なぜ弁護士が税理士登録をするのか?そのメリットとは

弁護士は弁護士資格を持っているだけで、税理士などの他の業務ができます。それらはどんな資格なのでしょうか。そして弁護士はなぜ税理士登録をした方がいいのかについてそのメリットとはどんなことなのか。もし訴訟問題に発展した場合に弁護士を選ぶポイントとは。

1.弁護士は税理士にもなれる?

この件については、こちらのサイトで、とりあげられてるみたいです。まずは、こちらを読むことを推奨します。
↓↓ こちらをご確認ください ↓↓

1-1.弁護士資格だけで登録ができる業務とは

弁護士は、法律系資格の頂点に位置しているといえます。また弁護士法第3条では「すべての法律事務を職務とする」とあります。このことから、他の業務を行うことも可能です。弁護士資格者の業務として、法律相談、書類作成、刑事裁判の弁護、民事裁判の弁護など法律に関するあらゆる業務が認められています。

またこの資格による汎用性も高く、他の業務に携わることができ、それらの資格登録も弁護士資格があれば可能なものがあります。弁護士資格によって登録ができるものとは、税理士、行政書士、社会保険労務士、弁理士、海事補佐人があります。

各資格を登録する際は、それぞれ「日本弁理士会」、「日本税理士連合会」、「日本行政書士連合会」「全国社会保険労務士連合会」、「国土交通省海難審判所」に登録申請する必要があります。ではなぜ弁護士の資格取得者が他の法律系資格を持つことができるのでしょうか。

その根拠となるのが弁護士法第一章「弁護士の使命および職務」の第3条弁護士の職務にあります。その内容とは、「弁護士は、当事者の当事者その他関係人の依頼または官公署の委属によって、訴訟事件、非訴訟事件、審査請求、異議申立、再審査請求など行政庁に向けての不服申立事件に関する行為や一般の法律事務を行うことを職務とする」というものです。

特に最後の「その他一般の法律事務を行うことを職務とする」とありますから、弁護士は法律全般の実務処理が可能ということです。ですから、税法や社会保険法の事務やその他の法律事務を行うことも可能なわけです。

そして弁護士法第3条2項において「弁護士は、当然、弁理士および税理士事務を行うことができる」と明記されています。税理士や弁理士には資格がなければ従事できない業務もあるのですが、弁護士はそれらの業務も認められています。

1-2.弁護士資格だけでは登録できない業務とは

司法書士が一般的に行う業務は弁護士資格を持っていれば可能です。しかし弁護士資格を持っていても、司法書士資格の登録をすることはできません。弁護士資格があっても登録ができない資格には、公認会計士や土地家屋調査士といったものがあります。それらの資格に必要は監査や測量業務は、法律事務以外の知識とスキルが必要であるという理由からです。

2.弁護士は税理士登録をしなくても通知税理士になれる

公認会計士は税理士登録しなければ税理士業務をすることができませんが、弁護士は税理士登録をしなくても通知弁護士の業務ができるという制度があります。つまり税理士登録せずに、税理業務ができるという制度があります。ですから、弁護士は税理士登録をしなくても通知税理士になれます。

3.弁護士が税理士登録をするメリットとは?税務上の不服申立手続の代理人ができる

弁護士が税理士登録するメリットはあるのでしょうか?税理士登録すると毎会費が発生したり、税理士会の要請で税務相談に駆り出されるといったデメリットが発生するのではないかと思われますが、弁護士にとってそのようなデメリットはないのでしょうか。

3-1.資格があっても税理士登録しない人の理由

税理士の資格を持っていても、税理士の登録をしなければ税理士として名乗ることができません。しかし税理士の資格を持っていても登録をしない人もいるようです。それはなぜかというと、税理士に登録することでそれに伴う諸費用がかかるという理由もあるようです。

たとえば税理士の登録料、登録免許税、登録時研修費用で合計15万ほど万円かかります。それだけでなく税理士会への入会金と税理士会年会費で合計15万円ほどかかります。税理士に登録するとその年の諸経費だけで30万ほどかかることになります。税理士の免許を取得しても、税理士の登録をしない人の理由にこういった諸経費の問題もあるのは当然かもしれません。

3-2.弁護士が税理士登録することのメリット

ではなぜ弁護士が税理士の登録を必要とするのでしょうか?弁護士が税理士登録をする理由は税務調査の立会や、調査結果の説明のときに税務者の代理人業務ができ、税務調査員との協議ができるという理由があります。また税務申告だけでなく、税務訴訟のために税理士登録する弁護士も多いようです。

4.頼れる弁護士の選び方は?

頼れる弁護士というのは、あらゆる分野で対応できる能力と経験があるとうことでしょう。それらを確認するには、その人のそれまでの実績や業務に対する方針などの情報を得ることが重要です。現在ではネットでの情報も豊富ですから、法律事務所のHPや口コミなどでも情報を得ることができます。

その人の学歴や経歴、またどんな分野に注力しているかといった情報も把握することはそれほど難しくないでしょう。しかし、自分にとってよい弁護士とは、まず信頼できる弁護士であるということでしょう。たとえば知人から紹介されて会ってみたけど、残念ながらあまり信頼できないと思うこともあるかもしれません。

また信頼できそうにないから、自分にとって悪い弁護士だとも言い切れないでしょう。それでも信頼できるという印象は大事です。では信頼できる弁護士とはどんな人なのでしょうか。まず話しやすい弁護士であることが望まれます。訴訟を起こす場合、結果がどうなるか分かりませんが、取りあえず話しやすい弁護士を選ぶということが重要ではないでしょうか。

弁護士が税理士登録をするメリットは?まとめ

弁護士と税理士は互いに協力し合っているというケースが多くあります。法律的な問題や相続問題では弁護士が専門であり、税務に関しては税理士が専門ですから互いに専門的な分野で補っている部分があります。ですから弁護士が税理士登録するというのは税理士に頼らなくてもできる業務を確保できる点でメリットがあるといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です