蝶乃舞さんのプロフィールを紹介!彼女の画像など

ネットビジネス界の女王、蝶乃舞さん。彼女はブログやFacebookなどで自身の画像を多くあげております。蝶乃舞さんとは一体どのような人物なのか一緒に見ていきましょう。

蝶 乃舞のプロフィール

早稲田大学理工学部数学科卒。大手予備校の人気数学講師を経験後、在宅WEBデザイナーとして独立。後に、アフィリエイターとして活躍し、莫大な不労収入を得るようになります。現在は子育てと両立させながら隙間時間を使って毎年億単位の収入を得ています。アフィリエイト事業のほか、ネット起業支援事業も手掛け、様々な企業の理事や取締役も務めています。

彼女が手掛けている企業

  • 一般社団法人日本作家協会代表理事
  • 一般社団法人インターネットビジネス適正機構協会理事
  • 遊雅セレブリティ株式会社取締役

早稲田大学理工学部数学科卒の学歴を持つ超エリート。卒業後の道も明るく、大手予備校の人気数学講師として活躍。一般の大手企業ではなく、あえて予備校の講師を選んだのは、勤務時間に対する収益効率が非常に高かったからだと言います。いかにも理系才女らしい発想ですね。

目先の安定した収入ではなく、収入効率を優先するあたり、このころからネットビジネスで大成する素養が伴っていたと見えます。

蝶乃舞さんは、数学講師の仕事でも大成していたそうで、講師を始めてから半年にして収入が3倍にも跳ね上がったそうです。しかし、多忙なあまり体調不良を起こしてしまい、ついには退職を決意します。

予備校講師を引退した後、蝶乃舞さんは在宅ウェブデザイナーとして独立します。現在に至るまで在宅ワークを続けている理由は、体が弱くても自分のペースで仕事ができるからだと言います。

蝶乃舞さんはWEBデザイナーとしても大成功を収めます。月収200万円を達成し、一流WEBデザイナーとしての地位を確立させます。しかし、その仕事も長く続きませんでした。双子が生まれた後、子育てが忙しくなり、仕事に割ける時間が徐々に減っていきました。そのことが原因でクライアントも徐々に減っていき、引退に追い込まれたそうです。

WEBデザイナーを引退後、体が弱くても自分のペースで行うことができ、さらに子育てとも両立できる仕事を模索することになります。

そして彼女が見つけたのが、ネットビジネスでした。彼女はブログなどで集客をし、サイトアクセス数を増やし、アフィリエイトによる広告収入費で莫大な不労収入を得ることができるようになりました。

蝶乃舞さんは自身の月収が5,000万円を越えたのを機に法人化を決意します。それ以降8年間、育児の傍ら隙間時間を使って毎年3億以上の収入を得ています。

近年では、蝶乃舞さんは自身の経験を活かして、ネットビジネススクール「シビスアカデミー」を設立します。シビスアカデミーの評判は良く、受講生の多くがそのノウハウを再現させ、年収1,000万を突破しています。

シビスアカデミーは社会的地位も次第に確立させていきました。現在では通信生の高校とも連携をとり、ネットビジネスで高校卒業資格がとれるようになっています。

蝶 乃舞の会社名は?

一般社団法人日本作家協会代表理事、一般社団法人インターネットビジネス適正機構協会理事、遊雅セレブリティ株式会社取締役など、蝶乃舞さんは、様々な企業の代表を手掛けています。それぞれの企業に公式ページがあり、主にネット起業支援事業を行っています。

遊雅セレブリティ株式会社が運営するネットビジネススクール「シビスアカデミー」では100人以上の受講生が年収1000万を達成し、非常に人気のセミナーとなっています。

蝶 乃舞の画像は?

蝶乃舞さんの画像は、彼女のブログやFacebookで見ることができます。ネット上では「詐欺師」「悪女」などと悪評が多くある中、蝶乃舞さんは堂々と自身の顔写真と本名(高嶋美里)、子供の写真を公開しています。ネットビジネス業界人の宿命である「悪評」を背負いながらも、それに怯むことなく、彼女は自分のビジネスを凛として続けているのが分かります。

蝶乃舞さんのブログとSNSは、「高嶋美里」と本名で検索をかけた方が見つけやすいです。

蝶乃舞さんのTwitter https://twitter.com/maitan18

蝶乃舞さんのFacebook https://www.facebook.com/cibsjp

蝶乃舞さんのアメブロ https://ameblo.jp/takashimamisato/

その端正な顔立ちから、「若い頃の写真を見たい」という方も多いと思います。しかし、残念ながら若いころの写真を見つけるのはかなり困難です。彼女がこれからのブログで画像をあげてくれることに期待しましょう。

まとめ

ネットビジネス業界人は、「ネット上で活躍している」という特性上、「胡散臭さ」がどうしても付き纏います。蝶乃舞さんが自身のプライベート画像をネット上に多くアップしているのは、その「胡散臭さ」を払拭しするねらいもあるかもしれませんね。

蝶乃舞さんについて、ネット上では「こどもの画像をビジネスに利用している」という、悪意を持った見解もあります。しかし、「双子を持った母」として、一般家庭の母親と同じようにブログやSNSに画像をあげていると見れば、彼女の人となりを客観的に見つめることができそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です