初めてでもわかる!ビットコインの始め方



テレビで毎日のように
情報が取り沙汰されているビットコイン。
2018年に入ってからはコインチェックの
仮想通貨NEM流出事件や
北朝鮮の韓国仮想通貨取引所ハッキングなどで
ビットコインの価格が下落しており、
雲行きが怪しくなりつつあります。

しかし、今後はビットコインの価格が
回復すると予想されていて、
今から始めたいという人も多いようです。
今回は初心者の方向けにビットコインの始め方をご紹介します。

1. 初心者向けのビットコインの始め方

この件については、こちらのサイトで、とりあげられてるみたいです。まずは、こちらを読むことを推奨します。
↓↓ こちらをご確認ください ↓↓

初心者ということでビットコインや仮想通貨について
右も左もわからない状態なのではないでしょうか。
ここではビットコインの始め方というか、仮想通貨の始め方をご紹介します。
方法はどの仮想通貨でもほとんど変わりませんので、
ビットコインだけでなくアルトコインを取引したいという方も
ぜひ読んでみてくださいね。

1-1. 知識をつけること

初心者がビットコインを始めるにあたって必ずやっておくべきことは、
ビットコインや仮想通貨についてよく調べておくことです。

ビットコインや仮想通貨が何なのかを知っている状態でやるのと、
知らない状態でやるのとで、
今後起こる可能性があるリスクに対応することができるかどうかが関わってきます。

知識をつけておくことで、ビットコインにかける資産の割合や、
ビットコインにはどのようなリスクがあるのか、
ビットコインをうまく利用することができるかなど、
本当にビットコインを始めてもいいのかどうかを判断する材料になります。

そのため、闇雲にビットコインを出すのではなく
しっかりと下準備をすることが必要なのです。

1-2. 取引所アカウントを作成しよう!

知識をつけて、さあビットコインの取引を始めようとなったときにまず行うのが
仮想通貨取引所のアカウントを作成することです。

ビットコインは仮想通貨取引所で取引を行うのですが、
アカウントを作成しないと、仮想通貨業界に足を踏み入れる事すらできません。

仮想通貨取引所のアカウントは
メールアドレスとパスワードの設定で作成することはできるのですが、
取引所の多くはアカウント作成後に
個人情報の記入や身分証明書の提出など手続きを行わなければ、
ビットコインを含めた仮想通貨の取引を行うことができませんので、
アカウントを作ったからといって
すぐにビットコインを購入することができるとは限らないようです。

2. まず、ビットコインとは?

そもそもビットコインとは何ぞやという話ですが、
それもこちらでお話させていただきます。

2-1. ビットコイン=電子決済システム

ビットコインは仮想通貨の1つなのですが、
厳密に言うと電子決済システムのことを言います。

どういうことかというと、この世にビットコインという名のコインは
存在しないということです。
電子決済システムがコイン(お金)というものを生み出しているのです。

例えば、よくゲームなどで独自のお金があり、
それで武器や装備品、道具などを売買すると思います。
このコインは実際に硬貨や貨幣という物体として
発行されているわけではありませんが、
ゲームをしているユーザーはそのコインをお金として認識しています。

それと同じようにビットコインも法定通貨として発行されているわけではなく、
1BTCとしてデータ内で表現されていて、
それをユーザーがお金として認識されているのです。

ゲーム内のお金と違うのは特定のサイトだけでなく
現実世界でも利用することができるというところです。
ゲームの場合はそのゲーム内でしか利用することができませんが、
ビットコインの場合はインターネットだけでなく、
現実世界でも決済をすることができるのです。

現実世界でも利用できると言う事は素ビットコインは
「通貨」の1つとして成り立っているのですが、法定通貨ではないため、
価格変動が不安定だと言えるのです。

2-2. ビットコインとアルトコイン、暗号通貨の違い

ビットコインについて調べていく上で
アルトコインや暗号通貨という言葉も出てくるでしょう。
その違いについてですが、まず暗号通貨は仮想通貨の別名のようなものです。
ビットコインやアルトコインは暗号で作られている電子データですので、
そのように呼ばれているのです。

そしてビットコインとアルトコインですが、2つとも仮想通貨なのですが、
その違いとしては

・ビットコイン…仮想通貨の1つ
・アルトコイン…ビットコイン以外の仮想通貨を総称したもの

ということになります。

仮想通貨の中でもビットコインの価格や知名度は抜群に高いため、
ビットコインはビットコイン、
それ以外の仮想通貨はアルトコインとまとめて呼びましょうということになったのです。

そのため、アルトコインは
イーサリアムやリップル、NEMなど数えきれないくらいの仮想通貨があるのです。

3. ビットコインが購入できる初心者におすすめの取引所

さて、どこでビットコインを購入するかですが、
基本的に国内取引所でまずは取引を始めましょう。
海外取引所もありますが、初心者にはハードルが高すぎます。
国内仮想通貨取引所のほうが、取引所の情報や仮想通貨の情報を得やすいからです。

3-1. 初心者に利用しやすい取引所は?

