男女トラブルでの弁護士費用また信頼できる弁護士の選び方とは

財布

男女間トラブルは離婚問題だけでなく、婚約解消問題や不倫問題など色々あります。そうして問題に関して法律の専門家である弁護士に依頼した場合、その費用はどれくらいかかるのか。特に訴訟を起こさず、相談だけの場合どれくらいかかるのか。また信頼できる弁護士を選ぶにはどうすればいいのか。

1.男女トラブルに関して弁護士費用はどれぐらいかかる?

この件については、こちらのサイトで、とりあげられてるみたいです。まずは、こちらを読むことを推奨します。
↓↓ こちらをご確認ください ↓↓

男女トラブルというのは、婚約解消に関するトラブルや離婚問題、不倫問題などさまざまあります。そうした男女のトラブルに関して弁護士に依頼した場合、費用はどれくらいでしょうか?男女のトラブルに関することだけでなく、弁護士費用というのはだいたいの相場というものはあっても、弁護士によっても違いがあります。

1-1.弁護士費用の着手金や報酬金とは?

着手金というのは成功、不成功の結果に関係なく発生する弁護士費用のことをいいます。たとえ示談や調停、訴訟などで理想の結果にならず経済的利益がほとんどないケースでも、着手金は戻ってきません。

あくまでも、交渉によってかかる費用として発生するものです。そして報酬金とは、結果によって発生した経済的利益による割合に応じた弁護士費用のことをいいます。たとえば離婚交渉の報酬金の相場は20万から30万円で、刑事事件の報酬の相場が30万から40万円となっています。

また経済的利益というのは、その事案によって得られる利益です。たとえばある事案で100万円を請求するために弁護士に依頼したとき、実際に100万円の請求に応じてくれる結果となったときに経済的利益は100万円となります。

1-2.婚約破棄に関する弁護士費用とは

不当なる婚約破棄については、損害賠償や慰謝料といったことが発生します。この場合の慰謝料の相場は30~300万程度となるケースが多いようです。しっかりと慰謝料を請求するためには、専門の法律家である弁護士に依頼することになります。婚約破棄の場合は、慰謝料の他にも結婚式場や新婚旅行のキャンセル費用など、実際にかかった費用に関しても請求することができます。

1-3.離婚問題の弁護士費用とは

離婚などの男女間の弁護士費用は、着手金が30万円、報酬金は30万プラス利益の10%といわれています。また離婚調停を弁護士に依頼した場合の弁護士費用の全国的平均額は、合計で60万円ほどだという統計もでていますから、平均的に60万円前後とみていいのかもしれません。

しかし、これは全国平均ですが、地域によっては違いがあるようです。たとえば東京都では平均77万円程度、札幌では平均50万円程度という数字がでていて地域によってもかなり差があることが分かります。

ある弁護士では訴訟をしない場合の着手金は0円で、成功報酬が慰謝料額の15%で諸経費が20万というものもありますが、それが安いのかそうでないのかを判断するのは一般の人には分かりにくいかもしれません。離婚調停の場合、相場では弁護士費用の着手金が30万円程度、報酬金額が30万円程度+利益の10%程と考えていいでしょう。

1-4.不倫問題の弁護士費用とは

たとえば不倫に関係した依頼での弁護士費用の相場は着手金が20万から30万円程度、報酬金は慰謝料の金額または慰謝料の減額額の10%から20%となっています。離婚問題や婚約破棄などで生じる慰謝料と同じように、不倫問題の慰謝料請求額によって報酬額が変わってきます。

また着手金は、請求額によって計算されますから、請求額が高ければ判決が請求額から下げられた金額になっても、着手金が下がるわけではありません。しかし、通常は着手金だけを考えて慰謝料の請求額を低めに設定することはなく、最初は高めに請求するのが普通です。とはいえ、あまりに高額の請求額に設定にすると難しい判決になることもありますから、その辺の請求額の設定も弁護士とよく相談することが必要でしょう。

2.交渉だけを依頼した場合は?

訴訟を起こさず交渉だけの依頼とは?

訴訟を起こさずに交渉だけの依頼とは、調停や訴訟をするケースとどう違うのでしょうか。交渉のみの弁護士費用と、訴訟に関係した弁護士費用とどう違ってくるのでしょうか?それは弁護士によって多少金額が違ってきますが、訴訟に関しての着手金が30万から40万円程度で、交渉のみだと20万から30万円程度といったケースが多いようです。

この数字を見ると調停や訴訟を起こした場合はやはり弁護士費用は割高となります。しかし個人で訴訟を起こすとなると、それなりの時間と手間がかかりますし、何より法的なことに詳しくないと難しいのではないでしょうか。もし交渉だけで成立しそうな案件ならば、その方が弁護士費用は安く抑えることができます。

3.頼れる弁護士の選び方や節約方法は?

頼れる弁護士の選び方とは、どんなことがあげられるのか、また弁護士費用を低く抑えるためにどんな方法があるのでしょうか?

法律相談を利用する方法

まず弁護士費用を最も安くする方法として、無料である法テラスを利用する方法があります。法テラスを利用する場合は、月額の手取りよって利用できないこともありますから、事前に調べておいた方がいいでしょう。もし利用できるのであれば、話だけでも聞いてもらうことを勧めます。

時間的にも30分と限りがあるのですが、簡潔にまとめておくことで、時間内にしっかりと話をすることができるでしょう。有料の法律相談の場合だと、30分で5,000円というのが一般的です。少し高いイメージがありますが、弁護士への着手金は最低額が10万円ですから、弁護士に依頼する前に話を聞いてもらうといった場合には法律相談を利用するのもいいでしょう。

男女トラブルに関する弁護士費用 まとめ

男女トラブルに関する弁護士費用について、また頼れる弁護士を選ぶためにはどうしたらいいのか等をみてきました。男女のトラブルといっても婚約解消や離婚問題、不倫問題や相続問題などさまざまな問題があり、交渉だけで解決するケースもあるでしょう。
しかし、調停や訴訟問題にまで発展した場合は法律の専門である弁護士に依頼するケースも多いでしょう。

その時に、弁護士費用について事前に知っておかなければならないことや知っておいた方がいいことなどがあります。男女トラブルは当人同士では、感情的になってなかなか解決できないことも多いですから、訴訟問題にならなくても弁護士に依頼して交渉してもらうことで、すんなり解決することも多いようです。また信用できる弁護士によって、その後の交渉への決め手となりますから自治体を利用したり、自分でネットを利用した情報採取を試みたりするのもいいのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です