沼津で相続に強い弁護士を紹介!ひびき法律事務所について!

沼津で相続に強い「ひびき法律事務所」の弁護士の実績や専門分野は?ひびき法律事務所の弁護士を紹介したいと思います。そして集団訴訟に関わりがあるのか?こちらも紹介します。ぜひ最後まで読んでみてくださいね!

1.沼津で相続に強い「ひびき法律事務所」の弁護士とは?

この件については、こちらのサイトで、とりあげられてるみたいです。まずは、こちらを読むことを推奨します。
↓↓ こちらをご確認ください ↓↓

静岡県沼津の市役所の近くにある「ひびき法律事務所」。
「弁護士と依頼者が信頼関係を結んで“ひびき”あう」これを目標として活動しています。

そしてひびき法律事務所には、遺産相続に強い弁護士がいます。

原田健一氏です。

弁護士になったきっかけ

「弁護士になったきかっけを簡単に説明。論理的に考えて結論を出すことが嫌いではなく、自分の力量で道を切り開ける弁護士に魅力を感じた」、「中立的な裁判官より、当事者と直接話して聞いて仕事をしたいと思い、弁護士を選んだ」とおっしゃっています。

趣味は、温泉やドライブ、ランニング

子どもの権利委員会に所属していて、自然災害時の子どもの支援活動もしていきたいと述べています。

原田健一氏は、「依頼者の話を汲み取り時間かけてきちんと聞く」これを大切に依頼者と向き合っています。

遺産相続の問題は、法律だけに照らし合わせるだけでは、本当の解決にはならない。
遺産相続を紛争になってしまう原因には感情も入ってくるので、法律だけに当てはめて考えるだけではなく時間をかけて、依頼者の思いを汲み取ることが大事。

と原田健一氏はおっしゃっています。

そのため初回相談は無料としているので、遺産相続に関係することを相談してほしいと思います。

2.「ひびき法律事務所」の弁護士の専門分野は?

原田健一氏の専門分野はなんでしょうか?
遺産分割、遺言作成、相続放棄、生前対策、遺留分、相続税など
相続全般に強い弁護士です。

ですがこれ以外でも、交通事故、債務整理、離婚、刑事事件、相続、不動産関連など
幅広く活動していることが分かります。

3.「ひびき法律事務所」の弁護士の実績は?

「沼津で相続に強い弁護士」と言うことで相続全般に強いので、実績は多数あると考えて良いでしょう。
「損害保険の法律相談 I(自動車保険)」という本の執筆をしたこともあります。

経営支援セミナー2014のセミナー講師をしたこともあり、このセミナーでは相続と遺言のことを話しました。

静岡県交通事故被害者の弁護団の会員にもなっています。

4.「ひびき法律事務所」の弁護士は集団訴訟に関わりはある?

原田健一氏は集団訴訟の関わりがあるのかを調べてみましたが、これと言った情報はなく
個人の見解でお話していきますが、「相続全般」に強い弁護士なので、集団で訴訟する事案がないのではないかと思っています。

ですが「交通事故」を取り扱い分野としているので、交通事故関連の集団訴訟は多いかなと思っていますが、実際に集団訴訟をしたのかはわかりません。

沼津で相続に強い「ひびき法律事務所」の弁護士 まとめ

沼津で相続に強い弁護士、原田健一氏のことについてまとめてみますと

・相続に強い弁護士
・法律も従いつつ、依頼者の気持ちを汲み取り時間かけて聞く。これを大切に向き合っている。

・原田健一氏の専門分野は相続全般で、取り扱っている分野は、交通事故、債務整理、離婚、刑事事件、相続、不動産関連などを扱っている。

・原田健一氏の実績は、相続に強いと言われているので、相続に関する仕事をたくさんしてきたのではないかと個人的に思っている。
その他にも、執筆したことのある「損害保険の法律相談 I(自動車保険)」やセミナー講師、静岡交通事故被害者の弁護団の会員になっていると言うこと。

・集団訴訟については情報がなく、個人の見解としては交通事故関連で集団訴訟をしたことがあるのではないかと思っている。

このようにまとめてみました。
個人の見解も交ざっていますがご了承ください。

原田健一氏に相談をしたい場合は気軽に相談してみてはいかがでしょうか?
原田健一氏、自ら依頼者の気持ちを汲み取り時間かけて聞くと言っていて、初回相談は無料、土日祝日や平日夜間も予約を事前にしていれば対応してくれるとおっしゃっています。

夜間に相談を聞いてくれる事務所はなかなかないと思います。
原田健一氏の誠実さ優しさがにじみ出ているなと感じました。

親しみやすく親身になって悩みを聞いてもらえるので、ぜひ相談をしてみてほしいと思います。
下記のリンクから原田健一氏に相談できます。
https://www.souzokuhiroba.com/bengo/shizuoka/hibiki-souzoku.html

沼津で相続に強い弁護士、原田健一氏についてでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です