これまでのビット コインの価格の推移は?



今話題になっている仮想通貨「ビットコイン」

いまででは各メディアで名前は聞きますが、
まだまだ謎が残る部分も多いと思います。

今回はビットコインのこれまでの歴史や
価格推移についてみていきたいとおもいます。

いままでのビットコインの価格推移

この件については、こちらのサイトで、とりあげられてるみたいです。まずは、こちらを読むことを推奨します。
↓↓ こちらをご確認ください ↓↓

これまでビットコインの価格は常に更新されながら運用されています。

例えるならば株の取引きをイメージされると分かりやすいと思います。

これまでもビットコインの価格は上がったり下がったりを繰り返してきました。

その価格変動をビットコインの歴史と一緒に見ていきます。

ビットコインの歴史

ではここでビットコインの歴史について振り返っていきます。

実はビットコインは2008年にナカモトサトシさんが
インターネット上に論文が投稿したのがきっかけでスタートしたそうです。

ナカモトサトシさんはビットコインの仕組みでもある
「ブロックチェーン」の発案者としても有名で、
この論文をきっかけにプログラマーがどんどん開発を
続けていき現在のビットコインの原型ができたそうです。

そして研究をし続けて2009年1月3日に「
ブロックチェーン」の最初のブロックが公開されたそうです。

そしてナカモトサトシさんからソフトウェアの開発者でもある
ハル・フィイーさんにビットコインを送信したことがきっかけで
世界初の取引が行われました。

しかし開発途中に脆弱性による問題や環境、
世界情勢といった様々な問題に巻き込まれ、
相場が一気に下がったり持ち直したりを繰り返してきたそうです。

2010年には10000ビットコインとピザを交換する取引も行わえれました。

そして2010年7月にアメリカのニュースサイト
「スラド」でビットコインが取り上げました。

同時にジェドマケーレブさんが
「マウントゴックス」というビットコイン取引所を立ち上げました。

しかしその一か月後にビットコインのバグを狙い
1840億ビットコインが偽造されてしまう事件が発生してしまいました。
開発者の素早い対応のおかげでほぼダメージは残らずに事件は静まりました。

9月には世界で初めてビットコインの採掘に成功した人物が現れました。

2011年3月にはビットコイン取引所である
「マウントゴックス」をティバン社が買収しました。
このことにより日本で初めてのビットコイン取引所の誕生になります。

すると2011年にはタイムズ雑誌に特集されたことがきっかけで、
世界中いビットコインの存在が知られるようになりました。
このことが影響しビットコインの価格が15倍まで跳ね上がったそうです。

しかし「マウントゴックス」のサーバーがハッキングされてしまい、
ビットコインやユーザーの個人情報など盗難されてしまい、
1週間程度取引が停止されてしまいました。
このことによりビットコインの価格も大きくさがってしまいます。

2013年にキプロスが経済不況になりキプロス国内の銀行されたことにより
銀行自体の信用が落ちてしまい、仮想通貨の価値が一気に高まりました。

そしてNHKにもビットコインの特集番組も放送され、
価格楽器に上がりました。

しかし中国がビットコインの取り扱いを停止してしまい
価格がさがってしまいます。

2014年にはビットフライヤーが誕生しましたが、
「マウントゴックス」がまたハッカーに襲われてしまい
巨額のビットコインと現金28億円が盗難されてしまい経営破綻になりました。

その後「Zaif」や「coincheck」などの仮想通貨取引所が登場してきます。

2015年にはアメリカがビットコインに対して免許制度を作り、
営業できる会社の信頼性は高まっていきました

そして2016年には「Bitpoint」や「Bitbank」といった取引所がたちあがりました。

そしてDMM.comがゲームダウンロードサイト
「Steam」でビットコイン決済に対応します。

香港で最大だったビットコイン取引所「bitfinex」がハッキングを受けてしまい、
役12マンBTCが盗難されてしまいました。

2017年には日本のビットコイン取引所が登録制となり信頼が上がっていきます。

ビットコイン購入の際消費税が撤廃されることとなりました。

そして8月にはビットコインが分裂を起こし。
新たに「ビットコインキャッシュ」が誕生。

しかしアメリカの大手銀行JPモルガンが
「ビットコインは詐欺」と発言したことをきっかけで不安要素が広がりますが、
その後2週間後には元に戻りました。

また金融庁は取引所11社が仮想通貨交換業者としてとうろくされることになります。

2017年10がつにはビットコインから分裂しビットコインゴールドが誕生します。

ビットコインの価格推移と時代背景

ビットコインはまだサービスが誕生してから間もないサービスです。
これまでの歴史から振り返ってみると、
経済不況や大手銀行倒産の経済的大ニュースが起こると
ビットコインの評価は大きく上がります。

そして、経済界で大きな人物の発言にも大きく影響されてしまい、
大きく評判が下がることもあります。

ビットコイン 価格推移 見やすい

さてビットコインのこれまでの価格推移は難しいように見えますが、
実は法則があるともいます。

ビットコインは価格の上がり下がりを続けていますが、
実はその平均価格は徐々に上がってきています。

まとめ

今回はビットコインの価格推移についてまとめていきました。

仮想通貨といわれるとまだまだ難しい印象を持たれるかもしれませんが、
意外と法則を見れば簡単のようにおもいます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です