投資するならアルトコインがおすすめ。その理由を解説します。



「アルトコインでの投資は儲かるの?」

と疑問に思われる方。

アルトコインは、ビットコインと違い、
まだまだ成長途中のコインが数多く存在します。

そのため、取引の仕方によっては、
ビットコイン以上の利益を得られる可能性があります。

ですが、アルトコインは種類も多く、
よくわからない人もいるのではないでしょうか。

そこで、この記事では、

  • アルトコインとは
  • アルトコインに投資するやり方
  • おすすめのアルトコインは?

について紹介していきたいと思います。

アルトコインの取引の仕方はそこまで難しくなく、
すぐに投資をはじめることができます。

では、具体的に見ていきましょう。

アルトコインとは

この件については、こちらのサイトで、とりあげられてるみたいです。まずは、こちらを読むことを推奨します。
↓↓ こちらをご確認ください ↓↓

アルトコインとは、Bitcoin以外の仮想通貨全体を表す言葉です。
alternative coinの略称となっています。

アルトコインは1,000種類を超えており、
世間に認知されていないものも含めると正確な数を確認することは困難です。

コインによってはこれから大きく成長することも可能性としては十分考えられるので、
価格が数10倍になる可能性もあります。

ただし、逆に価値が0になってしまう可能性もあるため、
これから伸びるコインなのかはきちんと見極める必要があります。

アルトコインに投資するやり方

アルトコインで投資するには、どのようなやり方があるのでしょうか。

ここでは、

  • アルトコインに投資するための事前準備
  • アルトコインに投資する2つ方法

について説明していきます。

アルトコインに投資するための事前準備

アルトコインに投資するためには、まず投資できる口座を作る必要があります。

それぞれの仮想通貨交換業者で、取り扱いのできるアルトコインも異なります。

アルトコインをまだそれほど市場に出回っていないものに投資をしたい場合は

Binanceがおすすめです。

またそうではない場合は、取り扱いたい銘柄によって最適な取引所は変わります。

ですがはっきりと投資する銘柄を決めていない場合は、
Binanceで何に投資するのか見極めていくのがおすすめです。

アルトコインに投資する2つ方法

アルトコインに投資するには、大まかに

  1. ICO期のアルトコインに投資する
  2. アルトコインが市場に出回るのを待つ

の2種類の方法があります。

ICO期のアルトコインに投資する

ICOとは、新規仮想通貨公開(Initial Coin Offering)のことです。

まだ市場に出たばかりであるため、
少額の投資でも大きな利益が得られる可能性があります。

その一方で、価値が0になってしまうことも少なくありません。

ICOへの投資は、その意味でハイリスク・ハイリターンな投資方法であると言えます。

アルトコインが市場に出回るのを待つ

アルトコインの中で、取引所で取引が盛んにある仮想通貨に投資するのも、
一つの選択肢です。

ICOと比べて大幅な伸び幅はありませんが、その分リスクも少なくなります。

ですが、アルトコインは、Bitcoinと比べれば、
まだまだ伸び幅が大きいものもたくさんあります

比較的価格が下がっているときを狙い取引を行うことで、
利益を出すことが可能です。

また、長期的な利益の獲得を目指すなら、
ホールドし価値を見守るのも一つの選択肢です。

おすすめのアルトコインは?

アルトコインでおすすめのものは、

  • Ethereum
  • NEM
  • Ripple
  • MONACOIN

があります。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

イーサリアム(Ethereum)

イーサリアム(Ethereum)もはアルトコインの中でも
2018年時点でかなり力を持っているコインです。

スマートコントラクトシステムという機能が搭載されており、
契約情報などの取引情報を保存できることが大きな特徴のアルトコインです。

企業間の取引に特におすすめの仮想通貨と言えます。

ネム(NEM)

ネム(NEM)もアルトコインの中では力を持っているコインです。

PoI(プルーフ・オブ・インポータンス)という独自のマイニング方法を採用しており、
設備に投資した人ではなく、
ネムをよく使う人により報酬を手に入れやすいシステムが特徴です。

リップル(Ripple)

リップル(Ripple)は銀行間取引を迅速かつ安い手数料で取引できることが特徴の
アルトコインです。

決済のスピードは圧倒的で、Bitcoinが30分で取引完了するのに対して、
リップルは数十秒で取引完了することができます。

モナコイン

モナコインは、セグウィットという技術を初めて導入したアルトコインです。

技術力が高く、様々なサービスで通貨として実用化されています。

さらに処理速度は、ビットコインの6倍と技術的にビットコインに引けを取りません。

またコミュニティの力も強いため、今後も伸びていく通貨ではないでしょうか。

まとめ

この記事では、

  • アルトコインとは
  • アルトコインに投資するやり方
  • おすすめのアルトコインは?

について見ていきました。

アルトコインは、これからまだまだ伸びていくコインが多く
たくさんの可能性に満ちています。

これで、アルトコインに投資することで莫大な利益を手にできる可能性があることと、
その取引の仕方についてお分かりいただけたかと思います。

ぜひ、口座を開設することから初めてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です