手作りの物をオークションで売って小遣い稼ぎをする方法

モノを作るのが趣味って男性よりも女性に多いですよね。

編み物とか手芸とか、アクセサリーなんて作って楽しんでいる女性って結構多いです。

何かモノを作ってる時って、その作業に夢中になってしまっているから、他の嫌なこととか忘れることができるんですよね。本当にストレス解消にはもってこいだと思います。

でも、それだけじゃもったいなくないですか?

自分の手作りのものが売れるなんてことになったら、ちょっとしたお小遣い稼ぎができちゃいます。

お金が入るってことよりも、知らない誰かが自分の作ったもので幸せな気分になってくれてるなんて考えたら、もっと創作意欲が湧いてきますよね。

でも、どうやったら手作りのものを売ることができるのか?

ネットでの販売でトラブルに巻き込まれるのが怖い!

そんな人のために、手作りのモノをネットで売る方法を解説していますので参考にしてみてください!

1.手作りのものでお小遣い稼ぎはできるの?

この件については、こちらのサイトで、とりあげられてるみたいです。まずは、こちらを読むことを推奨します。
↓↓ こちらをご確認ください ↓↓

手作りのモノを売るときは、やはりネットの力を借りることになります。

近所にハンドメイドの商品を買い取って販売してくれるショップがあればそこを利用するっていう方法もありますが、都内ならいいけど地方だと難しいですよね。

それに、店舗に来店するお客さんなんて多くても数百人ってところですよね。

そのくらいの数の人の目に触れただけではなかなか商品は売れるものではありません。

ネットショップならば、その数百倍の目に触れることになるので、当然、売れる確率というものは上がってきます。

ネットショップと一言で言っても、ハンドメイド専用ショップや、フリマアプリそしてオークションといろんな方式があるので、どれが一番使いやすいか比較してみました。

1-1.ハンドメイド専用のネットショップに出品する

手作りのものならば何でも取り扱いをしてくれるのが、ハンドメイド専用のショップです。

手芸やアクセサリーはもちろんのこと、手作りの食品も取り扱っているので、現在はほとんどの手作り作品に対応しているのネットショップ。

どのサイトを見ても綺麗なページになっているので、普通のネットショップとは引けをとらないクオリティですが、ネットショップに出品しているのはプロの方も多く初心者の主婦だと、プロの方の作品に隠れてしまい全く注目されないという難点もあります。

これから本格的に手作り商品で稼いでいこうというプロ志向の方ならいいですが、時間の空いた時のお小遣い稼ぎとなるとなかなか商品が売れないということもありえますね。

1-2.フリマアプリに出品する

テレビコマーシャルでも多く見かけるフリマアプリ。

不用品を売却するだけではなく、手作り商品を出品することができます。

基本的に、商品の価格を出品側が決定するので、自分の希望金額での売却が可能ですが、初心者の場合、自分の商品の価値があまりよくわからない人が多いので、価格設定ミスで、高すぎて売れなかったり、実際の価値よりもかなり安く売ってしまうなんて失敗もあります。

フリマアプリは確かに手軽に出品できるのが魅力ですが、そういった失敗を防ぐためにある程度市場価格や、自分の商品の価値をつかんでから出品してみるのがいいかもしれません。

1-3.手作りのものをオークションで出品する

オークションの場合は、自分の商品の価値がわからなくても、価格を決定するのは出品側ではなく落札側なので、価格設定を気にすることはありません。

オークションの特徴は、自分が思っているよりも、価格が高く落札してもらえること。

商品が注目されて落札の競合になれば、価格はどんどん上がっていきます。

結果的に一番高く売れるのはオークションかもしれません。

また、オークションの落札者はハンドメイドサイトや、フリマアプリよりも安く商品を手に入れたいという考えの人が多いので、全くの初心者でも落札してもらえることが多いです。

最初のうちは落札価格は低いかもしれませんが、何度も繰り返して出品していくうちに手作りのスキルとともに、オークションでの評価があがり価格も高くなっていくのも嬉しいですね。

2.オークションで売れやすい手作り商品とは?

こんなものも売ることができるの?っていうくらいオークションへ出品している手作り商品は多いです。

どんなものでも出品できるのはオークションの魅力ではありますが、やはり売れる商品、売れにくい商品が出てきます。

売れ筋の商品ならば、出品数は多いですが、注目される可能性も非常に高いので、最初はオークションで売れやすい商品から出品してみて、オークションのシステムに慣れたり、自分の手作りスキル向上に努めるのがいい方法だと思います。

オークションでの売れ筋の商品を紹介してみましょう。

2-1.アクセサリー

アクセサリーは他の商品に比べて圧倒的に売れ行きがいい商品になります。

その理由は、材料費が安いので手軽に始めることができること。

そして、唯一無二の商品というものが重宝されるので、クオリティの高いアクセサリーであれば、かなりの価格になってくれるということが理由です。

アクセサリーは女性向けと思われるかもしれませんが、レザークラフトやシルバー系のアクセサリーのように男性からも注目される商品があるので、ハンドメイド商品として一番人気のある商品と言っても過言ではありませんね。

2-2.バッグ

手作り商品で需要が高いのは革製品のバッグではなく、布製品のトートバッグなどになります。

自分で使うという需要も高いのですが、トートバッグの場合はそれ以上に、子供が学校にもっていくための、お弁当袋や体操着入れなどとして購入する人も多く、少し裁縫ができる人ならば誰でも簡単に作れる商品のため、出品数も多く売れ行きも好調です。

