弁護士は屁理屈で有罪を無罪にするのは本当か?

訴訟

ネットを中心に「弁護士は犯罪者を幇助している」と言う言葉も聞かれます。それは「弁護士は屁理屈で有罪を無罪にする」と言われているからです。ですが、それは本当にそうでしょうか?ではその真偽を確かめてみましょう。

1.弁護士は屁理屈で有罪を無罪にするようなことをするのか?

この件については、こちらのサイトで、とりあげられてるみたいです。まずは、こちらを読むことを推奨します。
↓↓ こちらをご確認ください ↓↓

ある意味“都市伝説”の類です。抑々本当に弁護士は屁理屈で有罪を無罪にするのでしょうか?それには刑事裁判へ行くまでの仕組みをちゃんと知っておかないといけません。

1-1.刑事裁判開始は有罪が決まってから

それにまず、日本における刑事裁判の有罪率は99.9%に上ります。すなわち刑事裁判で無罪判決が出るのはニュースになるほど珍しいことです。
それは日本の刑事事件では捜査段階で慎重な捜査が行われ、決定的証拠の有無や被告人(現時点ではまだ容疑者)の証言や自白の信用性などを慎重に調査した上で裁判を開くかどうか判断されるからです。
そして検察が確実に有罪に出来ると判断した場合にのみ起訴する事になります。つまり刑事裁判は捜査のプロの視点で有罪であると見極めた時にのみ実施される手続きであり、それゆえに有罪率が高いのです。

1-2.屁理屈は通用しない

ですから屁理屈弁護士がいかに屁理屈を並べようとも証拠や証言などを合理的かつ総合的に判断した結果、有罪である事が確定した場合判決は当然有罪であり、減刑はありません(裁判官の心象を悪くするため)。さらに屁理屈弁護士の側が“法廷侮辱罪(裁判の進行を妨げ法廷の権威を傷付けた罪)”に問われる事にもなりかねません(刑罰自体は軽いですが、弁護士としての経歴に傷がつくので下手すれば廃業に追い込まれる事にもなります)。

2.弁護士の屁理屈を見破るには、良心的な法律家の手を借りるべき

基本屁理屈をこねまわす弁護士というのは法律を“自分にとって都合が良いように解釈している”場合がほとんどです。ですから良心的かつ実績を持つ弁護士(法律家)の手を借りて論破してゆくべきです。そもそも法律というのは“社会原則の下にある”ものですから。

3.集団訴訟などの際も、企業側が屁理屈で反論してくることもありうる

当然です。場合によっては“悪魔の証明(とある事象の不在を証明する事の困難性を示す例え)”を求めてくる事もあります。弁護士の助けがないと正直押し切られてしまう場合もあります。

4.弁護士の上手な選び方は?

基準はまず依頼者が解決したい事案に強い弁護士か、そして実績は十分か、弁護士としての経験が豊富か、人柄は良さそうか、依頼者との相性は良いか、親身になって対応してくれそうか、以上に当てはまるかどうかが弁護士選びの基準になります。

4-1.弁護士探しはポータルサイトを活用しよう

“弁護士ドットコム(日本最大の弁護士、法律のポータルサイト)”の様なポータルサイト(ネットへの玄関口になるwebサイト)を利用するのが最も手っ取り早い方法です。そこで何人かの弁護士を選んで実際に相談を持ちかけてみましょう。

4-2.腹割って話しましょう

まずは事実関係を包み隠さず腹を割って話しましょう。そうでなければ弁護士の側も依頼者を信用できないからです。そして相談時間も限られていますのであらかじめ要点(事実の具体的内容、発生日時、これまでの経緯、依頼者の目的)をメモにでもまとめておくと良いです。更に必要なもの(契約書や診断書など)がある場合、面会予約の際に問い合わせてみましょう。

弁護士は屁理屈で有罪を無罪にするのか まとめ

確かに屁理屈弁護士は残念ながら存在しており、司法の質を落としている事もまた事実です。ですが対応法さえ知っておけば恐れる必要などありません。

弁護士は解任できる

もしも運悪く依頼した弁護士が屁理屈弁護士のように弁護士としての自覚と能力に欠ける場合、依頼人側の一存で弁護士を解任することが出来ます。後任には所属弁護士会の会長クラスの弁護士に委任状を出すのが最も手っ取り早い手段です(弁護士変更の手続きは必要になりますが裁判所もその辺は考慮してくれます)。さらにその弁護士が悪質だった場合、所属する弁護士会に懲戒請求を申し立てましょう。

弁護士バッジの意味を知ろう

では最後に弁護士が付けているバッジの意味を説明しましょう。バッジにあしらわれているのは“向日葵の花と天秤”がデザインされたものです。当然それにはれっきとした意味があります。向日葵の花は「自由と正義」を表し、天秤は「公平と平等」を表しています。その意味を理解できていない弁護士にわたし達の運命や人生を託す事など到底出来るわけわりません。ですから良い弁護士と悪い弁護士を見分ける目を養い、一刻も早い事案解決を目指しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です