲けているということでした。
Facebookの彼女の投稿では、ワールドベンチャーズのイベントに参加した時のことが投稿されています。
”写真は今回のイベントフィナーレ。
全てのIMDが壇上に。
シャイな私も、今回は上がってみました。
左後ろに、南アフリカの最年少IMDがいます。
彼は18歳でワールドベンチャーズを始め、今では年収億です。
南アフリカの月収は2-3万円。
入会金は私たちには少額ですが、南アフリカの人には給料の2ヶ月分と、かなりハードル高いです。
南アフリカでしかも何の人脈も持たなかった18歳の彼にできて、先進国の大人にできないなんて、あり得ないでしょ!”
(引用:https://www.facebook.com/cibsjpより)
人脈なしの人でも、「億り人」になれるくらい儲かる可能性があるそうです。

まとめ

今回は蝶乃舞さんが参加して成功を収めているワールドベンチャーズという旅行をいわゆる商品としたネットワークビジネスを紹介しました。
直接電話をかけたり、人に会う必要がなく、自分のSNSやブログで旅行の情報を提供し、それに興味を持った人が会員になれば、報酬につながります。

ワールドベンチャーズに参加すれば、自分や家族、パートナーといろいろな国に旅行に行けるので、ビジネスとプライベート両方を楽しむことができます。
ネットビジネスや旅行に興味のある方は、このワールドベンチャーズとそれで成功を収めている蝶乃舞さんについて詳しく調べてみるのはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です