弁護士には類語があった。弁護士費用を安く済ませる方法とは?

弁護士

事件があっても泣き寝入りしていませんか?
訴訟を起こしたいけれど、実際に自分にそんな費用の余裕がなくなにもできずにおわっていませんか。
ここでは弁護士の歴史を簡単に解説し、今までどんなように呼ばれてきたか、高騰した弁護士費用を安く済ませる方法などをご紹介します。
弁護士の類語についても詳しく説明しております。

1.弁護士は、公事師(くじし)や代言人と呼ばれて安価で依頼できた時代があった

この件については、こちらのサイトで、とりあげられてるみたいです。まずは、こちらを読むことを推奨します。
↓↓ こちらをご確認ください ↓↓

弁護士には類語があるのをご存知でしょうか。

現在の弁護士と呼ばれる前、明治前半期には代言人(だいげんにん)とも呼ばれれていました。
代言人という言葉が初めて作られてから5年ほどで免許性になり司法卿から免許を得ることができた人のみが代言をすることができるという規制が作られました。
今の弁護士も免許がないとできないのはこの頃から始まりました。

代言人の他に公事師(くじし)は江戸時代に存在した言葉で、当時の訴訟の代行を仕事としていた人の事を指します。
他には、出入師(でいりし)・公事買(くじかい)などと呼ばれることがありました。
その後代言人制度が参入し、現在の日本の弁護士制度のもとになっていますが、公事師(くじし)は現在の事件師(じけんし)にあたるもので、全く一緒のものではないようです。

また、安価に依頼ができたり、内済という若い手続きの斡旋・成りすましをして法定に出廷をすることなどがあったりなど安価で依頼ができたりかなりのグレーなところもあったようです。

2.弁護士の地位向上と共に訴訟などの弁護士費用も高額に

時代が進むにつれ、様々な規制や法律が定められたため弁護士の地位がどんどんあがっていきました。
弁護士法により、弁護士資格を持っていない人が、「弁護士だ」と名乗ることは禁止されています。(名称独占)
さらに、弁護士資格を持たない人が、報酬を得るために法律事務所を仕事にすることも禁止されています。(非弁行為)

弁護士の地位向上は難易度と比例する

弁護士は、日本では法科大学院過程を修了し法務省司法試験委員会がおこなう司法書士試験を合格しなければなりません。
合格しても、すぐに弁護士として業をなせるわけではなく、司法研修所へ入所し、そこでの過程を修了し、弁護士になるという流れが一般的です。
誰でもなれる職業ではなく、大学院をでる費用が必要になることや、難易度の高い勉強が必要になってくるため目指す人は多いものの弁護士になれず脱落していく人もあとをたちません。
そのため、弁護士という職業にはエリートなどのイメージがつき、一流の職業としてなす仕事やその責任の重さや業務の多さなどから、弁護士費用は高額になっているのです。

3.集団訴訟など、弁護士の費用を安く済ませる方法を紹介

なにか事件や問題などが会った場合、弁護士に依頼をしたいと思っていてもどうしても頭をよぎるのは「弁護士費用」ですね。
弁護士費用は一般的に高額になり、事件によっては「勝てないから自分にとってマイナスになるのでは」という認識をされている人も多いかと思います。
弁護士事務所によっても費用は大幅に異なりますが事件に酔っては、複数人で弁護士の費用を済ませられるものがあります。

集団訴訟

集団訴訟は個人ひとりでの訴訟にくらべて、かなり費用は抑えられるものになっています。
一人での訴訟を起こした場合は事件にもよりますが、最低20万円の費用が必要になってくると考えておくことが無難です。
一人での訴訟に比べて集団訴訟(複数人での訴訟)の場合は数万円からの費用で訴訟をおこすことができます。一人あたりの負担する費用が安くなるというメリットがありますね。
またダタ(無料)で参加ができるという場合もあるようです。
無料で訴訟をおこせた場合、一人で訴訟するよりもかなり負担金額は減りますね。
また、集団訴訟は世間に活動が広まる事で、協力や支援を受けやすくなるといったメリットもあります。
複数人で訴訟をおこすため、証拠があつまりやすいのもメリットの一つです。
証拠が多ければ多いほど訴訟を有利に進めることができるので、そういった観点からもすすめやすく弁護士費用も安く抑えられる要因となっているでしょう。

弁護士の類語にみると弁護士費用 まとめ

弁護士の類語には、代言人(だいげんにん)、公事師(くじし)、出入師(でいりし)・公事買(くじかい)など多くの言葉が存在していました。
実際に現代社会において、なじみの深いものではありませんが歴史をしるととてもおもしろいですね。
また、弁護士の地位が高まる中、弁護士費用も高騰していきましたが事件によっては集団訴訟などで訴訟を起こせるものならば費用はかなり安く済むこともわかりました。
なにか特別なことを知らないと訴訟を起こせないというわけではありません。
もちろん集団訴訟が安く済むことは利点ですがもちろん利点ばかりではありません。
しかし泣き寝入りするということを回避できるのも事実。
以外に私たちの身近にある事件などは沢山あります。弁護士費用を抑える方法を知っているだけでこれからが違ってくるのではないでしょうか。
もちろんメリットやデメリットをきちんと見定めて適切な方法を選ぶことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です