オークションで出品をして評価が高くなってくると、オーダーメイドで作って欲しいという注文も入るかもしれません。

子供の名前を入れたバッグなどの作成が注文として多いので、そのレベルまで達したらさらに稼ぐことができるようになりそうですね。

2-3.スマホケース

手作りの商品を出品してみたいけれども、裁縫もしたことがないしアクセサリーもちょっと難しそうと考えている人におススメなのは、スマホケースです。スマホケースと言っても一から作るのではなく市販されているスマホケースをデコレーションするのが普通です。

アクセサリー同様、市販されているスマホケースではなく誰も持っていないもので他の人と差をつけたいと考える女性が多いので、これは若い女性に需要が高い商品になります。

落札側が若い女性なので、落札価格は決して高額ではありませんが、素材の入手が楽で安く購入できることそして、一つの作品に費やす時間が短いので大量に商品を出品することができることから、かなり稼げる商品の一つと言えるでしょう。

3.手作り商品をオークションに出品してお小遣い稼ぎする具体的な流れ

手作り商品をオークションに出品する場合は、オークションのサイトに登録する必要があります。

オークションサイトは無数存在しますが、やはりユーザーの多い二大オークションサイトのヤフオクとモバオクがおススメです。

会員登録は、モバオクの場合はサイト上で住所や氏名、年齢などの必要事項を記入した後に、オークション登録料金の300円を支払えばすぐに出品することができますが、ヤフオクの場合は、プレミア会員への登録が必要になり、一度Yahooからの郵送物を受け取って、登録住所が正確であるかどうか証明されてからようやく出品が可能になります。

通常、1週間以内には出品することができるようになるので、登録してからその間にたくさん出品できる商品を製作しておいて、登録可能になったら一気に出品するというのがいいと思います。

4.お小遣い稼ぎするのにおすすめのアプリは?

オークションアプリでおススメなのは、前述したヤフオクそしてモバオク。フリマアプリでも、やはりユーザー数が多いメルカリや楽マというのがおススメです。

やはり、売れ行きというのはどれだけ注目されるかにかかってきますから、初心者でお小遣い稼ぎを始めたいと思っている場合は、人の目につく可能性が高い大きなサイトに登録するというのがいいでしょうね。

5.手作り商品をオークションに出品してどれくらいのお小遣いになる?

どのくらいのお小遣いになるか?というのは出品数とクオリティによりますので一概には判断することはできませんが、手作り商品の売り上げだけで、旦那さんの月給以上に稼いでいる女性も珍しくありません。

当然、そのレベルに到達するためには、定期的な作成そして出品が必要なので、いきなりそこまで稼ぐのは難しいかもしれませんが・・・・

大事なのは、いくら稼げるか?ではなく、いくら稼ぎたいかということです。

自分がどのくらい稼ぎたいか設定して、その目標を目指して頑張る!そしてその目標がクリアされたら、次の目標と着実にステップアップしていく方法がいいと思います。

初心者の方の場合は最初の目標を5000円、10000円と設定している人が多いので最初はそのくらいの金額を目指してみるのはいかがでしょうか?

6.手作り商品をオークションに出品する際の注意点

オークションだけではなく、ネットショップ全体に言えることですが、一番大事なのはユーザーからの信頼になります。

ユーザーの信頼が高くなり評価が上がることで、どんどん商品の価値もあがり稼げるようになってきます。

その為、ユーザーの期待を裏切らないこと、騙さないことが原則になります。

商品のクオリティーはもちろんのこと、郵送の際の包装、そして落札されてから到着するまでの時間と気を使うことは多いです。

オークションの場合でも、フリマでの販売の場合でも、手作り商品を製作して出品したら終わりというわけではありません。

落札者の手元に届いて、評価をしてもらってようやく終了ということを頭に入れて出品することが必要ですね。

商品の紹介などに偽りがある場合はもってのほかです。

確かにその商品は少し高く売れるかもしれません。しかし、そういった行為は評価に繋がり、いずれ評価が下落して売れなくなってしまうものです。

あくまでも、ユーザーのことを第一に考えて出品するという姿勢が大事ですね。

すぐに稼ぎたいということで、まだ製作途中のものを出品して、最初に注文を取る注文販売の形をとる人も少なくありませんが、確かに注文販売は無駄がなく商売としては優れていると思います。

しかし、初心者の場合、注文に対応できないという恐れがあり、その場合は評価が最低ランクになってしまうので、そうなってしまうと次の商品を出品しても買ってもらえなくなります。

初心者の場合は、注文販売はできるだけ避けて、完成した商品を出品するという方法を取るのが無難だと思います。

また、送料についても頭にいれておく必要があります。

オークションの場合、モバオクは手数料はありませんが、ヤフオクの場合は手数料も取られてしまいます。

それに加えて相手への送料。送料負担が落札者側ならば問題ありませんが、安い商品で出品側が送料負担の場合、材料費などを加味すると赤字になってしまうなんてことにならないように。できれば送料に関しては、落札者負担の送料込み料金で出品するのがいいと思います。

手作り商品をオークションで出品してお小遣いにする方法・まとめ

自分の空いた時間にできるという利点だけではなく、自分のスキルもアップさせながらお小遣いを稼げる手作り商品の販売は、まさに一石二鳥のネットビジネスではないでしょうか?

手作りが苦手だけど、何かやってみたいと思っているひとでも、とにかくたくさんの商品が出品されているので、必ず自分でもできる手作り商品があると思いますから、一度オークションサイトを覗いてみて、どんな商品が出品されているか見てみてください。

大事なのは、あくまでも自分の興味があるもの、そして好きなものを作るということ。高く売れるからなんて理由で始めても楽しくないですし、到底長続きをすることはないでしょう。

少しづつ自分のスキルを上げながら、商品の評価が上がり価格も上がっていく、すぐには稼げないかもしれませんが、1か月、半年、一年と続けていくうちに、ビックリするほどの金額を稼げるようになりますので、とにかく頑張って続けてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です