相続放棄をする場合の弁護士費用の相場はいくらなのか?自分では出来ないの?

相続 放棄 弁護士 費用 相場

相続放棄をする場合の弁護士費用の相場が知りたい。自分でやってみることって可能なの?など相続放棄について調べてみたので簡単に説明していきます。興味がある方はぜひ最後まで読んでみてくださいね。

1.相続放棄をする場合の弁護士費用の相場は?

この件については、こちらのサイトで、とりあげられてるみたいです。まずは、こちらを読むことを推奨します。
↓↓ こちらをご確認ください ↓↓

相続放棄をする場合弁護士に頼むと相場は3万円から10万円程度です。司法書士と比べると少し割高ですが、弁護士に頼むことで得られるメリットがあります。

・分からないことが相談できる
・他の相続人と話がある場合、交渉してくれる

相続放棄に関することが初めての経験だったりすると、素人では分からないことが多いですよね。そんな時に弁護士に頼ることで、相続放棄に関することを教えてくれたり、より良い方法を導いてくれます。デメリットは費用がかかってしまうことですが、相続放棄が出来なくて借金を背負ったりすることを考えれば弁護士費用は安いのかなと思います。

2.自分で手続きをするときに気をつけることは?

「相続の開始を知った3か月以内」に、必ず家庭裁判所に行き手続きをしないといけません。

「相続は何もしてないから借金も相続はされない。」とお考えの方が多いですがそれは少し違っていて、家庭裁判所で手続きを行うことで法律的に効果を得られます。反対に家庭裁判所で手続きを行わないと、「法律的な効果がない」と言うことです。

相続放棄を自分ですることでかなり安く抑えることが出来ます。裁判所に支払う費用と必要な書類を集めるだけなので、2000円〜5000円以内に収まることが多いです。

もう一つ気をつけないといけないことがあり、「相続放棄の撤回はできない」このように決めれられています。相続放棄した後に、気持ちが変わり「相続放棄をやめよう」と思っても撤回は出来ませんので、じっくり考えてみると良いでしょう。

ですが例外もあります。誰かに騙されて相続の手続きをした場合や脅迫をされた場合「相続放棄の撤回」が可能です。

「相続の開始を知った3ヶ月以内」に時間がなくて終わらなかったり、何かの事情で3ヶ月以内に終わりそうでない場合は、期間を延長することが出来ます。

延長をするためには家庭裁判所に行き期間を伸ばしたいことを伝え、許可が下りれば無事期間を延長することができるでしょう。

3.頼れる弁護士の選び方や節約方法は?

3.1自分でインターネットを使い検索する

インターネットを使って検索し自分で調べます。口コミや実績などを見ながら参考にして、自分に合いそうな弁護士を探してみる。インターネットに書いてあることが全て正しいわけではないので信じすぎないようにしてほしいと思います。そして弁護士が見つかったら、実際に会って相談しに行ってみます。どんな弁護士なのか、頼れそうなのか、信用できそうなのかをあなたに感じてみてほしいと思います。

3.2実際に弁護士を利用したことがある方に聞く

実際に弁護士を利用してみたことがある方から話を聞き。その弁護士についていろいろ聞いてみると良いでしょう。実際に利用したことがある方なら、良いところ、悪いところを教えてくれるかと思いますので「良さそうだな」と思ったら弁護士に話を通してもらいましょう。

3.3法テラスで探してもらう

法テラスは弁護士を選ぶだけではなく、無料で相談できたり、弁護士費用が安くなったりといい事だらけなのでぜひ足を運んでみてほしいと思います。

3.4知り合いの税理士や司法書士に聞いてみる

知り合いの税理士や司法書士に頼みむことで信用、信頼できる弁護士を紹介してもらう。
税理士や司法書士の方は、紹介する弁護士は自分の名前に傷がつかないように、ちゃんとした弁護士を紹介してもらえる可能性が高いです。なので税理士、司法書士、弁護士に「頼れそうな弁護士」を探してもらいましょう。

3.5弁護士費用の節約の方法

少しでも費用を節約するにはどうしたら良いのでしょうか。

・法テラスを利用する
法テラスで「民事法律扶助業務」を行う方法です。一定の条件をクリアすることで弁護士費用を立て替えてくれたり安く抑えることが出来ますので、法テラスに行ってみましょう。収入が低い方や、生活保護の方に利用してみてほしいです。
その他には、何人かの弁護士に見積もりをだしてみましょう。弁護士一人ひとり弁護士費用が変わってきますので比較してみて決めると良いかも知れませんね。

相続放棄をする場合の弁護士費用の相場 まとめ

いかがでしたか?

・相続放棄をする場合弁護士に頼むと相場は3万円〜10万。分からないことは弁護士に聞くことが出来るので費用はかかってしまうが、自分で相続放棄するよりは楽になると思う。
・自分で相続放棄すると2000円〜5000円の間が相場
・「相続の開始を知った3ヶ月以内」に家庭裁判所で手続きをする。3ヶ月以内では足りなく期間を延長したい場合は家庭裁判所に行き許可をもらう。
・相続放棄は後から撤回することができない。だが騙された場合や脅迫された場合は例外で撤回することが出来る。
・「相続は何もしてないから借金も相続はされない」というのは間違いで家庭裁判所に行き手続きをしないと法律的な効果はない。

もし費用を出せない場合は法テラスに行ってみて相談してみることも可能ですのでじっくり考えて行動をしてほしいと思います。

そして費用はかかりますが弁護士に頼むことができ分からないことなどがあれば質問できますので知識がなかったり難しい場合は弁護士に依頼した方が確実でしょう。

簡単に説明してみましたがいかがでしたか?少し難しい内容もありましたね。

この記事が参考になれば嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です