弁護士 沼田徹についてのまとめ

弁護士

青森弁護士会会長(平成21年度)を務めていた“沼田徹”氏はどんな弁護士でどんな案件を担当し、どんな評価を得ているのでしょうか?
そして集団訴訟への関わりはどうでしょうか?それでは彼の経歴や実績などを見ていきましょう。

1.弁護士 沼田徹氏とは?

この件については、こちらのサイトで、とりあげられてるみたいです。まずは、こちらを読むことを推奨します。
↓↓ こちらをご確認ください ↓↓

青森弁護士会会長を務めていた(平成21年度)弁護士であり、沼田法律事務所(〒030-0861 青森県青森市長島2-19-11 Tel 017-777-7700)に所属する弁護士です(登録番号23421)。青森県出身、平成4年、最高裁判所司法研修所修習終了(46期)。

2.弁護士 沼田徹氏の専門分野は?

実に幅が広く、とりわけ民事に関しては、離婚、破産、遺産分割、交通事故など、“知的財産関係”以外であれば基本何でも担当するとのことです。
この件からも、刑事事件よりも民事案件を専門にした弁護士であることが判ります。(“第2章 青森県の司法関係職 第1節 青森県弁護士会・沼田徹会長” pdfデータ より一部引用)

3.弁護士 沼田徹氏の実績は?

情報不足のため詳細は不明ですが、民事訴訟を中心に活躍している弁護士です。
手がけた案件もかなりあり、顧客の評価も高いようです。
その中でも身体障害者や福祉関係、高齢者の権利に関する案件での弁護に定評があります。

県内でも5本の指に入る評価

“ジュリナビ”とよばれるwebサイト(法科大学院生、ロースクール生、弁護士の就職・採用支援を目的とした日本で唯一の法科大学院公認サイト)での都道府県別法律事務所ランキング、青森県部門第5位にランクインするほどの評価を受けており、この事実からもかなり高い評価を受けていることがうかがえます。

主な役職

弁護士会関係:青森県弁護士会会長(平成21年度)、日本弁護士連合会理事、東北弁護士会連合会理事、日本 弁護士連合会高齢者・障害者の権利に関する委員会委員
公職:青森地方裁判所・家庭裁判所調停委員、人権擁護委員、青森県建築紛争審査会委員、青森県開発審査会委員、 青森県社会福祉審議会委員、青森地方社会保険医療協議会青森部会長
その他:青森県社会福祉士会理事、青森県運営適正化委員会(福祉サービス相談 センター)委員長、NPO セーフティーネットあおもり理事長、身体障害者療護施設内潟療 護園福祉オンブズマン委員会委員長、諏訪ノ森会福祉オンブズマン委員長

4.弁護士 沼田徹氏は集団訴訟に関わりはある?

例によって情報不足のため詳細が不明なため分かりませんが、役職などを見ると普通に依頼も受けてくれます。
もし青森県で集団訴訟を考えている方は一度相談してみると良いかと存じます。とりわけ高齢者や身体障害者の権利にまつわる案件であれば依頼者の期待に応えてくれるでしょう。その他民事案件をお抱えの方も勇気を持って相談に行くことをお勧めします。

弁護士 沼田徹氏 まとめ

とりあえず簡単に沼田氏について見てきましたが、現状分かる範囲ではありますがある程度はお分かり頂けたと思います。
確かに詳細があまり分からずご不満の方もいらっしゃると思いますが、当の弁護士会や日弁連の隠蔽体質に起因している話でもあるのでそのへんは何卒ご容赦頂きたく存じます。

弁護士の見本

実績や役職などを見ていくと正に“弁護士の鑑”とも呼べる弁護士と言えます。実際いずれもそれなりの実績が無ければ任されるものではありません。
それだけに弁護士を志す人にとっては手本となる弁護士とも言えます。ゆえに民事訴訟において弁護人を依頼するのであれば彼のような弁護士を選ぶのが賢明かつ確実でしょう。

高齢者、身体障害者の権利の擁護者

役職や評価を見た場合、主に高齢者や身体障害者の関わる案件に強い弁護士と言うことが出来ます。
それだけに高齢者や身体障害者が関わる民事訴訟であれば最も選ぶべき弁護士です。
青森県在住で高齢者、身体障害者関係の問題にお困りの方は是非ご利用されることをお勧めします。
その他民事訴訟をお考えの方も青森県在住であればとりあえず相談だけでもして見る価値はあります。

良き弁護士との出会いのために

彼のように優秀な弁護士との出会いをより効率よくするためにも弁護士会や日弁連には情報公開を強く求めていくべきと筆者も考えます。
とりわけわたし達一般市民は日常生活や仕事の関係上弁護士探しに時間や労力を割くには厳しい場合が多く、出来れば短時間で済ませたいと考えています。
肝心のネット検索も日弁連や弁護士会の隠蔽体質が災いし、遅々として進まない場合がほとんどです。
だからこそ弁護士データバンクのような総合的webサイトが必要なのではないでしょうか。
全てはわたし達市民と弁護士のより良き出会いのためであり、人生をつつがなく生きるためでもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です