初心者におすすめなのは「bitFlyer(ビットフライヤー)」です。
CMが放送されているので知っている人も多いのではないでしょうか。

ビットフライヤーは取引所の中でも歴史が長く、最大手の取引所です。
しかもいち早く補償も始めており、信用度の高い仮想通貨と言えます。

国内で金融庁から認可されている取引所は全部で
16ヶ所(コインチェックは停止中)あり、それぞれ異なった特徴がありますので、
他の所が気になるという人は他の取引所について調べてみると良いでしょう。

4. ビットコインを購入する前に知っておくべきこと

ビットコインを購入する前に知っておくべきことはいくつかあります。

4-1. 価格変動がしやすい

ビットコインだけでなく、仮想通貨全般に言えることなのですが、
これらは法定通貨のようにある程度価値が保証されているわけではなく、
非常に価格変動がしやすいです。
日本円で言えば1円玉は1円の価値、1万円札なら1万円の価値と決まっています。

しかし仮想通貨の場合、ビットコインで言うと
1BTC=100万円になったかとおもえば、
1BTC=60万円になるということもあるということです。
そのため、利益を出すことも損失を出すことも可能性としてはあり得るということを
頭に入れておいてください。

4-2. 情報によって価格が左右されやすい

先ほど価格変動の話をしましたが、
仮想通貨は情報によって価格が変動しやすいという側面があります。
日本円は銀行などお金に関する情報が出たからといって
価値が変わるわけではありませんが、
仮想通貨の場合、その情報の種類によって上下しやすいのです。

例えば、規制や流出などマイナスな情報が出れば価格は下がり、
新しい通貨の情報や、提携などプラスの情報が出れば価格は上がっていくのです。

そのため、こまめに仮想通貨に関する情報は調べておく必要があると言えるのです。

4-3. 詐欺や流出の危険性がある

ビットコインではリスクはまだ低いかもしれませんが、
仮想通貨によっては詐欺のものが合ったり流出する危険性があるのです。
直近ではコインチェックで仮想通貨NEMが流出しましたが、
そのようなリスクがはらんでいるということを意識しておきましょう。

5. ビットコインを実際に購入してみよう

先ほどアカウントの作成についてご説明しましたが、
ここでは実際にビットコインを購入する際のポイントをご紹介します。

5-1. ビットコインを購入する

アカウントを作った取引所で本人確認ができたら、日本円を入金します。
クレジットカードでも購入することができるのですが、
正直クレジットカードでの購入はおすすめできません。
クレジットカードの利用手数料が取引所にかかってしまい、
それが利用者負担となって価格に上乗せされているのです。

また、アカウントに日本円を入金する際、
振込手数料は取引所ではなく利用者が負担することになります。
そこで、おすすめなのがあらかじめ住信SBIネット銀行で口座を開設する方法です。

住信SBIネット銀行は仮想通貨取引所の多くと提携しているため、
作成しておくことで、振込手数料が無料になります。
そのため、無駄な出費を抑えることができます。

5-2. ウォレットを作成する

ビットコインを購入することができたら作るものがもう1つあります。
それはウォレットです。
ビットコインや仮想通貨は取引所内に預けておくことはできるのですが、
セキュリティの関係であまりおススメしません。

もし仮想通貨取引所の取引が停止されたり、
制限されたときに引き出すことができなくなってしまうのです。
実際今コインチェックの取引が停止されており、
コインチェックに預けていた人は大きな損害を被っています。

ウォレットを作成する際はビットコインに対応したものを
作成するようにしてください。
他の仮想通貨と違い、対応しているウォレットは多いですが、
万が一未対応のを作ると使えませんので気を付けてください。

なお、ウォレットには決済用と保管用がありますので、
使い分けがあることを頭に入れておきましょう。

まとめ

いかがでしたか?
今回はビットコインの知識や購入方法などについてご紹介していきました。
初心者で全く分からない人が少しでも理解してもらえていたら幸いです。

ビットコインを購入するときはビットコインを購入するリスクを知ったり、
できるだけトラブルに遭わないように下準備をしてから望むようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です