新しい権利アイデンティティ権ってなに?弁護士の見解は?

デスク

アイデンティティ権はSNSが普及している現代において必要性が高くなってきています。

この記事では、アイデンティティ権について、そのことを弁護士がどう考えているか、そして集団訴訟の可能性はあるのか。を紹介していきます。

1.新しい権利として裁判所が認めたアイデンティティ権とは

この件については、こちらのサイトで、とりあげられてるみたいです。まずは、こちらを読むことを推奨します。
↓↓ こちらをご確認ください ↓↓

他人に成りすますことができない権利「アイデンティティ権」と言います。

例で言いますと相手がSNSを使って、自分になりすまして、その発言が本人の発言かのように他人に受け止められ、精神的苦痛を受けた場合は、アイデンティティ権の侵害となります。

気に食わない相手になりすまし、暴言をはいたり、事実とは異なることを言ったり。
拡散すればするほど、被害が増えていってしまいます。

確かにこんなことをされたらものすごい迷惑ですよね。インターネットが普及して便利になるのは良いですが、便利になった分いろいろなことが起きてしまいます。

プライバシー権とは別になります。

2.アイデンティティ権に対する弁護士の見解は

弁護士の見解はどのようになっているのでしょうか。
何人かの弁護士の見解を調べてみました。

2-1弁護士の見解1

「インターネットが普及した現代では、今後ますます主張されていくだろう!」

2-2弁護士の見解2

「どのような場合にアイデンティティ権が認められるのかがわかりづらいし、一定のラインがわからないのでアイデンティティ権の判断は慎重に行わなければならない。これらのラインをはっきりとしたものに変えていくべき」

2-3弁護士の見解3

「なりすまし行為の受任限度を超えるか超えないかで、基準をつくるのではなく、なりすまし行為があった時点でアイデンティティにするべき。そしてなりすました方に理由があるのならば主張して、立証するべきだ。」

弁護士の見解はこんな感じでした。
アイデンティティ権は、インターネットが普及したことによりこれからも必要となってくると言うことは間違いないです。

ですが、どこからアイデンティティ権が認められるのかが曖昧なので、この曖昧をはっきりとなくしたものにするべきだと思います。

まだまだ課題はあるかと思いますが、この時代に必要なものだと思っています。

3.アイデンティティ権は集団訴訟になる可能性はある?

アイデンティティ権は2016年、6月10日に認められるようになりました。
最近のことなので集団訴訟については、まだデータがありませんがこのように考えております。

そして集団訴訟になる可能性はあるのか?
なくはないですが、ほとんどありません。

なぜならばアイデンティティ権というのは、なりすましが出来ない権利です。
なりすますということは、個人が個人という形が多いでしょう被害をうけている人は個人になるので、集団訴訟はできません。

ですがこれが、「会社全体」「なんらかの組織全体」で大勢の個人になりすますことをすれば集団訴訟になる可能性はあるでしょう。

他には、「会社全体」と「会社全体」。片方の会社が、片方の会社の個人SNSなどで
なりすましたりすれば集団訴訟をすることができるかなと考えています。

今の話は少し大胆に話しましたが、簡単に言うとこんな感じです。
個人が個人に向けてという形が多くなってくるでしょう。

アイデンティティ権に対する弁護士の見解 まとめ

弁護士の見解についてまとめてみましたがいかがでしたか?

アイデンティティ県は2016年6月10日に認められて、SNSが普及した現代に必ず必要になってくると思います。ツイッターやフェイスブックは若い人だけではなく、少し年配の方も使うようになってきました。当たり前のものになりつつあります。

弁護士の見解では、
・ネットが普及してきた現代では必ず必要なものになってくる

・どこからどこまでがアイデンティティ権が認められる範囲なのかがわからないからはっきりさせてほしい

・なりすましのされた時点でアイデンティティ権を認めるべき。もしなんらかの事情があってなりすましをしたのなら立証すべき

弁護士の見解はこんな感じでした。それぞれ考えていることが違いましたね。

そして集団訴訟についてですが、事によっては集団訴訟になるかもしれませんが
ほぼほぼないでしょう!

集団でなりすましをしない限り、集団訴訟はありえないと考えています。

どういうものなのかを簡単に説明してみました。なんとなく分かっていただければ嬉しいです。ぜひ参考にしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です