億を稼ぎ出す、和佐 大輔 のアメブロとは?

若干17歳にして年間1億円を稼ぎ出す偉業をなしとげた和佐大輔さん。ビジネスにおける情熱は確かなものであり、ビジネスは次々に成功を収めます。そんな和佐大輔さんのことを調べてみました。

1.和佐 大輔の簡単な経歴

この件については、こちらのサイトで、とりあげられてるみたいです。まずは、こちらを読むことを推奨します。
↓↓ こちらをご確認ください ↓↓

1-1. アクシデント

13歳の時に親戚と海でバーベキューを行い、沖にあるテトラポッドから海に飛び込み、首の圧迫骨折という大きな怪我をしてしまいます。事故以降、車椅子での生活を送っています。

1-2. 17歳で1億円を稼ぐ

17歳、高校1年生の時にヤフーオークションで不要になったものを出品していました。平均にして、5万円の利益を得ていました。出品する商品は主にゲームやCDでした。オークション出品をきっかけに、安く仕入れ高値で売れる商品に目をつけ“転売”を行います。手足が不自由な和佐大輔さんは、登校拒否で学校に通っていない友人に梱包をしてもらい、梱包代をバイト料金とし支払っていました。若干17歳にして、人を雇って小さいがらも事業を行っていました。当時、20万円の売り上げをあげました。

1-3. アフィリエイトとの出会い

だが、“転売”は長くは続かないと判断し、転売で売り上げた資金をもとに、ヤフーオークションのカテゴリにある“情報”で売られている「家電製品をただで手に入れる方法」や「パチンコで勝つ方法」「競馬で勝つ方法」など怪しげな情報が売られている中、次々に購入していきます。その中にあったのが「アフィリエイト」です。

1-4. 成功への道のり

当時ブログが流行りだした時期でもあり、ブログでのアフィリエイトを始めます。そこで2、3か月で利益が5万円、10万円となり、半年の期間で実験を繰り返し30万の利益を得ます。そのノウハウを商品として販売するようになり、17歳の10月に400万の利益を得ます。誰でも分かるブログの作り方や、アクセスの増やし方などのノウハウを詰め込んだ「ブログ解体新書」を先行価格5,000円で販売します。この時の利益は100万円になり、100万円の利益を広告代に費やし2か月後のクリスマスの正規販売と同時に、3,000万の利益を生み出します。

1-5. 高校休学

ヤフーオークションを始めて1年後には、3,000万もの利益を稼ぎ出した和佐大輔さんが、ネットビジネスに将来性を感じ、高校2年生になった4月、在学中の高校に休学届を提出し、5月から本格に販売戦略を販売するビジネスを始めます。

1-6. 1億円までの道のり

当時、和佐大輔さん自身のプロフィールをあえて公表せず、活動していました。そしてスパルタ強化合宿という名の“塾”を開講し、6か月間スカプで塾生をサポートしていきます。当時では珍しい、完全返金保証を付け大きな反響がありました。6か月の受講期間で300,000万円入塾費であるにもかかわらず、200人もの入塾希望者の申し込みがありました。200人の中から50人を選出し入塾し、1500万の売り上げをあげあす。それと同時に「ブログ解体新書」をリニューアルし「新・ブログ解体新書」を発表し、僅か2か月の販売で4,500万円の売り上げをあげ、事業開始し、1年もたたず1億円の売り上げを達成しました。

2.和佐 大輔のアメブロは?

2-1. アメブロには秘話が沢山

和佐大輔さんのことを調べると、アメブロを発見しました。2014年から2015年の間、エントリーがあります。前述でご紹介した和佐大輔さんが17歳で1億円を稼ぎ出した秘話の動画や、ビジネスパートナーである原田翔太さん、長倉顕太さんとの「大人の大学」という名のセミナーの様子なども紹介されています。和佐大輔さん、原田翔太さん、長倉顕太さんが共同で立ち上げた出版会社であるイデアパブリッシング株式会社の紹介をしております。原田翔太さんらと交流を深めるにつれて、和佐大輔さんの熱量が増し交流の幅、活動の幅もより一層広がったと言われています。

2-2. 「和佐・木坂ラジオ」

最後のエントリーである2015年1月のブログでは、「和佐・木坂ラジオ」の紹介をしています。ビジネスパートナーでもある木坂健宣さんとのラジオ生配信の他、YouTubeでもその模様を現在でも頻繁に動画でアップしており、2人の面白くもためになる話が聞けるのではないでしょうか。

2-3. 1億円を稼ぎ出す和佐大輔さんの私生活

ビジネスの他には、和佐大輔さんの1日を紹介しております。1億円を稼ぎ出す、和佐大輔さんの私生活は、集中力がキーワードであり、ビジネスに費やす時間は1日に2~3時間を設け、基本的には明るい昼間は平均して10時間睡眠し、夜から朝方にかけてビジネスを行うと公言しています。

3.和佐 大輔はSNSをやっている?

和佐大輔さんは、FacebookやTwitter(アカウント名@wasadaisuke)を開設しています。Twitterではフォロワー数は1万人に達する勢いであり、その注目度が伺えます。更新頻度はまちまちではありますが、ビジネスに関する貴重な意見などが聞けるかもしれません。Facebookで和佐大輔さんご本人が「インスタグラムは登録したものの、一切使用していない」とコメントしていた通り、検索をしてもヒットしませんでした。

まとめ

和佐大輔さんについて調べてみましたが、知れば知るほど、魅力的であり、ビジネス力に長けている方だと分かりました。検索をしると“詐欺”などの文字もでてきますが、自分の商品を売りたいが為の叩き台として“叩き系サイト”に取り上げられてしまっているのが現状であり、決してそのような事実はないと考えます。そして、さらに飛躍し続ける和佐大輔さんからこれからも目が離せません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です