弁護士に依頼する際に気をつけなければいけないルールとは?

デスク

弁護士に依頼をしたいけれど依頼の仕方が分らない。
なにか知らないルールがあるのか?などと不安なことも多いと思います。
弁護士に依頼をするまでの流れ・ルールなどをご紹介します。

1.弁護士に依頼をする際に、何らかのルールはあるの?

この件については、こちらのサイトで、とりあげられてるみたいです。まずは、こちらを読むことを推奨します。
↓↓ こちらをご確認ください ↓↓

弁護士に依頼する時、なにかルールはあるのでしょうか?

1-1.弁護士に相談をしに行ったら、必ず依頼をしなければならない?

実際に弁護士に相談をしにいったらその弁護士さんに対して不信感がなければいいのですが、「この弁護士さんじゃない方が良いな」などといった気持ちが会った場合、不信感などと共に高額の費用をかけて依頼をする事をためらってしまいますよね。
法律相談をしたから必ずその弁護士さんに依頼をしないのではないかと思うかも知れませんがすそういったルールはありません。
実際に信頼できる弁護士さんに頼むことが一番でしょう。

1-2.弁護士に依頼する場合費用はいつ用意するの?

法律相談をした弁護士さん、契約を結ぶ時に弁護士費用のことなども相談ができます。
相談者の事情によって、後日振込みや再度弁護士事務所にいって支払いをするということができるようになっています。
事前に必ず用意しておかないといけないというルールはないようです。
相談に色々のってくれる弁護士事務所が多いようですね。

1-3.弁護士に依頼するにあたって、弁護士費用の他に謝礼などは必要?

依頼をお願いした弁護士さんに対して謝礼品や贈答品などはいるのかどうかといった事がきになりますよね。
しかしその必要はまったくなく、贈答品などは弁護士職務基本規程で禁じられているといったルールがあるので、用意しても受け取れないことになっております。

2.弁護士に依頼してからの流れを紹介

弁護士に依頼してからの流れについてです。
まず、依頼をする前に、法律相談をしにいくことをおすすめします。
法律相談をすることによって、問題への対処の仕方、法的なアドバイスをうけることができます。

2-1.任意契約書の作成

正式に弁護士に依頼することを決まったら契約を始めるときには「任意契約書」を作成することになります。

2-2.前払いがある場合のお金の支払い

弁護士事務所にもよってルールは様々なので、確認をしてみましょう。
もしもすぐに前払いなどをする事ができないなど、問題がある場合にはきちんと費用について弁護士さんに問い合わせや相談をすることが大切です。

2-3.相手と交渉

争う相手との話し合いが困難な場合、弁護士が相手との間に入り代わりに交渉します。
相談内容などをもとに事前に準備をしておいてくれ、弁護士さんが代理でやってくれるので、弁護士さんがやりとりをしてくれる場合もあります。
争う相手に会わなくても良い分大変に助かりますよね。

2-4.調停

交渉で解決が困難な場合、裁判所で調停がおこなわれます。
本来調停日には裁判所に出向き話をすることが必要とされていますが、弁護士さんが代理に話してくれることができるので、裁判所に足を運んではなしを必ずしもいかなければいけないことはありません。
しかし、依頼人の出席が必須になる場合もあるようなので確認を。

2-5.訴訟

交渉・調停で解決できなかったとき、訴訟をおこすことになります。
訴訟をおこして勝ち目があきらかにない、依頼人にとってのメリットがない場合は訴訟をおこさないケースもあるようです。

2-6.事件修了後、費用の支払い

成功報酬型の場合は、敗訴したら支払わなくていいといった場合もあるようです。
時間性報酬型、実費・日当については事件がおわってから支払うことが一般的です。

3.弁護士費用は高額?

法律相談をする際にかかる費用は一般的に初回無料、または30分5000円前後になります。弁護士事務所によって、様々なので相談を行こうと思っている弁護士事務所に問い合わせをして確認することは必要です。

また事件の内容によりますが、一人で弁護士さんを頼むのか、誰かと一緒に弁護士さんを頼むのかによっても費用が変わります。。

一般的に一人で訴訟をおこすといったケースでは最低でも20万円前後の費用となってくるようです。

4.集団訴訟にできる案件なら、弁護士費用を安くできる

それではもっと安く済ませることができるものはないのかということですよね。
それには集団訴訟というものがあります。
集団訴訟は複数人で訴訟をおこすというもので、弁護士費用も一人の負担がすくなくなり数万円程度で収まるといったメリットがあります。
しかし案件にももちろんよるのは事実です。
事件により、集団訴訟ができるものであれば弁護士費用を安く抑えられるので、頭の片隅においておいても良いのではないでしょうか。

弁護士に依頼する際のルール まとめ

弁護士に依頼する際に知っておくと便利なルールを知っておくともしこれからあなたが訴訟をおこしたいという時に役に立つかも知れません。
なにかわからないことがあれば問い合わせるのが一番です。
ルールについてあまりわからないという事も相談が可能になっております。
またおおまかなルールは同じですが、各弁護士事務所や、各弁護士によって内容が変わって来るのかもしれませんのできちんと確認をとっておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です